コンビニ商品で昼食を (8)相変わらずパッとしないファミマには今回もがっかり

コンビニで購入した「昼食」をご紹介して、感想を書き連ねる当シリーズ。
昼食チョイスのポイントは、おおまかに

・たんぱく質20g以上、食物繊維10g以上
・なるべく食材そのもので構成されている商品
・金額はなるべく安いものをチョイス

今回は第8回目。
ファミマの商品でランチを頂きます。

ファミマ ロゴ.jpg

オクラのネバネバサラダ
●四川風麻婆豆腐
●SPAMむすび
コンビニ昼食8 (1).jpg
●「オクラのネバネバサラダ」
コンビニ昼食8 (3).jpg
商品名称は「総菜」の表示です。
原材料は・・・

・だいこん
・わかめ
・袋入りゆず風味ポン酢
・ゆでオクラ
・なめこ水煮
・ゆでやまいも

・・・で、構成されていました。

う。。。ぬぅ・・・(゜-゜)
「オクラ」の「ネバネバ」という商品名にしては、オクラの含有量は上から4番目でかなり少なそうだ。
しかもオクラと共にネバネバを演出してくれる「なめこ」も含有量が少ない。
うむぅ・・・むむん・・・・・・「ネバネバサラダ」という割には、すごく雑な気がします。
この嫌な予感は実食時に改めて実証されていくのですが・・・・・・
コンビニ昼食8 (2).jpg
栄養成分表示は・・・・・

・熱量41kcal
・たんぱく質2.1g
・脂質0.9g
・炭水化物8.2g(糖質4.6g+食物繊維3.6g)

美味しそうな商品で、なおかつ、食物繊維確保のために、ファミマ店内で不審者と思われない程度にサラダ系商品をかなりジロジロと眺めましたが、これといった商品に巡り合えず、ついにタイムアウト!!
かなり悩んだ末に、仕方なく消去法でチョイスした当商品。
「柚子ポン酢」とシールが貼ってありますが、「それがどしたん?」という感じで心動かず。
画像をご確認のとおり、上面に「オクラ」が目立つように配置されていますが、実食時にフタを開けてみてビックリ。

ネバネバを構成する「オクラ」と「なめこ」は、何とほんの少量で、下部には大量のだいこんの海が!!
原材料が多い順から「だいこん、わかめ、袋入り柚子ポン酢・・・」と続いたあとの「ようやくオクラ登場」なので、当然と言えば当然なのですが・・・・・・・・
あ、いえ、だいこんは決して悪くないですよ、ただこの「大部分がだいこん」の当商品を「オクラだよ!ネバネバなんだ!」と売り込む、このファミマというコンビニのセコさに消費者は呆れてしまうでしょう。

それに比べて、「セブンイレブン」の商品は、「ネバネバ」と銘打った商品ならば、原材料のトップに「オクラ」を配置、ごまかしウヤムヤ駆け引きなしで、本気モードで実際にネバネバしているので、消費者としても安心して購入し、美味しいし満足して完食できるのです。
                 ↓

セブンイレブン「だしジュレで食べる!ネバネバサラダ」
コンビニ弁当3(11).jpg
だしジュレネバネバサラダ.jpg

商品タイトルの「ネバネバ」というヘルシー訴求ネーミングで、令和の消費者は、まず「この御仁、カラダに良さそうだ」と、商品に出会って0.5秒で購入を判断するでしょう。
ひらがなの単語「だし」が食欲をそそりますし、「ジュレ」が食べる楽しみを想起し、まるでこのサラダが「お客さん、拙者をチョイスしても後悔させませんよ」と訴えかけているようです(苦笑)

「ネバネバ/だし/ジュレ」
すなわち
「健康/美味/食楽」を一瞬で消費者に理解させる、素晴らしい組み合わせネーミングだとは思いませんか?



ファミマ商品って奴は、どうやら「ヘルシー食材が少しでも入っていると、それをタイトル名にしてアピールする」という、良くない傾向があるようだ・・・と、私スリムちゃんの、あくまでド底辺消費者の超個人的な妄想憶測推測でございます。

例えば、ファミマには私が大いに期待し熱い視線を注いでいた「スーパー大麦入りおにぎり」なる商品があるのですが、結果的にその食物繊維量の少なさには、大変ガッカリしてしまいました。
               ↓

●ファミマ「スーパー大麦紅鮭わかめ」
コンビニ弁当7 (3).jpg

コンビニ弁当7 (25).jpg
紅鮭の旨味と風味、そしてわかめの塩味が効いており、そして含有されている黄金色のスーパー大麦の
プチプチ感を楽しみつつ、噛みしめるほどに精白米のモチモチしたおにぎりの美味しさが堪能できます。
「ぱくっ、もぐもぐ・・・・・うん、美味い!」
そして、私が知る限りでは今年(2020年)から「炭水化物の糖質・食物繊維別表示」を導入したファミマのおにぎりです、が・・・

と・こ・ろ・が。。。。。。だ!

コンビニ弁当7 (4).jpg
コンビニ弁当7 (6).jpg
な、な、何と、食物繊維はたったの「1.9g」

と・ほ・ほ。。。。に、ございまする。
昨年2019年に続々と発売されたセブンイレブンのヘルシー系おにぎりは、食物繊維量は少なくても3g以上がデフォだっただけに、このファミマの「スーパー大麦入り」とのヘルシー訴求されたおにぎりには、かなりガッカリしました。

スリムちゃん「難消化性でんぷんのレジスタントスターチの量はよく分からんが、この食物繊維の少なさでは、大腸の奥深くに住まわれる短鎖脂肪酸を産み出してくれる腸内細菌の皆さまにしっかりお届けできないじゃん!」

つまり、このおにぎりの売りである「スーパー大麦」の含有量がやはりかなり少ないのではと思われます。
逆に、それゆえに「冷えた精白米の美味さ」がメインとなっているのでしょう。

ちなみに、ファミマおにぎりに入っている帝人さんの「スーパー大麦、バーリーマックス」自体は、食物繊維やレジスタントスターチ豊富な高パフォーマンスな栄養UP大麦でございます。

スーパー大麦、バーリーマックス.jpg
【画像出典;帝人HPより抜粋引用させていただきました。】

なお、「スーパー大麦バーリーマックス®」の素材や効果については、帝人さんのyoutube動画がありますので、ご興味ある方はご参照に!
       ↓
テイジン/スーパー大麦「バーリーマックス®」
【動画出典;TeijinOfficial より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


帝人さんの開発した、食物繊維豊富な素晴らしい、その名も「スーパー大麦バーリーマックス®

と・こ・ろ・が。。。。だ!

要は、ファミマのおにぎりはその含有量が極めて少なすぎるのではないかとの、私の疑念でございます。
だって、他の麦に較べて数倍の食物繊維が含有されている「スーパー大麦」入りを売りにしているおにぎりが、何と2gそこそこしか食物繊維が入っていないなんて!!!

「とにかく、ほんの少しの量でもスーパー大麦、もち麦、玄米の類が入っていれば、それを前面&全面にタイトルにして、ヘルシー系として売り出せるんだ!」

・・・と、ファミマやローソンが考えているのかどうか、私には分かりません。

例えば、スーパーで売ってる「袋麺タイプの日本そば」においては、何とそのほとんどの商品が実は「小麦粉」が筆頭に表示されているという、実態はそばではなくて「そば風うどん」であるように、「食物繊維量の少ないおにぎり」は、もち麦や大麦が入っていても、それはほんのわずかな含有に過ぎないのかもしれませんね。



おおっ・・・と!!!

今回はファミマの3商品で構成した昼食の記事でしたね。
ネバネバサラダにモノ申したい事が多すぎて、ここまでで体力&気力を使い果たしてしまいました。
読者の皆さんもお疲れでございましょう。
私も既に「パトラッシュ、僕はもう疲れたよ・・・」でございます。
あと2商品「麻婆豆腐」&「SPAMおにぎり」を詳しくレポする紙面も気力も余力も残っておりませんので、ここからは、雑に駆け足でまいります。
●「四川風麻婆豆腐」
コンビニ昼食8 (4).jpg
たんぱく質確保のチョイスのために、不審者に思われない程度にかなり時間をかけて店内をウロウロジロジロしましたが、当コンビニの総菜ブランド「お母さん食堂コーナー」ではやはり期待を裏切らず予想どおり、これといった商品についぞ巡り合えず、ゲームオーバー。
致しかたなく、以前食べてまあまあ美味しかった当商品をセレクト。

し・か・し。。。。。で、ございます。
画像ご高覧のとおり、「豆腐&豚ひき肉」というたんぱく質メイン食品なのに、相も変わらず「糖質11.5g」という、低糖質ブームに忖度&媚び打った、時代遅れで的外れで極めてマヌケなシールを貼るという、情っさけないファミマというコンビニは、一体何だったのか???


何だかファミマやローソンをけなしてセブンイレブンを褒めている記事が多いな、と読者様もお気付きでしょうし、私自身もそう思います。
しかし、私には特定のコンビニひいきはなく、ただただ「美味しくてヘルシーっぽいヤツ」を基準としてコンビニ食をチョイスするスタンスでございます。
セブンイレブンでは既に3年前の2018年に「美味しさ担保を第1とし、糖質オフなどの商品開発はしない」とする、本当に胸がすくような正当なプレスリリースを発表し、「炭水化物が人類を滅ぼす、早死にする、糖質は摂るな」「糖質制限は驚異のダイエット法だ」とするクソ馬鹿医者どもの影響を受けた「自称健康意識高い系、糖質セイゲロニスト消費者」としっかり決別する宣言をしています。

分かりやすい商品コンセプト、商品タイトルと実際の内容の一致、明確な栄養摂取基準の提示、選びやすさ、食べやすさ、そして何より美味しさ・・・・・

あらゆる基準において、セブンイレブンが他社2社を大きく大きく引き離して、現時点ではもう追いつくのが不可能と思われるほど全く別次元で独走しているという私の感想は、令和元年、2年、そして3年となっても全く変わらないというのが、ひいきなちょっと歯がゆい気もしますね。
「セブン-イレブンの商品開発はおいしさを担保しており、カロリーオフや糖質オフなどを全面に打ち出した商品開発はしない。ただ、お客様にとって分かりやすい健康に対するイメージも必要となっている。低カロリー、高たんぱくなど、食の時代に求められる健康基軸をいま、調査している」

【出典;流通ニュースセブンイレブン/安全・安心・健康を訴求「カラダへの想いこの手から」で商品開発 より、抜粋引用させていただきました。】

●「SPAMむすび」
コンビニ昼食8 (8).jpg
サラダと麻婆豆腐を選ぶのに時間と根気を使い果たしたので、おにぎりは適当にセレクトしました。
「SPAMむすび」を食べたことがなかったので、話のネタになるかなと思って食べてみたのですが・・・


今回ファミマでチョイスした3商品。
満足度の点数は・・・・・
ゴゴゴゴゴ.jpg

失敗しました。


星1つです。

コンビニ昼食の採点は、以下のとおりとします。

★★★★★ 超満足!
★★★★  かなり満足
★★★   まあ普通っス
★★    う、ぬぅ・・・
★     失敗しました 


コンビニ食については、私はセブンイレブンにばかり行っています。
たまには他のコンビニ食も試してレポしてみようとばかりに、今回はわざと敢えてファミマに行ったのですが、やはり「予想通り」、満足&納得のチョイスには至りませんでした。

と・ほ・ほ。。。。。。に、ございまする。





★番外編★

この記事へのコメント