ヘルシー長寿研究会2021(8)多死社会「死因と医療費の関係」

①市区町村別の75歳以上(後期高齢者)の1人当たり年間医療費
②厚生労働省による2008〜2012年の5年間で老衰と診断されて亡くなった人の割合(標準化死亡比)

日本経済新聞社が、上記の①と②の関係を独自に調べて結果を公表しているサイトを拝見しました。


【参照文献サイト】

特集 3大死因と医療費の地域格差 TOPICS 06 「老衰」の地域格差日本経済新聞、2017年12月25日 公開

(参照2021-11-23)


ウイキペディアなどによりますと老衰死とは、加齢による老化に伴って個体を形成する細胞や組織の能力が低下し、多臓器不全により恒常性の維持・生命活動の維持ができなくなって生命活動が終わること(死ぬこと)を指すようです。
100歳の人や90代の人が老衰死をしやすく、老衰による死を表す際に、平素の日本語では

「寿命が来た(尽きた)」
「天寿を全うした」

などとも表現します。

絵馬のイラスト「鶴と亀」.png

参照させていただいた日本経済新聞の文献サイトの調査結果によりますと、老衰と診断されて亡くなった人が多い自治体ほど高齢者の一人あたりの医療費が低くなる傾向があることが明らかになったようです。
老衰では終末期を迎えても、長期病気ではないので積極的な治療が抑えられているとみられています。
健康長寿社会を実現して老衰死が増えれば、穏やかに最後を迎えられるだけでなく、医療・介護費の適正化にもつながるとしています。
要介護状態の期間をなるべく少なく過ごして、最後を迎えること。
健康な時期およびフレイル状態になりつつも自立した日常生活を長く続けることが「寿命を全う=老衰死」となって、治療費介護費などの医療費も抑えられるのではないかとの調査結果でした。


フレイルとは?(藤井寺市HP).png

再生と死を繰り返している人間の細胞。
20歳代で再生のピークを終えて、老化はすでにそこから始まっていると言われています。
そして、年齢が高くなればなるほど細胞が減少し委縮する「老化現象」が加速されます。
それゆえに「ヘルシー長寿」を保つためには、できる限り「フレイルの先送り」が重要であると呼びかけられています。
そしてフレイルの先送り(予防)対策として、日常生活の中で「栄養・運動・休養」の3つの要素が非常に大切だということなのでしょう。

🔲栄養(食・口腔機能)
🔲身体活動(運動など)
🔲社会参加(就労、余暇活動、ボランティアなど)

ヘルシー長寿とは、すなわち「健康寿命を延ばし、緩やかに衰えて最後を迎える」ことである、とも言えましょう。
老衰と看取り.png


老衰とは、生命維持に関わる臓器の機能が低下し、生命活動の維持が困難になることで迎える死です。
老衰によるお別れが近づいてくると、徐々に食事量が減ったり言葉数が少なくなったりします。
次第に睡眠時間が増加し、一日中眠っている状態になるでしょう。
機能が徐々に低下する臓器には、脳も含まれているからです。

老衰死を迎えようとしている本人は、各臓器の機能の低下により死ぬ直前も大きな苦痛を感じません。
深い眠りについた期間の長さにかかわらず、老衰死では安らかに旅立ちます。

【出典;小さなお葬式 老衰で死ぬ直前はどうなる?後悔しないために家族が今できることとは より、抜粋引用させていただきました。】


出典:厚生労働省人口動態調査、人口問題研究所 日本の将来推計人口の中位推計.jpg
【出典:厚生労働省人口動態調査、人口問題研究所 日本の将来推計人口の中位推計】

上表によりますと、2009年に約120万人であった年間死亡数は、本年2021年では何と早くも約140万人を超える見込みです。
これからも年間死亡者数は増加を続け、団塊世代が80歳代後半となる2030年代には160万人を超える見通しです。
正に「少子高齢;少死、社会」から「少死超高齢;多死、社会」への局面に既に入っていることになります。
多死社会を迎えた時代で、そしてコロナウイルス感染症流行による社会活動の閉塞化によって

「看取りの場所」
「家族や介護者の負担」
「火葬場不足」
「墓地の問題」

などの課題が、既に顕在化しつつあります。
【老いるショック】〝看取りの真実〟を演劇で
【動画出典; HTB北海道ニュース より、共有埋込コードにてリンクさせて頂きました。】
【参照サイト;十勝連携の会 】
映画「みとりし」予告編
【動画出典;isfieldmovie より、共有埋込コードにてリンクさせて頂きました。】
(引用者注;途中の何十秒間、無音のようです)
映画 おくりびと 予告編
【動画出典;YOKOKUHEN MANIA より、共有埋込コードにてリンクさせて頂きました。】

【その他、参照文献】
佐賀県看取り普及啓発委託事業 PDF ご家族の方へ 別ウィンドウで開きます(PDF:862.6キロバイト)
(参照2021-11-23)


公開日:2020.11.21 / 更新日:2020.12.07  (参照2021-11-23)



「超高齢化なおかつ多死社会」の様々な課題に、21世紀を生きる私たちがどのように向き合っていくのか、ますます重要になってくるものと思われます。



『東京物語 ニューデジタルリマスター』予告編
【動画出典;松竹チャンネル/SHOCHIKUch より、共有埋込コードにてリンクさせて頂きました。】


当特集の過去シリーズにつきましては、「スリムちゃん♪まとめランド」から簡単にアクセスできます。
ヘルシー長寿に関するお役立ち情報が満載されたシリーズですので、ぜひぜひお読みくださいませ。

     ↓
     
(連載期間;2019.9.15~2019.12.28;全10回)

「スーパー百寿者の食事」「長寿健康食の琉球料理」「おばあちゃん効果」など。
おばあちゃん効果.jpg


(連載期間;2020.9.22~2019.12.18;全10回)

●「コロナ禍でのご高齢者の健康対策」「健康長寿3つの柱」など。
健康長寿のための「3つの柱」.png






ヘルシー長寿研究会2021

にこにこ健康家族.jfif
「ヘルシー長寿研究会2021」では、「高齢化」&「少子化」そして「多死社会」を迎えていく時代の中で、どのように「ヘルシー&長寿」を過ごしていけばいいのか調べて、読者の皆さまとお役立ち情報などを共有できたらと考えて記事作成してまいります。  

この記事へのコメント