★8/13(木)☆ブナピー嵩増し真夏のカレーピラフ★常夏コロナツ2020☆彡  

8月13日(木)食事を全公開

朝食
0813 (1).jpg
●漬け大葉の温玉乗せもち麦ご飯
(大葉は「みりん、砂糖、しょう油、胡麻油、七味、いりごま」で漬けています。)
●さつま芋のヨーグルトサラダ(withプチトマト)
●味噌玉で作ったみそ汁(ミニ厚揚げ、チンゲン菜)

関連記事



昼食
0813 (2).jpg
●冷やし明太子うどん(しらたきで嵩増し)
●たことブロッコリーのバジルサラダ
●BIGポークフランク(画像撮り忘れ)


0813 (5).jpg
「うどん」と「しらたき」というモチモチプニプニ楽しい食感を、辛子明太子が違和感なくしっかり繋いでくれる、さっぱりピリ辛とした真夏にぴったりの美味しさです。
糖質の多いうどんをしらたきで嵩増ししていますので、低カロリーで食物繊維もしっかり確保しております。
米や麺類を食物繊維豊富な食材で嵩増したレシピをご紹介しておられる柳澤英子先生の特集記事につきましては、ぜひ、以下をご参照してみてチョ。




0813 (3).jpg
画像は、セブンイレブンの「たことブロッコリーのバジルサラダ」
実は今この商品にハマってしまい、コンビニに行ったときは必ず購入しております。
野菜の栄養大将「ブロッコリー」とビタミン亜鉛豊富な「タコ」をメインスターに配置しつつも、枝豆&じゃがいもも入っていて、なかなか賑やかなメニューです。
行ったこともないが「地中海」風イタリアンスパイスのバジルと塩味が効いているので、真夏の食欲が減退しているときも、食べやすいものと思われます。
タレやドレッシングはなくて、既に味付けされていますが、コンビニ食としては珍しく「薄味」
物足りない人もいるかもしれませんが、私にとっては「薄味」のほうが嬉しいし、食材それぞれの持ち味も楽しめるというもので、ご・ざ・い・ま・ショウ!



夕食
0813 (6).jpg
●とろろめかぶ
●ぬか漬け(キュウリ、大根)
●おから入り冷奴with薬味たれ、海人の藻塩、関根の胡麻油
●プチトマト
●ブナピー嵩増し真夏のカレーピラフ

ゴーヤ、紫玉ねぎ、鶏ひき肉、大豆を具材として、もち麦ご飯に「ブナピー」を嵩増しした、食欲進む真夏のカレーピラフでございます。
野菜やたんぱく質、キノコ、穀物が一堂に会した、スリムちゃんキッチンスタジアム「真夏の饗宴」となった一皿でございましょう!
なおブナピーとは、ブナシメジを品種改良したホクト株式会社さんオリジナルのホワイトブナシメジです。

きのこの食物繊維が血糖値の上昇を緩やかに

糖尿病の発症には血糖値の乱高下が関係していますが、実は、この血糖値をコントロールする力を持っているのがきのこ。
特にブナピー とブナシメジには血糖値を下げる働きがあるインスリン分泌を促進する作用があるため、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるのです。
さらに、きのこに含まれる豊富な食物繊維が糖質の吸収を穏やかにしてくれるため、血糖値の急激な上昇を相乗効果で抑えることができます。
また、旨味や香りが強いきのこは、塩分が少なくても物足りなさを感じさせないため、減塩が必要な糖尿病の治療食としても効果的です。
きのこには糖質や脂質の代謝を促進してくれるビタミンB群が豊富なので、脂肪の蓄積を抑制してくれる効果も期待できます。

【出典;ホクト株式会社「きのこらぼ」糖尿病予防に より、抜粋して引用させていただきました。】


さあ!
スリムちゃんブログを/がっつり/しっかり/すっかり/みっちり/きっちり/ばっちり/ちゃっかり/お読みになって、栄養豊富な食材を嵩増しコラボすることにより、安心してモリモリ「ご飯、麺類」をしっかり召し上がってι(´Д`υ)アツィー暑い猛暑と、しつこいコロナツを乗り越えていきましょうワイネ!

レシピはコチラだ!
  ↓


睡眠・・・8時間(昼寝;3時間)
活動・・・内外の雑務
運動・・・なし
     スマホ歩数計  2,458歩
     (消費カロリー92kcal、歩行距離1.7km、平均歩行速度5.0km)
晩酌・・・なし

【スリム鳴造、本日の体重・・・67.4kg】

"★8/13(木)☆ブナピー嵩増し真夏のカレーピラフ★常夏コロナツ2020☆彡  "へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: