検索小僧ちゃんねる(2021年版)⑤転がる石には苔が生えぬ

検索するまでもなく頼んでもいないのに、スリムちゃんが興味ありそうな記事を勝手に絶え間なく、スマホに送り付けてくる「Googleおやじ」

先月(2021年8月)お亡くなりになったザ・ローリング・ストーンズのドラマー「チャーリー・ワッツ先生」関連の記事が、今も毎日のようにストーンズファンの私のスマホに送られてきます。

【関連記事】
“ストーンズ” チャーリー・ワッツさん 日本メディア最後のインタビュー
【動画出典;TBS NEWS より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】

今から5年前の2016年、当時75歳のチャーリー先生が日本のTV局のインタービューに応じておられます。
「観客を自分が叩くドラムで踊らせる、自分にとってはそれがすべてだ。」byチャーリー・ワッツ。。。
ミック・ジャガー、モンティパイソンをディスる
【動画出典;Hiro Ishi より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーとチャーリー・ワッツが、復活した英国の伝説のコメディ・グループ、モンティ・パイソンのライブ・ショウを宣伝する寸劇に出演した。

モンティ・パイソンがロンドンのO2アリーナで10公演を開くことを知ったジャガーが

「モンティ・パイソン? まだやってるのか?」
「誰がまた観たいっていうわけ? 1960年代は面白かったけど」
「皴だらけの年寄りが第2の青春を謳歌して金儲けしようってわけだろ。一番良かったやつは何年も前に死んでるじゃないか。まあ、1970年代は素晴らしかったよ。最高に面白かった。でも、俺たち、もう全部見てるじゃないか。YouTubeに出てるだろ」

などと不平不満を漏らすという内容。

ミックはその後、「明日の夜の予定は?」との問いに
「Let's Spend The Night Together」
「Get Off Of My Cloud」
「(I Can't Get No) Satisfaction」
などストーンズの曲名を交えて返答。

最後に「Dead Parrot Sketch(モンティ・パイソンの有名なスケッチ)は?」と訊かれると、満足そうに「ああ、Dead Parrot Sketchだ」と答える。

【出典;BARKS記事(2014.7.1) ザ・ローリング・ストーンズ、モンティ・パイソンの寸劇に出演 より、引用させていただきました。】 


ウイキペディアによりますと、モンティパイソンはイギリスの代表的なコメディグループで、活動時期は1969年 - 1983年とのこと。
ミックとチャーリーが出演したミニ寸劇は、約30年ぶりに復活したモンティパイソンのライブショウの宣伝だったようです。
この寸劇で面白いのは、ミックのセリフ「奴らはまだやってるのか?」「皺だらけの年寄りの第二の青春かよ」「全部youtubeで観れるだろ」が、すべてミックやストーンズに当てはまる「自虐ブーメラン」になっていることですね。
しかもご丁寧なことに、「コンサートのリスト3曲がすべて60年代の古い曲」とは・・(苦笑)

た・だ・し。。。。で、ある。

この寸劇のハイライトは、1:05頃にミックが「誰もが見たネタなんか、youtube観とけば充分だろ」と言った時の、チャーリーの反応ですよね。
チャーリーは無言ですが、眉を動かしてミックを呆れたように見つめています。
「それをオマエが言うかよ。俺ら(ストーンズ)も全く同じだろ」と、言わんばかりに(笑)

ちなみについでに、寸劇の最後にミックが触れる「死んだオウム」についてのコントは下記の動画で楽しめます。


モンティ・パイソン【吹替&字幕:32】
踊るヴィーナス~ 死んだオウム

The Rolling Stones - (I Can't Get No) Satisfaction
(Live- Ireland 1965)
【動画出典;ABKCOVEVO より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】

今から56年前(!)の1965年。
ストーンズで1番有名であろう「サティスファクション」のライブです。
正に「疾走」、若さ溢れるメンバーと、チャーリーのドラムでございましょう。
The Rolling Stones - Start Me Up - Official Promo
【動画出典;The Rolling Stones より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


今からちょうど40年前の1981年秋に発売されたアルバム「TATOO YOU」(邦題、刺青の男)の1曲目、スタート・ミーアップ。
ストーンズはこのアルバムを引っ提げて、1981年全米ツアーを敢行しました。
前年の1980年12月に元ビートルズのジョン・レノンが銃で撃たれて殺害された記憶も生々しいこの時期に、何万人ものコンサート会場で連日身をさらすミック及びストーンズに、当時大学1年だった私は大いに勇気付けられましたし、実際このアルバムはレコードで、カセットテープで、正に擦り切れるほど聞き込んでいる「青春の1枚」であることは間違いないのです。
さて、このスタートミーアップは、まずは何と言っても冒頭0:05のドラムのスネアの音に注目でございましょう。

スコン!

このスネアの1音1打のみに突き抜けるようなエコーがかけられており、目覚めを促すかのような1980年代の始まりを告げる合図であったともいえるでしょう。

そしてこのスタートミーアップでは、上で貼ったモンティパイソンの寸劇でも見られる「チャーリーの顔芸」にも注目です。
動画にみられるように、ボーカルのミックとギターのキース&ロニーの「前面3人組」は、正にヘンタイ&バケモンと言っていい、はしゃぎぶり&暴れっぷりでございます。
動画2:25頃、そんなヘンタイ3人組を「やれやれ、全く困った奴らじゃ」と苦笑&呆れた表情で見つめ、「のお、ビルさんや?」とベースのビル・ワイマンに同意を求める、我らがチャーリー先生の表情が堪りませんワイヤwww
The Rolling Stones - Flip The Switch - Live OFFICIAL
【動画出典;The Rolling Stones より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


チャーリーのドラミングは特徴的である。

通常のドラマーは8ビートではハイハットを連打し続けるが、彼の場合はスネアドラムのサウンドをより鮮明に浮き立たせるため、左手でスネアを叩く時はハイハットを叩かない(ただし、曲によっては連打する場合もある)。
"省エネ奏法"と呼ばれるこのプレイスタイルこそがストーンズ独特のグルーヴを生み出しているという声も数多い。

左側(向かって右)のクラッシュ・シンバルにチャイナ・シンバルを使っているのが特徴的。

【出典;フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』チャーリー・ワッツ より、抜粋引用させていただきました。】

The Rolling Stones - Waiting On A Friend - OFFICIAL PROMO
【動画出典;The Rolling Stones より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】


>恋したり傷ついたりは、若い奴らのゲームだろ。
>俺は女を待っているんじゃない、友達を待っているんだ。
>哀しみは笑顔で癒される・・覚えておいてほしい。
(意訳・・スリム鳴造( ノД`)…)

スタートミーアップ同様、1981年のアルバム「刺青の男」に収録されていたナンバー「Waiting On A Friend」
邦題は、ずばり「友を待つ」です。

1963年、私が生まれた年にデビューして58年間ずっとストーンズのドラマーであったチャーリー先生。
そしてそして、共に仕事仲間として共に齢を重ね刻んできた、ミックとキース・・・・

A rolling stone gathers no moss.・・・・・
転がる石には苔が生えぬとは、よく動き、働く人が生き生きしていることのたとえ。
また、仕事や住居を転々としている人は、成功せず、金もたまらないことのたとえ。

バンドの盟友チャーリー・ワッツがいなくなったストーンズですが、2021年秋の全米ツアーは、当初の発表どおり開催される予定のようです。


ドラマーのチャーリー・ワッツさんが24日に英ロンドンの病院で安らかに息を引き取ったことを発表した英ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズが、今秋に予定している北米ツアーを予定通り行うことが明らかになった。

ワッツさんは今月初めに受けた手術からの回復に時間がかかるとし、ツアーを欠場することを生前発表しており、自身に代わってアルバム「ダーティ・ワーク」(1986年)に参加したことがあるスティーブ・ジョーダンを代役に指名していた。

ワッツさんは自分抜きでツアーを敢行することを望んでいたことから、キャンセルすることは望んでいないと考えたメンバーたちは、その意思を尊重し、ワッツさんのためにもツアーを予定通り行うことを決めたと英サン紙が伝えている。

【出典;日刊スポーツ2021年8月28日より、引用させていただきました。】


The Rolling Stones - 2021 US Tour
(Rescheduled Dates + New Shows)
【動画出典;The Rolling Stones より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】





インターネット創成期からの2ちゃんねらーにして、狂気&狂喜の検索好きマニアの私「スリム鳴造」

このシリーズは、その時その時に関心を持った話題などを検索して自分用として取り上げる、引き籠り内向き陰キャな特集「2021年版」です。



検索小僧ちゃんねる(2021年版)

     ↑ 
⑤転がる石には苔が生えぬ   
     ↓

この記事へのコメント