ふらり外食【2022】食いまくり ①天然とんこつラーメン専門店「一蘭」

ブログ主「スリム鳴造」が軽ぅ~くヨロヨロと「ふらり」と立ち寄った飲食店のメニューをご紹介するシリーズ。
2022年/令和4年度版のスタートでございます!!!

た・だ・し。。。。ですよね。

本年(2022年/令和4年)1月、新型コロナウイルスのオミクロン株による感染が全国で拡がっています。
私が生息する広島県においても、年明け以降、全ての外国人の新規入国停止などの水際対策なんか到底及ばない米軍岩国基地に端を発したと言われている感染者が急増しております。
1月16日には新たに1280人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表されました。
こ、これはもはや、これまでにない感染爆発を警戒すべき状況でございましょう。
ふらり外食2022① (5).jpg
そんな中、ややもすれば「コロナは風邪と同じなんだ、大したことない」とか「オミクロンは重症化しないんだ、コロナ終息の予兆なんだ」とか言う医者もいますし、それも一理あるのでしょうし、これからは待期期間の短縮等、感染者運用も緩めていく時期なのかもしれません。
た・だ・し。。。。。。で、ございましょう。
誰がどう喚こうとも即効性のある治療薬がない現状では、現実問題として「発熱して普通に仕事できなくなる人が増えて社会機能が停滞する」→「そうなれば社会衛生上、益々病気になる人が増える」という現象が「パンデミックの恐ろしい悪循環」なので、決して甘く見てはならないということが、文明現代人としての1丁目1番地の見識でございましょう。
ふらり外食2022① (2).jpg
ふらり外食2022① (6).jpg
ふらり外食2022① (7).jpg
急激に感染者数が増えているので、広島の繁華街「本通り」も人出が減ってきているようです。
ふらり外食2022① (8).jpg
再び外出自粛や人との接触機会の減少が求められる中、外食する機会も激減しております。
今日は仕事も用事も終わったので、そそくさと食事を済ませて帰路に着くことにいたしましょう。
ゴゴゴゴゴ.jpg
天然とんこつラーメン専門店
ふらり外食2022① (12).jpg
一蘭 広島本通店
ふらり外食2022① (1).jpg
広島市中区紙屋町2丁目3−22 アークビルディングM2F 2F
【広島電鉄本通電停、アストラムライン本通駅、徒歩1分程度】
ふらり外食2022① (10).jpg

メタボ時代に時々通っていた、この「一蘭」という博多ラーメンの店は 一席一席に間仕切りがある「お一人様専用席」となっており、落ち着いてラーメンを楽しむ事ができます。

「・・・ふふ。ま、この店のラーメンもデブの頃みたいには夢中にはならないだろうな。もっとも値段が高いから頻繁に来れるはずもなし。なので半年に1回くらいなら冷やかしで食べても良いかなw」
・・・と、私は思っていましたが・・・
と・こ・ろ・が。。。。。だ!!

「ふぅふう~ズズズッ~、もちゃもちゃ!こ、これは美味い!またすぐにこのラーメンを食いたい!

あっさりしつつもコクがあるスープと「秘伝のタレ」に細く硬めの「麵」が絡んで一体化した旨味が、スリム鳴造の五感を襲う・・・・
「麵だけじゃない!肉や卵をトッピングしてるから糖質まみれじゃない・・だから食べても良いんだ!」
・・・と、自分に言い聞かせながら美味いラーメンに屈服しつつある我らが「スリム鳴造」
一般人から見たら「アホか。もっとシンプルに食事を楽しめよ」と呆れられそうですが、このややこしい「ラーメンに対する態度」も、狂気&凶気の糖質制限時代を過ごしたスリムちゃん独特の性でありましょう。

ちゃらら~ララ♪ チャララララらぁ~♪

あちこちから「替え玉リクエスト」の時に流れる「チャルメラ音」が鳴り響いています。
あまりに美味すぎるので、私も思わず「麺の替え玉」を注文しようとしましたが、「それでは糖質の重ね食いになってしまう。あっという間にデブにカンバックだぞ!」と、ぐっと我慢して店を後にしました。



ふらり外食2022① (11).jpg
・・・・と、3年前に書いた記事からの引用でした。
デブにカンバックとか書きましたが、もちろん一蘭さんのラーメンが健康に良くないという意味ではありません。
そうではなくて、麺だって焼肉だって玉子だって何だって「偏った食生活や依存性」が良くないということです。
私自身がスリムになってからは「また再びすぐに食べたい」と思った初めてのラーメン。
私にとってそれくらい大変美味しかったというのが「一蘭/広島本通り店」でありました。
今は、半年に1回くらいのペースで来店しております。



ふらり外食【2022】食いまくり

①天然とんこつラーメン専門店「一蘭」
    ↓

この記事へのコメント