【関門越え】スリムちゃん九州上陸!!②テールラーメン直撃!!

2泊3日の「九州食いまくれるか?ツアー」

初日は、昼食がコンビニのサンドイッチ、夕食はビジネスホテルの豚生姜焼き定食と、九州に関連した食事にはありつけませんでした。
2日目の昼食は???

gogogogo横.jpg

テールラーメン「たのしや」
九州上陸 (7).jpg

【福岡市東区東区松島3丁目34−26】


午前の仕事が順調に終わったので、混まない内に早めの昼食を頂くことになりました。
しょっちゅう福岡に出張していてご当地の美味しいお店を何店も知っている人から「美味しいラーメンでも食べましょうか」と、お声がけいただきました。
ただし、その詳しい方は「あ、でも豚骨ラーメンじゃないですよ」と付け加えられました。

そして訪れたのがコチラ「テールラーメン;たのしや」さんです。

メニュー表を見てスリムちゃんがチョイスしたるのは・・・・・
ゴゴゴゴゴ2.jpg
ゴゴゴゴゴ2.jpg
ゴゴゴゴゴ2.jpg
海老テールラーメン
九州上陸 (8).jpg

私にとっては初めて経験するであろうテールラーメンなるラーメンとは一体どんなお味なのであろうか?
まず見た目は、私が先入観を持っている「博多ラーメン」のイメージ、すなわち「白濁とんこつスープ」および「色の薄い細麺」からは遠くかけ離れている感じです。
まずは一口、レンゲでゴマの浮かんだスープを啜ってみましょう。
ズズズ・・・・
ズズ、ズズッ・・・・・

ん!
スープの第一印象は「慈悲ある優しさ」
つまり、甘いけどくどくないサッパリした味なれど、我が舌の直感では多種な「素材そのもの」がじっくり溶け込んだ旨味が一体化している感じです。
化学調味料のような尖った味はなく、牛テールや海老などの色んな素材がそのまま素直に投入され、それがじっくりゆっくり熟成後に見事に一体化したからこそ「「丸みを帯びた味わい」、すなわちそれが「慈悲ある優しさ」の源泉でございましょう。

次に、ややちぢれ気味な平ら目な麺をテールスープとともに啜る!!!

チュル&ズズルゥ・・・・・
ズ・ズ・ズズルズル!!!!
シコシコ、もちゃもちゃ・・・


こ、これは!!!!!
これまで経験したことのない新たな味です。

シコシコもっちりしており噛み応えが楽しめる存在感ある麺と、それをガッチリ/シッカリ/キッパリと絡んでいく優しいけどコクのある極上スープ。

この「しっかり麺」と一体化するには、白濁豚骨スープは馴染まないでしょう。
また「サッパリ甘めスープ」と一体化するには、ストレート極細麺では役者不足でしょう。

つまり、この「たのしや」さんのテールラーメンは、「この麵(スープ)にして、このスープ(麺)あり」・・・

詳しい福岡のラーメン事情は全く知りません。
た・だ・し。。。。で、ござろう。

たのしやさんで頂いた「豚骨系ではない博多ラーメン」は、衝撃的な美味さと共に出会ったという、私個人にとって「新しい博多ラーメン」でございました!!!

あ   っという間に麵を完食し、美味すぎるスープも一滴も残さず全部飲み干したことは言うまでもありません。



九州上陸 (9).jpg


九州上陸 (10).jpg

昼食後に次の調査地点に行って休憩していると、飛行機がかなり間近な上空を着陸態勢で頻繁に飛んでおりました。
福岡は空港が市街地にあるので、空の便も非常に便利が良い街ですね。
さて、2日目の仕事も無事に終わり今日の宿泊先へ向かいました。
本日泊まるビジネスホテルは、何と団体などを中心に満室状態でロビーにも人が多く、併設のレストランも夕食時にかなり密になりそうな雰囲気です。

チェックインして少し部屋で休んでいたら時刻は早くも6時過ぎ。。。。

緊急事態宣言下では酒類を提供する飲食店は全店クローズしておりますので、今宵の夕餉&晩酌はホテル近くのコンビニで買って、早々と自室に引きこもりました。。。。
ビジホひとり飲み.png


リラックスした夕食をご当地の美味しいお店&グルメ&お酒で味わうことができるのはいつの日か・・・・

さ。
明日はいよいよ出張3日目。
午前中に仕事が終わって昼食を頂いて帰路につく日程になっています。
最終日の昼食は、どんな九州モノを味わうことができるのでしょうか????



【関門越え】スリムちゃん九州上陸!!

             ↑
②テールラーメン直撃!!
     ↓

この記事へのコメント