★スリムちゃん遠征珍道中【第10話】溶けぬなら/溶けるの待とう/バニラ味

ストーンズ展見学や筋肉食堂でのランチなど、ロッケンロール&ヘルシーグルメを楽しませて頂いた今回の東京珍道中。
3泊4日の行程を終えて、東京駅から新幹線のぞみにて帰路に付きます。

(2019.04)tokyo story  (68).jpg
ウロウロとお土産を買ったりキョロキョロとおのぼりさんになったりで、いつ来ても未だ全貌が分からない巨大な東京駅駅舎内や周辺をひやかしてみました。

(2019.04)tokyo story  (63).jpg
日本郵政さんの商業施設「KITTE丸の内ビル」
東京駅が一望にできるというの6階屋上庭園ですが、残念ながら管理上の都合とかで一般開放が中止となっていました。
画像は、建物内部の吹き抜けを撮影したものです。

(2019.04)tokyo story  (69).jpg
復原された「JR東京駅丸の内駅舎の八角形ドーム天井」です。

東京駅丸の内駅舎保存・復原 3 保存・復原への道のり1  
(動画出典;TokyoStationCity 公式 チャンネルより埋込みコードにより引用させて頂きました。)

東京駅の歴史や案内につきましては、上記の「TokyoStationCity公式サイト」をぜひご参照ください。

新幹線のぞみ「N700A、博多行」に無事乗り込みました。
東京~広島間では日中の所要時間は約3時間50分から4時間弱。
最速ダイヤでの停車駅は「品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪、新神戸、岡山、」となっています。
(あと、のぞみのダイヤでは姫路または福山のどちらかに停車するパターンもあります。)
各駅間の所要時間は、「新横浜~名古屋間」の駅間が最も長くて約1時間20分。
その他の駅間は、約15分~約40分の間隔であり、各駅間がけっこう短く感じられます。
section_nozomi_700.jpg
(画像出典;JRお出かけネットHPより引用させて頂きました)

そして、「新横浜~名古屋」の長い駅間で、ゆっくりまったり味わう車内販売スイーツがコチラだ!!!

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

新幹線限定
ハイクオリティ
アイスクリーム
tokyo walking (7).jpg

引用マーク始め1.png【東海道新幹線 トリビア〈3〉 新幹線のアイスはなぜ固い?】
新幹線車内などで販売されている「スジャータ スーパープレミアムアイス」は、長年お客様にご好評をいただいている定番商品ですが、あることでも有名です。
それは、購入直後だとスプーンを入れられないほど「固い」ことです。
なぜこんなに「固い」のでしょうか?製造元の「スジャータめいらくグループ」さんに固さの秘密を聞いてみました。
①「高脂肪であること」
一般的に乳脂肪分が8%以上あるものを「アイスクリーム」と呼びますが、この「スジャータ スーパープレミアムアイス」は、乳脂肪分が15.5%と特に濃厚な作りになっています。
②「空気含有量が低いこと」
濃厚な味わいと滑らかな舌触りを演出するため、アイスの空気含有量を大幅に低くし、アイスの密度を高めています。
つまり、「固さ」の秘密は、乳脂肪分が高く空気含有量が低い、言い換えれば“濃厚さ”と“濃密さ”にあったのです。このアイスは、新幹線というステータスに合う、美味しくて溶けにくく、高級感あるものを目指して開発されました。
(出典;東海道新幹線facebook、2014年4月10日掲載記事より引用いたしました。)引用マーク終わり.png

tokyo walking (8).jpg
このアイスは今回の珍道中ツアーにおいて、行きも帰りも新幹線で買い求めました。
東京へ向かう行きでは名古屋過ぎて新横浜へ向かう車内販売で・・・
広島へ向かう帰りでは新横浜から名古屋へ向かう車内販売で・・・
このアイスクリームの最大の特徴は、引用記事にもありますように、何と言っても「カチカチに硬く、すぐには食べられない」という事です。
プラスティック製のスプーンが使えるまでの少し柔らかくなるまででも5分はかかります。
溶けて柔らかくなるまでの時間、このアイスクリームをもう少し詳しく見ていきましょう。

(2019.04)tokyo story  (17).jpg
栄養成分表示を拝見しますと種別は、当然、堂々の「アイスクリーム」でした。
いわゆるアイスクリームとして名が付く商品は、厚生労働省が定める主に成分量の違いによって大きく分けて以下の3種類があります。
①「アイスクリーム」・・・乳固形分15.0%以上 (うち乳脂肪が8.0%以上) 
②「アイスミルク」・・・・乳固形分10.0%以上 (うち乳脂肪が3.0%以上) 
③「ラクトアイス」・・・・乳固形分3.0%以上

【アイスクリーム】乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれているので、風味がよく栄養的にも優れています。

【アイスミルク】乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないですが、牛乳と同じくらいの栄養を含みます。植物性脂肪が配合されていることもあります。

【ラクトアイス】乳固形分はさらに少なく、植物性脂肪が多く使われています。

 (出典;財団法人 日本乳業協会さんHPより抜粋して引用させて頂きました。)

3種類のアイスの違いについては、別途特集させて頂きたく存じますが、やはり「濃厚なバニラ」を味わいたいなら、乳成分そのものの割合が高い「アイスクリーム」ということになるでしょう。
もちろん3種類の中で値段も一番高いですが、栄養価も高く、余分な添加物が少ないので3種類のアイスの中ではカロリーも少なくヘルシーな食品であるとも言えましょう。


チョコやバニラのアイスが大好きな私「スリム鳴造」
表面が少し溶けるのを待つ事10分弱、ようやくスプーンをカチカチのアイスに差し込むことができました!

tokyo walking (12).jpg
一足先に溶けて液体化した「カップ回り」のアイスと、未だカチカチの中心付近のアイスをスプーンですくって、口に入れる。
最初に、溶けた箇所の美味さを即座に吸収しながら、次には硬い箇所のアイスを口内で溶かしながら味わう。
ホンモノの濃厚なバニラがお口いっぱいに広がって、やがて高揚感と多幸感が体内を駆け巡るぅ!!!
「ん~、この美味さ。たまらんわ!!!」
値段は290円と、はっきり言ってこのサイズのアイスクリームとしては高いかもしれない。
しかし、新幹線車中で頂く場合には、不思議と高いと思ったことはない。
恐らく溶けるのを待って食べ終わるまで、長い時間アイスクリームを楽しめるのも満足感に繋がっているのではないでしょうか?

東京へ向かう行きの新幹線では、ひとりの場合は私はたいてい「E席」を指定します。
E席とは、東海道山陽新幹線の場合、山側(北側)の窓側にあり、姫路止まりの新幹線では姫路城を見るのを楽しみにしていますし、そして晴れているならば、「アイスクリームを食いながら富士山を眺める」事も楽しみとしています。
ただし今回は、買うタイミングが遅かったのか、硬いアイスクリームを食べ終わって気が付いたら富士山を見るのを忘れておりました。
syanai_nozomi_n700_1.jpg
(画像出典;JRお出かけネットHPより引用させて頂きました)

さて、今回の「帰り」は2人でしたので当然チョイスする指定席は2人掛けの「D、E席」となりますよね。
では、ひとりで「東海道山陽区間の新幹線のぞみ」に乗る場合、どの席をチョイスするのが一番快適な移動ができるのでしょうか?
「旅は道ずれ世は情け」という赤の他人と長い時間を狭い電車内で過ごすためのコミュニケーションも発生するかもしれない昔の時代とは違い、短時間の高速移動のため多くの人にとっては、なるべく他者とは干渉せずにお互い過ごせることが、快適な移動の定義になりましょう。
私はいつも2人掛けの「E席」を選んでいました。
窓際の車窓が楽しめるし、2人組(話し声)が来ないので静かだし、そして窓側のみに設置されているコンセントが利用できるからです。
(2020年から営業開始予定のN700Sには、全席にコンセントが付く仕様だそうです。)
しかし、私の家内は、ひとりで新幹線に乗るときは「C席」をチョイスするそうです。
「C席」とは、海側(南側)の3人掛けの一番通路側となります。

●デッキやトイレに行くときに遠慮が要らない
●隣(真ん中のB席)に人が座る可能性が低い
●乗車直前に隣が空いているC席を買うと隣に来ない確率が高い
●事件発生時に逃げやすいから
・・・・などが、その理由のようです。

あと他の方の「各車両の隅っこの列の席は足元が広いので、隣に肥満した大柄な男性が来る可能性が高い」という意見もありましたが、この説の信ぴょう性はどうなんでしょうか?w

なお、東海道山陽間の「のぞみ乗車」で「なるべく隣に人が座らないことを快適」と定義するならば「C席」をチョイスすることをおススメしているのが、鉄道系Youtubeの大人気チャンネル「スーツ交通」のスーツさんです。

3人掛けのC席を先に買っておくと、窓側から発券されるJRの自動切符発売システムの都合や、席が埋まった状況で買う人間の心理などで、隣のB席に人が座る可能性が低くなる場合が多いそうです。
(スーツ交通さんは1000本以上の鉄道乗車の動画をUPされていますので、ご興味ある方はご視聴されてみては如何かな?)

カンパーイっ!!!
tokyo walking (14).jpg
広島駅ビル内の某お好み焼屋さんで、晩酌 兼 夕食です。
ねぎ乗せチーズ入りの「豚玉そば入り」の広島焼や鉄板焼きとビールでの「遠征珍道中反省会」です。

珍道中は無事終わりましたが「スリム&ヘルシーを食いまくる旅」は今後も続きます。

次はあなたの街の「ヘルシーレシピ」を食いまくるかもしれません!

★スリムちゃん遠征珍道中
【2019春、東京編】

    【完】

【2019春】遠征珍道中【東京編】シリーズは
コチラだ!!!!!
  広島の珍味・名産を帯同して東京駅に降り立った「スリム鳴造」の珍道中が始まる。
  追悼、内田裕也さん。ロッケンロール伝道者の生前最後のイベント告知とは?
  「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」の会場レポートです。
  サービスドリンクがいきなりプロテインという「筋肉食堂」グルメレポです。
  サイドメニューまで、たんぱく質満載という「筋肉食堂」の看板に偽りなしっス。
  前回に続いて「筋肉食堂」のムキムキグルメのレポート。「メインメニュー編」です。
  陰気な糖質制限ダイエットはさようなら。令和女子は「マッスルダイエット」だ!! 
  井の頭公園内の湧き水「お茶の水」を見て、炭水化物の重要性に改めて気付くブログ主。
  穀物や手作りのおかずをしっかり出してくれる、スリム&ヘルシーなお店はコチラだ!
【第10話】溶けぬなら/溶けるの待とう/バニラ味
  ん?スリムちゃんが、新幹線でゆっくりまったり味わう車内販売スイーツとは?!

"★スリムちゃん遠征珍道中【第10話】溶けぬなら/溶けるの待とう/バニラ味"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: