ヘルシー長寿研究会2021(6)宇宙医学と健康長寿の応用研究 

報道によりますと、令和3(2021)年9月15日時点での65歳以上人口は3,640万人となり、総人口に占める割合(高齢化率)も29.1%と、ほぼ日本人の3人に1人が高齢者という状況です。

65歳以上の人口と割合(JIJI.COM).jpg
【画像出典;時事ドットコム 65歳以上、最多の3640万人 総人口の29%、世界最高―総務省 より転載させていただきました。】


総人口が減少する中で65歳以上の人が増加し高齢化率が上昇している現在、医療・介護費用は各世帯そして全国民(税金)の負担が増え続けています。
国民の健康増進と生活の質の向上(QOL)の対策、とりわけ「高齢者の健康長寿」は、もう待ったなしの喫緊の課題として国も全力を挙げて取り組んでいるようです。

長引く新型コロナウイルスの感染予防対策として不要不急の外出自粛がすっかり日常生活化してしまっている今、 偏りがちな食事&運動不足&人との交流減少により、高齢者の身体や認知機能の低下が既に大きな社会問題となっています。
コロナ禍の影響による「フレイル( 介護が必要な状態の一歩手前の状態)」すなわち「コロナフレイル」です。
コロナフレイル(宇部市HP).png
【画像出典;宇部市HP 新型コロナウイルスに負けない!!高齢者の食生活 より、転載させていただきました。】


コロナ禍における「健康長寿3つの柱」

健康長寿のための「3つの柱」.png
【参照画像;健康長寿ネット「より早期からの包括的フレイル予防」より抜粋して引用させていただきました。】


🔲栄養(食・口腔機能)
🔲身体活動(運動など)
🔲社会参加(就労、余暇活動、ボランティアなど)


超高齢化社会を迎えるわが国では、フレイルの先送り(予防)対策としての上記3つの「健康長寿」への応用として「無重力・宇宙放射線・閉鎖空間」という極限の宇宙環境で長期間過ごす宇宙飛行士を通じて研究している「宇宙医学」が健康維持の実践として役立てられているそうです。



健康→食+運動!2(【ウェブ講座⑫】 宇宙医学は究極の予防医学である).jpg
【画像出典;女子栄養大学【ウェブ講座⑫】 宇宙医学は究極の予防医学であるより、転載させていただきました。

という訳で、今回は「宇宙医学と健康長寿の応用研究」について、主に国や専門機関の一次情報を調べてまとめてみました。



Space Navi@Kibo 2014.1 宇宙医学と健康
【動画出典; JAXA | 宇宙航空研究開発機構 より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


上記動画の解説&感想を行う、その前に・・・・
動画の内容とは直接関係ないのですが、動画内の13:55頃から始まる若田飛行士のテーマとおぼしき「コマンダー・ワカタ」という曲を聞いて、私は飲んでいた豆乳プロテインをPC画面に吹き出しそうになりました(大爆笑)

おおっと・・・・
その種明かしというかオチは後に譲るとして、本題を進めてまいりましょう。

動画のテーマは、主に国際宇宙ステーションで過ごす宇宙飛行士の「宇宙(無重力空間)での人間のカラダの変化」です。
宇宙で健康に影響する要素として下記4つが挙げられていました。

🔲微小重力・・・・骨量が減少し筋肉が萎縮する。
🔲宇宙放射線・・・健康に長期的な影響を及ぼす。
🔲体内リズム・・・90分で地球1周する過酷環境。
🔲閉鎖空間・・・・精神的心理的ストレスの増大。

放射線被曝のリスクを背負いつつ微小重力環境の宇宙では、自律神経の変調や前庭神経(平衡神経)の変調から宇宙酔いが起こったり、また睡眠障害によるミスや事故のリスクも高まります。
さらにロシア人、アメリカ人、ヨーロッパ人といった異文化の人々がミッションをこなす狭い空間で、「もう嫌だ」と飛び出すことができない閉鎖環境で6か月生活するわけです。

動画で解説されている宇宙医学研究者の大島博先生は、そのような過酷な宇宙ステーションでの生活環境だからこそ宇宙医学と健康長寿医学に共通点が非常に多いと語られています。

宇宙飛行と加齢変化の共通点.jpg
【画像出典;健康長寿ネット 長寿社会の高齢医学と相通ずる宇宙医学(大島 博)(第1回)  より転載させていただきました。】


宇宙空間における人体への影響として骨量の急激な減少筋肉の急激な萎縮があり、これらは特別な方法ではなく健康維持には当たり前の事をきちんと実行すれば軽減できる事がわかってきているそうです。
宇宙ステーションとという閉ざされた狭い空間で、個人やチームの作業効率を維持、向上させるためには 「規則正しい生活、食事、運動、睡眠 」など生活のリズムが大切である事も研究成果で実証されています。
宇宙医学が究極の予防医学であるとも言え、超高齢化社会を迎える日本において健康維持には役に立つ内容ばかりだと言われる所以でしょう。

宇宙医学の社会還元(【ウェブ講座⑫】 宇宙医学は究極の予防医学である).jpg
【画像出典;女子栄養大学【ウェブ講座⑫】 宇宙医学は究極の予防医学であるより、転載させていただきました。】


上表は、宇宙ステーションで暮らす宇宙飛行士の「健康、生活」を通じて研究された「宇宙の予防医学」を
地上社会へ還元させる「対応表」となっております。
宇宙では骨密度の減少速度と筋萎縮の 進行速度が高齢者の10倍も速く、そしてその対策は骨を作る栄養と運動が必要であることが分かり、宇宙飛行士はいわば「高齢者モデル」との位置付けもできるようです。
骨がもろくなり筋肉が衰えるという重力のない宇宙空間で、いかに健康に過ごしていくかの研究成果により、健康長寿にも役立つ方法を見出していくという、何と夢多き素晴らしいプロジェクトでございましょう。
宇宙食と宇宙日本食
【動画出典; JAXA | 宇宙航空研究開発機構 より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


宇宙食には宇宙飛行士の健康を維持する他、ストレスを和らげ気分をリフレッシュし仕事への意欲や効率を向上するなど、様々な役割があります。
カルシウム、ビタミンD,ビタミンK、タンパク質などを添加して機能性をもたせ、骨量減少や筋委縮のリスクを軽減するように補う宇宙食は、高齢者用の宅配食に通じるもので「究極の介護食」とも呼ばれているようです。
動画内では、宇宙飛行の黎明期から21世紀まで宇宙食の歴史も紹介されていました。
最初のころは、ビスケットとか歯磨き粉のチューブに入ったペースト状のものなど、食事というイメージには程遠いものでしたが、最近の宇宙食は、食材そのもの・鮮度・バラエティ豊富など、ずいぶん食べやすく美味しく進化しているようですね。



「こうのとり」7号機で運ばれた生鮮食品の紹介
【動画出典; JAXA | 宇宙航空研究開発機構より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


グッスン(´Д⊂・・・・・
日本の生産者さん達が一生懸命育てた野菜やフルーツ・・・・・
それらを外人女性宇宙飛行士さんが愛おしく紹介し美味しく召し上がっている様子を見て、スリムちゃん、ちょい泣きしてしまいました・・・・

正に食いしん坊には国境も重力もなし。。。で、ございましょう。
映画 『チリ33人 希望の軌跡』本予告【HD】
【動画出典; ワーナー ブラザース 公式チャンネルより、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】

上記動画は読者の皆さんもご記憶にあるでしょう、今から11年前の2010年8月に発生した「チリの鉱山落盤事故」で、33名の鉱山作業員が閉じ込められるも事故から69日後に「全員が救出された」という実話を元に制作された映画の予告編です。
当時のチリ政府は「地下に作業員の状況はISS(国際宇宙ステーション)滞在飛行士の状態に似ている」とし,NASA(アメリカ航空宇宙局)に健康管理支援を要請したそうです。
NASAは、規則正しい生活・栄養·運動·心理支援という、正に宇宙飛行士の健康維持技術をアドバイスし、さらに我が国の JAXA(宇宙航空研究開発機構)は消臭性·抗菌性を高めた高機能下着と宇宙日本食(黒飴とミントキャンディ)を外務省経由でチリに向け発送したとのこと。

このように健康長寿への応用研究や災害発生時の健康管理支援に役立てられている「宇宙医学」は、過酷な宇宙環境の中で、心と身体に生じるさまざまなリスクをいかに軽減するか、そして個人とチームのパフォーマンスをいかに維持向上させるかを目的に、国際宇宙ステーションを利用して産官学連携で行っている研究実験でございましょう。
地上の医学技術を用いて宇宙飛行の人体リスクを軽減させ、良い成果があればそれを社会にフィードバックして役立てるという本当に壮大で意義深い事業・研究でございましょう。



【参考文献】




【おまけ】

JAXAさん(宇宙航空研究開発機構)の動画で紹介されていた、若田飛行士のテーマとおぼしき「コマンダー・ワカタ」という曲を聞いたスリムちゃんが、飲んでいた豆乳プロテインをPC画面に吹き出しそうになりそうなほど大爆笑した理由が、たった今明かされます!!!
まずは、コチラ「サンダーバード」のテーマ曲。
ちなみにですが、私は幼稚園時代からの「サンダーバード」の大ファンであり、、「パーマン」「少年忍者サスケ」「おばけのQ太郎」「ウルトラセブン」と共に、幼稚園の時には45回転ドーナツ型レコードでサンダーバードのテーマ曲を愛聴しておりました。
(この情報、書く必要あったか?)

サンダーバード 日本語OP Ver(Stereo)
【動画出典; jfkmickeyより、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】

        ↑
曲のメロディ、コーラス、展開、リズム(マーチ)、コード進行、サビの箇所、Aメロへの戻り方、すべてに注目し上下2曲を比較してみてください。
そうすれば、私が大爆笑した理由がお分かりになるというもので、ございます。。。か?
        ↓

【ソラウタ】コマンダー・ワカタ
【動画出典; 宇宙教育センターより、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】



「ヘルシー長寿研究会2021」では、「高齢化」&「少子化」そして「多死社会」を迎えていく時代の中で、どのように「ヘルシー&長寿」を過ごしていけばいいのか調べて、読者の皆さまとお役立ち情報などを共有できたらと考えて記事作成してまいります。


   

この記事へのコメント