★☆酢利夢ちゃん弁当2022☆★10月「風は秋色」

当特集は、毎月、月曜日から金曜日まで平日5日間の「日替り弁当」を「画面上」で味わっていただくシリーズでございます。
美味しい弁当を食べる女の子.png
実りの秋、食欲の秋。
美味いもん、もぐもぐハムハム
寒い冬に備えて体力免疫力UP!
食いまくってまいりましょう!
縁側で紅葉を見る人のイラスト(カップル).png

10月の日替り弁当🍱・・・・
テーマは
「風は秋色」(ミューズの憑依)

ご飯は、すべて「もち麦入り」か「もち麦&黒米入り」あるいは「酵素玄米」となっております。


★月曜日★
弁当2022(10月)     (1).JPG
●ねぎチーズ入り卵焼き、塩鮭
●コロッケ(冷凍食品)、オレンジ
●枝豆塩ひじきのもち麦黒米ご飯
割り干し大根・人参・昆布の煮物
薄く細長い切り干し大根よりも、太くて歯ごたえのある「割り干し大根」・・・
お腹持ちも良いし、もち麦ご飯との相性もバッチリやぁ!
ウイキペディアによりますと、切り干し大根や割り干し大根といった大根の乾燥品は、良質の食物繊維やカルシウムが多く含まれており、健康食品としても有用とされているそうです。
★火曜日★
弁当2022(10月)     (2).JPG
●卵焼き(カニカマ、チーズ、ねぎ)
●きんぴらごぼう、つくね(冷凍食品)
●もち麦入りご飯(バラ海苔・ゆかり乗せ)
●鮭とシシトウのバター焼き
★水曜日★
弁当2022(10月)     (3).JPG
●鶏むね黒酢炒め(鶏むね肉、玉ねぎ、にんじん、ピーマン)
●ゆで卵、輝太郎(きたろう)柿
酵素玄米むすび
★関連記事★
【輝太郎柿とは?】
完全甘柿の代表的な品種「富有」は、日本で最も多く生産されています。
JA鳥取西部管内の南部町(旧会見町)は「富有の里」として知名度も高く、近年は柿の新品種「輝太郎」の生産にも力を入れています。
輝太郎(きたろう)柿は、円形で300g程度と大きく、糖度が17度ほどと高いのが特徴。
高糖度の甘柿としては9月下旬から収穫できるというのも大きなポイント。
ちなみに鳥取県は「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげる氏の出身地なので、きたろうという名前に。
甘味たっぷりで果汁も豊富。
歯ごたえがありながらも、舌に少しやわらかさを感じる程度のかたさで、食感も味も抜群な柿です。
【出典;JAとっとり西部 より、抜粋引用させていただきました。】
(2021.05)酵素玄米 (1).JPG
玄米を美味しく栄養UPする「酵素玄米(もちもち寝かせ玄米)」です。
ときどきかき混ぜたり保温に数日間要したりと、少し手間のように感じられるかもしれませんが、基本的には「炊飯器1台」で調理できる簡単レシピです。
(2021.05)酵素玄米 (16).jpg
玄米は、食物繊維・ビタミン・ミネラルが含まれる「ぬか」の部分が取り除かれていませんので、栄養価の高い穀物でございましょう。
その反面、栄養成分をたくさん含んでいる「ぬか」は、化学肥料や農薬が残りやすいとされています。
ぬかと胚芽を取り除いて精米した白米は、残留農薬の心配は少なくなりますが、ぬかの栄養も丸ごと頂く玄米については、「農薬未使用」のものをチョイスすることにより、安全にいただくことができることでしょう。
2020ふらり外食 (2).jpg
2020ふらり外食 (167.jpg
美味しい酵素玄米や自家製ぬか漬けが頂ける「オーガニック&地産地消」なお店「喫茶さえき」さんの特集記事です。
「フェアトレード製品で、発展途上国の生産者も、来店客も幸せになる喫茶店でありたい」というお店の「願い&良心」・・・・・
広島のど真ん中のど真ん中に位置する喫茶さえき、ご興味お持ちの方はぜひ訪ねられてみては、いかが、でしょうか、で、ございます。
★木曜日★
弁当2022(10月)     (6).JPG
●フリルレタス、鮭の塩こうじ焼き、卵焼き(チーズ、バラ海苔)
●糸こんにゃく・赤ピーマンのきんぴら
●梅乗せもち麦&黒米入りご飯
スリムちゃん農場さつまいもサラダ
(さつまいも、玉ねぎ、枝豆、シーチキン、黒ゴマ)
★関連記事★

スリムちゃん農場で育てた「さつまいも&オクラ」が、ついに居酒屋酢利夢ちゃんに登場しました!!
玉ねぎとシーチキンを加えて塩コショウ&マヨネーズで味付けし、黒ゴマを振りかけました。
★★居酒屋「酢利夢ちゃん」2022★★【10】 (15).JPG
芋の甘味、オクラのネバネバ、ん~!
栄養もしっかり摂れる美味しい一品となりました!
プシュ!ブイーンブイーン!
ぐびぐびゴクゴク、ぷっはぁ~!!!
焼酎から切り替えたスーパードライが、ほぼ一気飲み状態じゃWaiya。


★金曜日★
弁当2022(10月)     (7).JPG
●枝豆・塩ひじき入りの卵焼き
●お煮しめ(里芋、れんこん、人参、ゴボウ、椎茸)
●バラ海苔&赤しそ乗せ、もち麦入りご飯
●鶏ささみのカツレツ
(粉チーズともち麦入りパン粉を使った衣)

🔲スリムちゃんミニエッセー🔲
【ミューズ(歌の女神)が憑依した「風は秋色」】
(1980年秋の松田聖子ちゃん論)
聖子ちゃんの学年一つ下である私は、高校生から大学生の時期にリアルタイムで聖子ちゃんの姿をTVで観ています。
た・だ・し。。。。で、ある。
当時は、熱心なファンという訳ではありませんでした。
このエッセーで述べる妄想勝手解釈は、ここ10年でYoutubeで視聴した聖子ちゃんの歌う姿や、色んな人の解説などを見分した結果の「後付け知識」となります。
風は秋色(1980年;松田聖子)
【動画出典;Noriko K より、共有埋込コードにてリンクいたしました】
「裸足の季節」「青い珊瑚礁」に続いて発売されたシングル「風は秋色」です。
イントロからいきなり、核心のサビ、つまり・・・・
「ラララ~ohミルキースマイル~、あなたの腕の中で旅をする」を絶唱する聖子ちゃん。
その後、ビリージョエルの「素顔のままで」のイントロと全く同じフレーズが入りAメロに入る。
泣き虫なのは「あなた」のせいよ
震える心、愛のせいなの
聖子ちゃんを泣き虫にさせた「あなた」とは何なのか?
それは「ミューズ(歌の女神)」であると、無理やり解釈させていただきます。
松田聖子ちゃんを見出した音楽プロデューサーの若松さんは、高校生の聖子ちゃんがオーディション用に歌っていた「声」に惚れたと語っておられます。
自分自身をバーンと、曲にぶつけながら歌っているんですね。
どなっていると言うと言い過ぎかもしれませんが、地の声でぶつかってきている。
だってレッスンも何も受けてない16歳の高校生です。
でもこのどなり方に、独特の資質がもう出ている。
聖子の性格が表れていますね。

『私はこうして歌っています。私に気がつかないんですか』って強く訴えてきている感じすらしますね。
この勢い、強さは、たとえるならピッチャーの投げた速いストレートがパーンとミットに収まる気持ち良さのようなものです。
他の出場者の声は、同じくミットに入るのでも途中ヒュルヒュルっとブレたり、かろうじて届いたりしている。
音楽的に言えば、どの子も音程は取れているし、上手なんですよ。
でも聖子は、持って生まれたエネルギーが違うと分かったんです。


若松さんが数百人が歌うオーディションテープから見出したという聖子ちゃんの声の魅力、それは「地の声のエネルギー」=スリムちゃんの解釈では「ミューズ(歌の女神)の憑依」・・・・・
その魅力が遺憾なく発揮されてピークに達した楽曲が、「風は秋色」である・・と、スリムちゃんは思います。
「あなたの腕の中で旅をするぅ~」つまり「あなた(ミューズ)の赴くまま歌の世界を紡ぎだす聖子ちゃん」
さ・ら・に。。。。で、ある。
曲は最後に転調して、何と、サビが半音高くなってしまいます!
本当に声が出るのかハラハラするような展開ですが、ミューズ(歌の女神)が降臨している1980年当時の聖子ちゃんは、艶のある「地の声」のまま伸びやかに歌い上げています。
そして、この曲のエンディングではいつも「ああ、今回も歌い切った」と、ホッとする笑顔を見せる聖子ちゃん。
まるで、難易度の高い連続ジャンプを成功させたフィギュアスケートの選手のように。
無数の砂の粒からたった一つの輝く原石を見出して世に送り出したプロデューサー言うところの「地の声のエネルギー」
た・だ・し。。。。で、ある。
それはほんの刹那、一瞬の青春のマジックでした・・・・・
すなわち
「ミューズ(歌の女神)」と聖子ちゃんとの永遠の別れの時が、すぐにやって来たのです・・・・
風立ちぬ(1981年;松田聖子)
【動画出典;melonshake5 より、共有埋込コードにてリンクいたしました】
もう泣くなよと「あなた」がくれた、さよなら
風立ちぬ、今は秋
帰りたい、帰れない「あなた」の胸に・・・・
「あなた(ミューズ)」の腕の中で旅をしていた「風は秋色」の聖子ちゃん。
ミューズが憑依していた「風は秋色」からわずか1年後の1981年秋・・・・
帰りたいけど帰れない「あなた(ミューズ)」の胸に・・・・・
つまり、この年、聖子ちゃんは喉を痛めたようで、「地の声のエネルギー」が思うように出せなくなってしまったようです。
それも永遠に・・・・・・・・
トレードマークの「聖子ちゃんカット」も、この風立ちぬの頃にはブロッコリー状に大きく生育して、もう限界のようにも見えます。
赤いスイートピー(1982年;松田聖子)
【動画出典;Showa JPOP より、共有埋込コードにてリンクいたしました】
喉を痛めてしまい、思うように「地の声」がだせなくなった聖子ちゃんは、1981年秋の「風立ちぬ」で「ミューズ」との別れを告げて、表現力や歌唱力で勝負する「テクニカルなアーティスト歌手」への転向を決意したと、強引に解釈します。
翌年1982年を迎えた聖子ちゃんは、新年早々発売された「赤いスイートピー」で「聖子ちゃんカット」をばっさり切ってショートヘアに大変身しています。
曲も、キーが低めになってバラード調になっているようですね。
若松プロデューサーが惚れこんだ「地の声のエネルギー」とは永遠の別れを告げざるを得なかった聖子ちゃん。
ジャンプが決まらなくなったフィギュアスケートの選手が、スケートショウのプロに転向するかのように。
多忙過ぎて喉を酷使したから?
そうかもしれませんが、ただ単に「声変わり」したのかもしれません。
つまり「少年の声をも想起させる稀有な存在」から「普通の大人の女性」になったと・・・・
「あなた」と同じ青春走ってゆきたいの・・・
線路の脇のつぼみは赤いスイートピー
赤いスイートピーで登場する「あなた」は、もはやミューズではなく、ただ単に恋愛対象である架空の男性でありましょう。
ミューズがいなくなった聖子ちゃんは、歌唱法が変わっただけでなく、歌詞の世界においても「同世代のリスナーと共に歩む」路線に変更したのでしょう。
前年の「夏の扉」や「白いパラソル」でも表現されていましたが、いよいよ、大学生とかハイティーンとか聖子ちゃんと同世代、とりわけ「女性ファン」が感情移入できる80年代稀有な存在としての聖子ちゃんが確立するわけでしょう。
次なる黄金時代(ただし、1984年上旬あたりまで)のスタートです。
心配はしないでほしい・・・
別れはひとつの旅立ちだから・・・・

「風立ちぬ」より
このミニエッセイは、ブログ主が生み出した勝手な解釈による妄想です。
発想にあたりましては、主に、松田聖子さん担当プロデューサーの若松宗雄さんのYoutubeチャンネルを参照させていただきました。
      ↓
【この歌声に衝撃】松田聖子 発掘!(松田聖子ストーリー)
【動画出典;若松宗雄チャンネル より、共有埋込コードにてリンクいたしました】

★☆酢利夢ちゃん弁当2021☆★「10月編」を、お味わい頂き誠にありがとうございました。
次回は「11月の日替り弁当」をお楽しみくださいませ!!!!!

この記事へのコメント

  • どこでもドアーズ

    そーですか、スライムさんは聖子さんのファンでありましたか!
    私はどーもあのキンキン声が辛くて、そうなると顔もタイプでなく、のちに出てきた中森さんが良かったなあ。
    ただ、スライムさんの内容だと聖子さんは喉を郷ひろみに犯されたので声が出にくくなったとか?
    可哀想ですがその後の松任谷由実のソフト路線にシフトし、なお熟れ続けたのは幸せなことでしたね?
    おまけにファン層も初期のバカヤンキー含むむくつけきヤローどもの親衛隊よりも、ソフト時代での女子大生をはじめとする、芸能に憧れるブスのみなさんの方が、安全で安定の売上に協力的でるものね。
    しかし全米進出まで目論んでの頓挫(85年…からの妊娠)、失敗(91年…からの歯医者さん)はやり過ぎですなあ。
    でもストロベリーとフリージアは好きな聖子さんでしたよー。
    「あなたでヌキたくて」はちょっとキモいですけど。
    2022年12月18日 11:49
  • スリム(メタボ)成掛

    どこでもドアーズさん、コメントありがとうございます。
    聖子ちゃんも明菜ちゃんも時代を代表する素敵な歌い手さんでしたね。
    聖子ちゃんのキンキン声が辛いとの事でしたが、私が記事にした1980年の聖子ちゃんは、地声で高音まで突き抜けていた安定したシャウトでしたので、キンキン声ではないと思うのですが・・・・
    ま、歌手の好き嫌いは人それぞれなのでそれも良しとしても、食べ物系の拙ブログとしては、栄養は偏ることなくお摂りになることをお勧め申し上げます。
    コメントを拝読させていただく限り同年代とお見受けいたしましたので、お互いヘルシーに過ごしてまいりましょうぞ!
    2022年12月18日 18:27