メタボ予備軍からの脱却【7】2022年11月末の目標「65㎏台」

私は、本年2022年3月の特定健康診査の結果に基づき【特定保健指導「動機付け支援」】の対象者と認定されました。
健康診断、2022年3月 (17).JPG
厚生労働省HPによると特定保健指導において。。。
        ↓
●メタボリックシンドロームの人には「積極的支援」
●その予備群には「動機づけ支援」
●それ以外の受診者には「情報提供」
         ↑
・・・・が行われる、としています。
ま、男性の場合、身長の違いに関わらず「腹囲85cm以上」になると一律に「メタボ予備軍(メタボリックシンドロームの一歩手前」と判定されるみたいなので、どんな科学的な根拠あるのかと怪しい気もします。
が、しかし、体重増量(2022年3月健診時の体重71.5㎏)が原因で腹回りも大きくなったので、これ以上太らないように生活習慣を見直す動機付けと前向きにとらえて、メタボ予備軍と判定されたことを甘く見積もらないように注意したいですね。

メタボリックシンドロームの該当者判定

内臓脂肪の蓄積

必須

おへその位置での腹囲

男性 85cm以上 女性 90cm以上

上記に加えて以下のABCのうち2つ以上に該当

血中脂質

中性脂肪 150mg/dl以上

HDLコレステロール 40mg/dl未満

のいずれかまたは両方

血圧

収縮期血圧(最高血圧) 130mmHg以上

拡張期血圧(最低血圧) 85mmHg以上

のいずれかまたは両方

血糖

空腹時血糖値 110mg/dl以上

特定保健指導の判定(厚生労働省).jpg
【画像出典;厚生労働省e-ヘルスネット 特定保健指導の実際 より転載させていただきました】
思えばこのブログを開始した2018年からコロナ禍が始まった2020年頃までは、体重コントロールをかなり意識していました。
例えば、コロナ禍の前は体重63~64㎏キープを管理しており、65㎏台に入るとすぐに食事量を減らしたりランニング回数を増やしたり、など。。。。
一方で、食生活の「質」自体は、食物繊維、発酵食品、植物性食品、未加工品、未精製穀物などの摂取を意識したので向上してきていると思います。
その後、コロナ禍以降は体重管理も怠り、食事摂取量の増加・間食習慣(精製糖質)・運動不足などの原因で体重増加し70㎏超えてしまい、「メタボ予備軍」と診断されてしまいました。
ただし、一番心配していた動脈硬化の悪化が回避できたのは一安心なので、食生活の”質”においては、引き続き、以下の点に気をつけて生活していきたいものでございます。
     ↓
●血管の健康に寄与する良質なたんぱく質(魚や大豆)をしっかり摂取する。
●海藻、野菜、果物、いも、きのこなどの食物繊維やマグネシウムも意識してメニューに取り入れる。
●ご飯にもち麦、雑穀米を混ぜて、腸内細菌にご馳走をしっかり届けて短鎖脂肪酸を産み出して頂く。
善玉菌を増やす食べ物.png

腸内細菌は食物繊維などの炭水化物をエネルギーにしているときは、その分解産物として健康に寄与する物質を作ってくれることが分かってきています。
しかし、腸内に炭水化物がなくなってくると、たんぱく質などを分解し始めます。
すると、健康にあまりよくない物質を作り出してしまいます。
便秘だとこの状態に陥りやすくなります。

ですから、ある一定の頻度で食物繊維などの炭水化物を腸内に届けることが大切です。

*~以上、福田真嗣先生(慶應義塾大学先端生命科学研究所特任准教授)のお話

【出典;NIKKEI STYLE「腸内細菌が喜ぶ食事 カギは食物繊維 意外に知らない 腸内フローラの真実(5)」より、抜粋して引用させていただきました。】
【画像出典;ヤクルト中央研究所「健腸長寿④:私たちと腸内フローラの共生」より引用させていただきました。】

当シリーズ「メタボ予備軍からの脱却」では、体重の推移目標を
    ↓
①5月・・・・69㎏台
②6月・・・・68kg台
③7月・・・・67㎏台
④8月・・・・67㎏台
⑤9月・・・・67㎏台
⑥10月・・・66㎏台
⑦11月・・・65㎏台
⑧12月・・・65㎏台
⑨1月・・・・64㎏台
⑩2月健診時・64㎏台
    ↑
・・・と設定し、自分自身にとって備忘録となる記事としています。
と、いう訳で「メタボ予備軍からの脱却」の第7回目です。
本日、いよいよ11月末の体重測定です。
た・だ・し。。。。で、ございます。
他人様であるヨソの爺さんの体重見ても面白くも何ともないでしょう。
申し訳ありません。
ですので、せめてRun歩(ランニング&散歩)中に撮影した風景画像など見てやっておくんなさいましな。
🔲2022年11月30日
メタボ予備軍からの脱却⑦ (3).JPG
イチョウ落ち葉のじゅうたん
🔲本川(旧太田川)からサッカースタジアム建設現場を望む
メタボ予備軍からの脱却⑦ (1).JPG
メタボ予備軍からの脱却⑦ (5).JPG
今日は午後から急激に気温が下がるとの天気予報でしたので、午前中で仕事を終えて昼ご飯も食べずに午後の早い時間に「Run歩」に出かけました。
朝ご飯は「レモンドレッシングサラダ(焼き芋、バナナ、りんご)」と腹持ちの良い「オートミールおじや」で済ませておりました。
🔲サッカースタジアム建設現場
メタボ予備軍からの脱却⑦ (6).JPGメタボ予備軍からの脱却⑦ (9).JPGメタボ予備軍からの脱却⑦ (8).JPGメタボ予備軍からの脱却⑦ (7).JPG
広島市中央公園に建設中のサッカースタジアムは、2024年開業予定です。
🔲空鞘橋(そらざやばし)より、サッカースタジアム現場を望む(動画撮影;スリムちゃん)
天気予報のとおり、気温がぐんと下がってなおかつ北風がとても強く吹きつけておりました。
まだ日差しがある午後2時から3時にかけての時間帯でしたが、ランニング中にかいた汗が散歩中に急速に冷えるので、体感的にもかなり寒く感じます。
令和4年11月30日、本日をもって冬がやって来たようです。
ブルブル・・・・
気温は13℃程度ですが、北風が強く、なおかつ時折小雨が落ちています。
冬の外での未防寒ランニングは、冗談抜きで低体温症に気を付けなれればなりません。
私は昨年、大雨で強風の夜に屋外現場作業をしていたときに、真夏にもかかわらず体が冷え切って震えが止まらず低体温症の一歩手前になった経験がございます。
すぐに車の暖房で暖まって、そのあとはアラ不思議、「雨合羽」を着て作業を続けたのですが、寒気はなくなりました。
「雨合羽」の威力とありがたみを感じると同時に、いかに人間は雨や風に弱いかを思い知らされた経験となりました。
健康のために外を走っていて、逆に体調悪化して風邪なんかひいたら本末転倒です、早く風呂に入って体を暖めましょう。
そして、いよいよ体重測定です!
 目標体重実際の体重
2022年5月69㎏台68.9㎏
2022年6月68㎏台67.4㎏
2022年7月67㎏台67.8
2022年8月67㎏台68.3
2022年9月67㎏台67.3
2022年10月66㎏台68.3
11月末の体重目標は「65㎏台」
     ↓
●10月31日(月)・・体重68.3kg
●11月6日(日)・・  体重68.2kg
●11月21日(月)・・体重68.0kg
     ↑
今月は、これまでやや減量していますが、ほぼ横ばいで推移しています。
10日前の11月21日の時点で目標体重(65㎏台)より2㎏オーバー、かなり厳しい状況です。
11月の目標体重「65.9㎏以下」は達成できたのか?
ゴゴゴゴゴ.jpg
体重計に乗る動物.jpg
メタボ予備軍からの脱却⑦ (12).JPG

67.7kg!!
先月末より0.6kg減量しましたが、65.9㎏以下」の目標は未達成となりました。
ん~、でもま、食事制限も全くしていないし睡眠もそこそこ確保して体調も良いので今月はこれで良しとしましょう。
また、寒い時期は体温を維持しようと熱をつくるため、基礎代謝量が増える、すなわちダイエット効果が上がると考えられていますね。
た・だ・し。。。。で、ある。
やはり寒い時期は外に出かけにくいし、ついつい食事摂取量が増えてしまうのが鬼門といえましょう。
さ・ら・に。。。。で、R。
これからいよいよ年末年始、飲酒を伴う外食機会が増えたり、生活習慣が乱れる懸念がございます。
ま、忙しいのは仕方ないので、寒い中、体調管理には十分気をつけて少しでも体を動かす機会を増やしたり寝不足にならないように過ごしてまいります。

この記事へのコメント