【記事・動画】ヘルシー系ニュース感想記【2024】⑤歯と口の健康週間【6月4日(火)~10日(月)】

毎年6月4日から10日までは「歯と口の健康週間」です。
昭和3年(1928年)に始まった「虫歯予防デー」、昭和33年(1958年)から実施されていた「歯の衛生週間」が、平成25年(2013年)に改称されて現在の名称となりました。
厚生労働省では、歯と口の健康に関する正しい知識の普及、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図るため、特設サイトを開設し、様々な情報を発信しています。
【出典;政府広報オンライン 歯と口の健康週間  より、抜粋引用させていただきました。】
歯と口の健康週間(令和6年6月4日~10日).jpg
「歯を見せて 笑える今を 未来にも」
歯と口の健康週間【6月4日(火)~10日(月)】の、令和6年度の標語でございますね。

●8020運動(80歳時に20本の歯を保つ)
●一生自分の歯で食べよう
●歯みがきで心と体を健やかに

・・・というわけで、今回は「歯と口の健康週間」にちなんだニュースを取り上げてみたいと存じます。
【読み解く】歯と口の健康週間!
全身の病と関連している歯周病…対策は?
【動画出典;日本海テレビニュース  (2024年6月4日放送、ニュースevery日本海)より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】
   ↑
≪動画のポイント≫
むし歯は、歯の表面に付着した細菌が作り出した酸が、歯の表面を破壊する。
●歯周病は、歯と歯ぐきの間に付着・増殖したプラークが、歯を支える組織を破壊する。
●むし歯ではない無傷な歯でも歯周病が進行してぐらついて抜け落ちる…ということもある
● ここ数十年で多くの研究が進み、歯周病は、さまざまな病気との関連が指摘されている。
●認知症・糖尿病・肥満・心筋梗塞 ・動脈硬化症・関節性リウマチ ・誤嚥(ごえん)性肺炎など
口腔内細菌や、それが作る炎症性物質が血液内に侵入し、血管やさまざまな臓器、身体の機能に悪影響を及ぼすと考えられている
●セルフケアとしては正しい歯磨き。歯ブラシが届きにくい場所は、デンタルフロスや歯間ブラシを使うことがおすすめ。
●規則正しい生活やバランスの取れた食事も大切。喫煙や過度な飲酒は控えましょう
●プロフェッショナルケアとして、かかりつけの歯科医院を作って、定期的に受診しましょう
●病気を予防するという意識を持って、痛みがなくても受診する習慣をつけるが一番良い
●歯と口の健康週間をきっかけにぜひご自身の口の中と向き合ってみてください
【歯周病】気づかず進行…体内に影響も!?
歯科医が進める治療と予防策は『every.特集』
【動画出典; 日テレNEWS (2023年11月10日放送 news every.)より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】
   ↑
≪動画のポイント≫
コロナ禍で歯科にかかるのを控えた結果、気づかぬうちに歯周病が進行している人が増えている。
●虫歯が減ってきたことで歯科医院に通わなくなった方が結構多く、歯周病で歯を失ってしまう。
●中年期高齢期は虫歯の予防も大切だが歯周病の予防にシフトしていかなければいけない。
●歯科医院で自分では取れない歯茎の中などの歯石をとりのぞくこと。 歯周病を意識して歯を磨くことが重要。
●乳酸菌のロイテリ菌(タブレット)を歯磨きとか終わった後になめる。 虫歯菌とか歯周病菌の働きを抑えて菌を減らす
●歯周病は脳梗塞、心筋梗塞とか糖尿病にもなりやすい。全身の疾患の引き金になっている。
 歯周病菌が歯茎に炎症を起こし、毒素が血糖値を安定させるインスリンの働きを邪魔して、より糖尿病を悪化させることが多くの研究でわかってきた。
●糖尿病の悪化により免疫力が低下し歯周病も悪化しやすくなるという。
●キノコ類とか食物繊維の多いサツマイモなどなるべく30回かめるようなメニューを選び、よく噛んで唾液を多く出すと食べかすが口に残りにくく歯はきれいに保たれる。
●よく噛んでゆっくり食べると糖質の吸収がおだやかになり血糖値が上がりにくくなることで 糖尿病の予防にもつながる。
● 自分で行うセルフケアとともに歯石を取ることも欠かせないので、定期的に歯科検診を受けてほしい
福岡市出身なかやまきんに君が歯と口の健康呼びかけ
【動画出典; 福岡・佐賀 KBC NEWS (2024年6月4日放送 )より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】
   ↑
「歯と口の健康週間」に合わせて我らがなかやまきんに君先生が、地元福岡市の動画サイトにて口腔ケアの大切さを呼びかけました。
世界初「歯周病」の治療器販売へ 
東北大発のベンチャー企業が約17年かけ開発(2024年6月4日)
【動画出典; ANNnewsCH より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】
   ↑
≪動画のポイント≫
東北大学発のベンチャー企業が歯の周りに炎症を起こす「歯周病」の治療器を約17年かけて開発し、世界に先駆けて販売する。
●この治療器は去年、世界で初めて歯周病の医療機器として日本で承認された。  
●超音波で振動させながらレーザーを照射することで歯周病の原因である細菌を死滅させる仕組み。  
●患者は歯の周囲を切ったり縫わずに治療できるため、痛みも少ないということだ。  
●また、再発を防止するために患者の行動を促すアプリがこの治療器とセットになっている。  
●歯周病の菌は血液によって全身に運ばれ、心血管疾患や糖尿病など様々な病気の原因ともなっている。
●厚生労働省によると、日本国内の重度の歯周病患者は約1100万人に上るという。
むし歯リスクが高い場所は?.jpg
【画像出典;スリム鳴造購買 中国新聞(2024年6月4日)より転載】
デンタルフロス・歯間ブラシの正しい使い方
【コメリHowtoなび】
【動画出典; コメリ公式チャンネル より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


【スリムちゃんミニコラム;奥歯喪失のピンチ??】
わたくし事ですが、数か月前、糸ようじを使っていたら奥歯の被せ物が「ゴロゴロっ」という嫌な感触ともに、取れてしまいました。
それはかなり大きな被せ物であり、見ると白い塊もくっついていて、どうやら歯の一部も一緒に取れたようです。
私は歯並びが悪く、とりわけ奥歯は、歯間ブラシや糸ようじが通りにくいのです。
歯間にブラシを入れたら抜けなくなってしまい、力を入れてゴシゴシしていたら取れてしまったのでした。

スリムちゃん「ええーーっ??奥歯が大きなクレーター状の穴になっているぞ!満足に噛めないぞ!」
その刹那、ヘタレで小心者の私の「危険センサー」が発動しました。
「こ、これは本当にヤバい事態では?緊急で対処しないと、残りの人生が台無しになるぞ。」と。
奥歯が使えないという事態に遭遇し食事もままならず、かかりつけの歯医者さんに緊急連絡し、無理をお願いして翌日に診て頂ける事になりました。
死んだ歯のキャラクター.png
スリムちゃん「ブリッジか入れ歯か。どの道、QOL(生活の質)が大幅に下がることは必定だな、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」
奥歯をなくすと・・・・
・他の歯を失うなど口全体へ悪影響が及ぶ
・糖尿病や脳卒中など疾病リスクが増える
・咀嚼能力が著しく低下し認知症になりやすい
などと、巷のネット情報に溢れていますし、実際に知り合いの人で、奥歯をなくすとドミノ倒しのように次々と歯を失った方もいらっしゃいます。
スリムちゃん「((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」
奥歯を失った後の生活の質の低下を想像し、恐怖におののきながら歯医者さんに現れた私。
医師から告げられるのは、ブリッジか、抜歯後入れ歯か、果たして・・・・・・・
と・こ・ろ・が。。。。。だ!
歯医者さん「くっつけましょう。」
何と、外れた「被せ物及び歯」を接着剤でくっつけていただき、治療は終わりました。
スリムちゃん「ありがとうございます。いやぁ~もう、ブリッジか入れ歯かと思っていたのですが・・・」
歯医者さん「外れてすぐだったから状態が良かったです。戻せるなら戻した方が良いし、できるだけ歯は抜かずに残した方が良いですしね」
・・・・というわけで、幸いにして奥歯を失うことなく、また快適な「食いまくり人生」にカンバックできることになりました。
私が通う歯医者さんは優しくて、できるだけ歯を残そうとされる治療をされておられます。
この歯医者さんで本当に良かった、ラッキーだったんだと、還暦を過ぎてようやくありがたみに気が付く私。
今後は2~3か月に一度、歯が痛くなくても、被せ物が外れていなくても、クリーニングと歯ブラシ指導などを兼ねて歯の状態を診て頂くことにしました。
歯と口の健康週間を契機に、口腔ケアの学びや定期的な歯科通院などを通じてお口の健康を保てるようにしていきたいですね、で、ございましょう。
歯ブラシと綺麗な歯のイラスト.png

この記事へのコメント