スリムちゃん特製マスク【11】息苦しさ減少「トレーニングマスク」

『生きる』(いきる)は、1952年に公開された日本映画である。
監督は黒澤明、主演は志村喬。
無為に日々を過ごしていた市役所の課長が、胃癌で余命幾ばくもないことを知り、己の「生きる」意味を市民公園の整備に注ぐ姿が描かれている。

【出典;フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 生きる(映画)より、抜粋引用させていただきました。】


名優、志村喬先生が演じた「平凡な市民課課長、渡辺勘治」
オノレの余命幾ばくも無いことを知った渡辺課長が、貧しき市民たちからの「衛生環境の悪い沼地を整備して公園を造っていただけないか」という、市役所の各部署でたらい回しになっていた陳情を引き取って、公園整備に余命を賭けるという、黒澤明監督で1952年(昭和27年)公開の感動的な映画でしたね(ノД`)・゜・。

映画「生きる」公開から69年後・・・・
2021年(令和3年)7月のある日。
市民の憩いの場として、ちびっ子たちの遊び場として整備されている公園。
スリムちゃんマスク⑪ (6).jpg
ロックバンド「クイーン」のTシャツとヨレヨレのGパン姿で、突如現れた御仁・・・
スリムちゃんマスク⑪ (7).jpg

スリムちゃんマスク⑪ (12).jpg
どうやら、この御仁は「市民による公園の一斉清掃」に参加しているようだ。
草刈り、ゴミ拾いなどの作業には加わらず、たった一人、砂場に拘る御仁・・・
その気迫?に誰も近づかないが、高齢の女性からは感謝と激を飛ばされているようだ。
一体、何ヤツなのだろうか???
スリムちゃんマスク⑪ (2).jpg


とりあえず、声をかけてみましょう。
いよお!!!
【動画出典;るみ横井さんチャンネルより、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】
その御仁の正体は・・・・・
我らがブログ主、スリム鳴造(58)!!!!!
「この場所は、ワシがキレイにしてみせる」
誰ぁ~れも頼んでもいないが、一斉清掃のときには毎回「砂場整備」に拘っているようだ。
スリムちゃんマスク⑪ (3).jpg
そんな頑固なブログ主が付けているマスクとは?
スリムちゃんマスク⑪ (8).jpg


ゴゴゴゴゴ.jpg


トレーニングマスク!!!!!
スリムちゃんマスク⑪ (10).jpg
頂きもののマスクです。
何でも「ゴールドジム」が店頭で販売しているトレーニング用マスクらしいです。
スリムちゃんマスク⑪ (11).jpg
今回は公園清掃という軽肉体労働作業中に付けましたが、ランニング中でも息苦しさが少なく、耳も痛くならずマスク装着感も軽いので、汗をかきやすい運動や屋外作業において、夏向き快適マスクにござりましょう。
スリムちゃんマスク⑪ (9).jpg
人々の安らぎや憩いの場所として、そして子供達の安全な外遊びの場所、地域住民の交流の場、災害時の避難場所となるなど多面的な機能を有している「公園」・・・・
これは昭和、平成、そして令和、さらに次の時代の人々への「財産」として大切に引き継いでいきたいものでしょう。
そうであってこそ、「生きる」の主人公「渡辺課長」も浮かばれるものでありましょう。
ミュージカル『生きる』2020 ストーリー動画
【動画出典; ホリプロステージ Horipro Stage より、共有埋込コードにてリンクさせていただきました。】



この記事へのコメント