【映画感想】アメイジング・グレイス(アレサ・フランクリン)

伝説のソウル・クイーン、歌手アレサ・フランクリンの教会ライブの模様を収録した映画「アメイジング・グレイス」を鑑賞しました。
DSC_2370.jpg

2018年8月16日、惜しくもこの世をさってしまった「ソウルの女王」 アレサ・フランクリン(1942-2018)。

1972年1月13日、14日、ロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会で 行われたライブを収録したライブ・アルバム「AMAZING GRACE」は、 300万枚以上の販売を記録し大ヒット。
史上最高のゴスペル・アルバムとして今も尚輝き続けている。
その感動的な夜が遂に映像で蘇る。

コーネル・デュプリー(ギター)、チャック・レイニー(ベース)、 バーナード・パーディー(ドラム)らに加えサザン・カリフォルニア・コミュニティ聖歌隊をバックに、 アレサが自らのルーツである”ゴスペル”を感動的に歌い上げた今や伝説となっているこのライブは、 実はドキュメンタリー映画としても撮影されていた。

撮影したのは、 映画『愛と哀しみの果て』で知られアカデミー賞を受賞しているシドニー・ポラック。
アルバム発売の翌年に公開される予定だったが、カットの始めと終わりのカチンコがなかったために 音と映像をシンクロさせることができないというトラブルに見舞われ、未完のまま頓挫することに。

しかしいま、長年の月日が経てテクノロジーの発展も後押しし、遂に映画が完成。 音楽史を塗り替えたといわれる幻のライブが、日本で初めてスクリーンに登場する!

【出典;ギャガHP アメイジング・グレイス より、抜粋引用させていただきました。】


この映画は、教会でのゴスペルライブを収録しただけなのでネタバレも何もありません。
さ・ら・に。。。。で、ある。
恐らく日本のほとんどの観客は私も含めて「神に捧げる歌」は理解できないでしょう。
日本語字幕があるので歌詞は分かりますが、文化や風習の背景が全く分からないので、この映画の舞台「教会で熱狂する人々」には、大変恐縮ながら何らの感情移入もできず、何か場違いの世界に突然放り込まれたような不思議な感覚でした。
宗教や言語、人種・環境・文化が違っても物語が動けば、人類共通で感情移入できるのが映画や音楽の素晴らしさなのでしょうけど、この作品は「教会賛美の記録映画っぽい」と見ましたので、正直、全編集中して鑑賞できるかといえば、かなりキツかったです。
ただし、アレサ先生の「太っとい声量を映画館の大音量で体験する」ことと、素晴らしいゴスペルコーラスを楽しむことは果たせました。

た・だ・し。。。。で、ある。

この映画の制作背景はある程度Googleで調べてみましたが、色々ややこしい経緯があるようです。
しかもアレサ先生ご本人は、生前この教会ライブの映画化を許可しなかったとか・・・・
ご逝去後、ご遺族の許可を得てこのたび公開になったとかどうとか・・・・・

それに、スリムちゃんには気になることが・・・・・・・

元々私自身がアレサ先生の音楽に魅力を感じたのは、1960年代の音楽を聴いていたうちに、開放感と自由溢れる爆発的な歌声が魅力の楽曲「リスペクト」に出会ったからでありました。
          

Aretha Franklin | Respect | LIVE Rockaplast 1968
【動画出典;IloveArethaFranklin より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


と・こ・ろ・が。。。です。

以下にご紹介する今回鑑賞した「教会ライブ」でのアレサは、もちろん圧倒的な声量と歌唱力で素晴らしいパフォーマンスなのですが、「演者」としては妙に大人しい感じなのです。
つまり、神の前で、牧師のアレサの父も参加し、司会も男性・・・と、何か古い男性社会の中で、「親(教会)に従う子ども」というか・・・・・
この映画では教会所属のとびっきり歌のうまい少女を演じて、いや、そう演じざるを得ない賛美セレモニーという印象を持ったのです。

・・・それが良し悪しではないのですが、言語の違う東洋の片隅の日本の洋楽ファンとしては、「限られた空間=宗教儀式」には感情移入できないのは致し方ありません。

いえ、別に外国でなくて日本国内であっても、1宗教法人を描いた記録作品が映画館で公開されても、その宗教に関係ない人は、幾ら音楽が素晴らしくても共感することはないでしょう・・・・


ま、この感想記事では、素晴らしい歌唱とコーラスと演奏の雰囲気を少しだけでも味わって頂くにとどめたいと存じます。
公式サイトからの映像をリンクしましたので、お楽しみいただき、興味を持たれた方は映画館に足を運ばれてはい・か・が。。。。で、ありましょうや。
Amazing Grace | 10 Minute Preview | Film Clip 
【動画出典; Universal Pictures All-Access より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】

映画オープニングの映像です。
冒頭は、ドリフで言えば「いかりや長介」的立場で司会を取り仕切る男性牧師の素晴らしい歌唱とゴスペルコーラスに導かれてアレサ先生が入場します。
【公式】『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』
“ソウルの女王”幻のコンサートフィルムが、ついに日本公開!
本編特別映像「高き山に登らん」/5月28日(金)公開
【動画出典;ギャガ公式チャンネル より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


「主よ、私は家に帰るために険しい高き山に登る」・・・・
この映像の1分40秒あたりから、突然立ち上がってノリノリで手拍子しながらダンシングする若き日のローリング・ストーンズのミック・ジャガーが登場しています。
(隣に座っているのはドラマーのチャーリーワッツっぽいです。)
アレサもミックも当時30歳前後で若いですね。
そう言えば、この映画の撮影が1972年1月ということですが、この年にストーンズは超&超&超名作の2枚組アルバムExile On Main Street (邦題「メインストリートのならず者」)を発表しています。


All Down The Line
【動画出典;The Rolling Stones より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】



ところで、この「メインストリートのならず者」の中に「Loving Cup」という曲があります。

The Rolling Stones - Loving Cup | Montreux (1972)
【動画出典;Beat-Club より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】

その曲の出だしは「I'm the man on the mountain, come on up.」つまり「俺は山に住む男、登って来いよ」という歌詞でございます。
教会ライブで観客として参加しているミック・ジャガー・・・・。
アレサの「高き山に登る」の熱唱に感動に打ち震えて興奮し、まるで「俺は山で待ってるぜ」と言わんばかりに大きな手拍子で呼応し踊りまくっているかのようにみえました。
Satisfaction
【動画出典;Aretha Franklin より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】

ローリングストーンズの「サティスファクション」を歌うアレサ先生。
Let It Be
【動画出典;Aretha Franklin より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】

ビートルズの名曲「レット・イット・ビー」をゴスペルソングとして熱唱するアレサ。
曲を作ったポール・マッカートニーは、ビートルズとして発表する前に、何とアレサにこの曲のテープを送っていたそうです。
The Blues Brothers |
Aretha Franklin Sings "Think" in 4K HDR
【動画出典;Universal Pictures より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】

こちらはミュージカルコメディ映画「ブルース・ブラザーズ」から。
この映画、1回見ただけで良く覚えていないですが、何かハチャメチャなストーリー展開でしたね。
RESPECT | Official Teaser Trailer
【動画出典;MGM より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


こちらはアレサ先生の伝記映画「リスペクト」の予告編です。
リスペクトは伝説のソウルシンガー、オーティス・レディング(男性歌手)のオリジナル曲ですが、アレサ先生がカバーしたナンバーでは女性主体の内容となっており、公民権運動やフェミニスト運動におけるアンセムとして取り入れられたそうです。
たぶんクイーンの伝記映画と同じくドラマティックなストーリーが楽しめそうですので、この伝記映画が日本で公開されるならば、見に行きたいと思っています。
そうすれば、今回鑑賞した「アメイジング・グレイス」の制作背景、アレサ先生の人生の経緯が少しは分かるのではないかと思います。



DSC_2385.jpg

DSC_2388.jpg
映画は、東急ハンズビルの中にある映画館「夢売劇場;サロンシネマ1・2」で鑑賞しました。
ご覧のとおり、入口の大看板には映画の1シーンらしきイラストが描かれています。

東京物語.jpg
正面のイラストはすぐに小津安二郎監督の「東京物語(1953)」の老夫婦とすぐに分かったのですが、あとの3つが分からなかったので、家に帰ってググってみました。

正解は「ジョーズ」「タクシードライバー」「アメリ」でした。
「アメリ」という映画は知りませんでしたが、あとの2つは「ああ、そう言われてみれば、そうですね」と思いました。


「ジョーズ」は「漁師、警察署長、海洋学者の3人の男」ですよね、これはなかなか気が付きませんよw
Jaws-3人の男2.jpg

Jaws-3人の男.jpg



『東京物語 ニューデジタルリマスター』予告編
【動画出典;松竹チャンネル/SHOCHIKUchより、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】

尾道の老夫婦が東京で暮らす子供らを訪ねるお話。
私にとってこの映画、何が面白いのか良く分からないのですが、なぜか定期的に見たくなる不思議な作品でございます。
20代の頃初めて見たときは「子供ら」の視線で感情移入していましたが、この映画館の看板をきっかけに、久しぶりに見たくなって、このたびYoutubeで全編見たのですが、何と、既に完全に「老夫婦」の視線と立場でこの映画に入り込んでいる自分自身に愕然としました。
特に母親が亡くなった後、杉村春子さん演じる気の強い長女が長兄に「どっちかって言うとお父さんが先のほうが良かったわねぇ。これで京子(末娘)でも嫁に行ったらお父さん1人で厄介よ。お母さんだったら東京来てもらってもどうにでももなるけど」のシーンでは、思わず唸ってしまいましたwww
なおこの映画は、10年に一度選出される英国映画協会の「世界の映画監督が選ぶベスト作品」で、2012年度に第1位となっています。

Jaws | Final Face-Off With the Shark in 4K Ultra HD
【動画出典;Universal Picturesより、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


ジョーズ』(原題:Jaws)は、スティーヴン・スピルバーグ監督による1975年のアメリカ映画。
私は中学1年生の冬休みに友達4~5人で見に行きました。
貼り付けた映像は映画のクライマックスシーンでネタバレですが、ま、この映画はあまりにも有名過ぎるし、当の映画会社が公開している動画なのでノープロブレムでございましょう。
この映画は始めからラストまで全く飽きが来ない映画史上でも超名作なので、また見てみたいですね。


"【映画感想】アメイジング・グレイス(アレサ・フランクリン)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: