防災2024①雨の強さと降り方、線状降水帯とは

令和6年6月22日。
報道によりますと、気象庁は中国地方と北陸地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。
ブログ主が住む中国地方では平年より16日遅く、昨年より24日も遅い梅雨入りとなるそうです。
また、2019年(6月26日ごろ)、1968年(6月24日ごろ)に次いで過去3番目に遅い梅雨入りとなるそうです。
梅雨や雨の日の子供の服装イラスト.png
毎年梅雨入り後10月頃までの数か月間は、大雨や台風による災害に備える時期でございます。
また、梅雨の期間は、気圧や気温の変化により体調不良が起こりやすいものでしょう。
大雨などの災害に備え、そして体調を良好に保つよう整えていきたいですね。

🔲雨の強さと降り方
【防災】映像で見る雨の強さと降り方
「強い雨」「激しい雨」「非常に激しい雨」「猛烈な雨」
【動画出典;NBC長崎放送(2024/06/19)より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】
雨の強さと降り方(気象庁).gif
「雨で声が聞こえない…」
梅雨を前に児童が“災害級の大雨”体験 
備えの大切さ学ぶ【新潟】 (24/06/13 18:37)
【動画出典;新潟ニュース NST -NIIGATA NEWS NST-(2024/06/13)より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】

🔲線状降水帯とは
【線状降水帯とは】線状降水帯のメカニズムと特徴【解説】
【動画出典;デザチューブ 朝日新聞社より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】
3分でわかる 積乱雲、線状降水帯発生の仕組み
【動画出典;Yahoo!映像トピックス公式チャンネルより、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】
気象庁は線状降水帯による大雨を半日程度前から呼びかけているが、5月27日から新たに「府県単位ごと」に呼びかける運用を始めた。
線状降水帯による大雨で近年大きな被害が発生していることから、気象庁は2022年6月にその発生可能性を半日程度前から「地方予報区」単位で呼びかけてきた。
昨23年5月25日にはそれまでより最大で30分程度前倒して情報を発表するなど、予測精度の向上と改善を図ってきた。
今回は、全国11ブロックの広域を対象としていたこれまでの地方予報区単位から「府県予報区」単位にきめ細かく発表。
例えば、「東海地方」と発表されていたものが「静岡県」や「愛知県」となり、より具体的にエリアが示される。
対象地域の住民の心構えを高め、早めの避難行動などにつなげてもらう。
線状降水帯、対象地域を絞り込んで発表.jpg
【出典; 民放online  気象庁 線状降水帯による大雨の呼びかけを府県単位で開始(2024/05/29)より、抜粋引用させていただきました。】
線状降水帯の発表が県単位に!【防災プロジェクト】
【動画出典;広テレ!NEWS より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


本年2024年も「災害シーズン期間中の最新の防災お役立ち情報」を読者の皆さんと共有化できますよう、記事作成してまいります。
記事作成にあたりましては、できるだけ1次情報(関係各省など国の機関および全国各自治体の注意喚起資料)を中心にググってまとめています。
どうぞよろしくお願いいたします。



防災2024
【風水害・猛暑・地震・コロナ・原発・戦争・飢饉】

①雨の強さと降り方、線状降水帯とは
  ↓

この記事へのコメント