コンビニ商品で昼食を (5)焼さけハラミおにぎり+チリビーンズ+サラダチキン

コンビニで購入した「昼食」をご紹介して、感想を書き連ねる当シリーズ。
昼食チョイスのポイントは、おおまかに

・たんぱく質20g以上、食物繊維10g以上
・なるべく食材そのもので構成されている商品
・金額はなるべく安いものをチョイス

1日のたんぱく質推奨量.png

食物繊維摂取量.jpg

今回は第5回目。
ローソンに行きました。

ローソン ロゴ.jpg

●金しゃり焼きさけハラミ(おにぎり)
●大豆ミートのチリビーンズ
●サラダチキンスティックバジル
コンビニ昼食5 (1).jpg

「高たんぱく質&高食物繊維」そして「なるべく加工過程の少ない食材そのもの」でチョイスしたい今シリーズの「コンビニ昼食」

セブンイレブンですと、商品名、栄養量、パッケージ、ラベルなど、商品をさっと見ただけでどんな内容なのか、すみやかにイメージ&確認できるように、とても分かりやすく工夫されていますが、これがファミマやローソンの場合は、そう簡単にはいきません。

今回もご多分に漏れずローソンの店頭で「なるべく加工過程の少なそうな、たんぱく質&食物繊維メインの組み合わせ」を大いに探しに探し、多いに悩みに悩みました。
該当の組み合わせチョイスにかなり難航したので、途中で諦めて「弁当1品」にしようかと思いましたが、コンビニ弁当の場合はどうしても「揚げ物たっぷり、練り物添え、野菜ちょっぴり」になってしまいます。
かなり長い時間をかけて、今回は「おにぎり、豆、サラダチキン」という3品構成と相成りました。

んじゃ、さっそく各商品の原材料表示と栄養成分表示を確認していきましょう。


●「金しゃり焼きさけハラミ(おにぎり)」
コンビニ昼食5 (2).jpg
商品名称は「おにぎり 金しゃり 焼さけハラミ」の表示です。
原材料は・・・
・ご飯
・さけ塩糀漬焼
・海苔
・塩
・・・で、構成されていました。
原材料名は、使用した重量の割合の高い順に表示されています。
この商品は「ご飯」以下、4つの原材料で構成されたシンプルなおにぎりでございましょう。
なお、調味料等は、アミノ酸等、㏗調整剤となっています。

コンビニ昼食5 (4).jpg
食物繊維確保のため、もちろん「もち麦入り、または玄米」入りのおにぎりを探しましたが、私が今回訪れたローソン店頭には1個も1種類も置いてありませんでした。
しかし、私は冷静でした。
なぜなら「玄米おにぎり」は別として、もし「もち麦入り」入りのおにぎりがあったとしても、ローソンでは含有される食物繊維量が極めて少ない事を体験的に知っているからです。
今回は穀物(おにぎり)での食物繊維確保は諦め、「さけハラミ」がたっぷり入っているっぽい同商品の「たんぱく質;6.6g」に注目してチョイスすることにしたのです。
また、何と言っても「鮭たっぷりのおにぎり」は、美味しいにちがいありませんので、かなり食欲そそられましたね。
●「大豆ミートのチリビーンズ」
コンビニ昼食5 (5).jpg
商品名称は「そうざい(チリビーンズ)」の表示です。
原材料は・・・
・ダイストマト(トマト水煮、トマトジュース)
・玉ねぎ
・ゆでレッドキドニー
・トマトケチャップ
・ゆでひよこ豆
・ゆで大豆
・コーン
・植物油
・粒状植物性たん白
・香辛料
・おろしにんにく
・食塩
・チキンコンソメパウダー*
(*含有材料は多すぎて省略;筆者注釈)
・レモン果汁

・・・で、構成されていました。
原材料の数がかなり多い加工商品ですが、ま、これはこの「チリビーンズ」という料理がそういうものなのでしょう。
この商品をチョイスした理由は、なるべく「肉以外の植物性たんぱく質」も組み合わせに取り入れたいという思いからに過ぎません。

コンビニ昼食5 (6).jpg
たんぱく質および食物繊維がそこそこ確保できています。
ただ、前述したように「多種目の原材料や調味料、パウダーで構成された超加工食品」なので、「なるべく加工過程の少ない商品」という選択ポイントとしては失格ですね。
しかし、たんぱく質と食物繊維を同時に確保するためには、植物性たんぱく質である大豆が入った商品の選択肢において、ほぼこの商品しか該当がなかったという、消去法によるチョイスとも言えます。
●「サラダチキンスティックバジル」
コンビニ昼食5 (11).jpg
商品名称は「食肉製品(サラダチキン・バジル)」の表示です。
原材料は・・・
・鶏肉
・食塩
・オリーブオイル
・粉末卵白
・チキンエキス
・ゆで大豆
・バジル
・白胡椒
・・・で、構成されていました。
なお、今回チョイスしたサラダチキンは「スティック状」であり、内容量が通常のサラダチキンの約半分、60gでございます。
コンビニ昼食5 (10).jpg
どこのコンビニでも、たんぱく質量を確保するためにはサラダチキンのチョイスが悩まずに済み簡単ですが、今の私はなるべくサラダチキンに頼らずにたんぱく質量を確保したいとの思いもあります。
・・が、しかし、今回の組み合わせでは既に選択した「おにぎり+チリビーンズ」の2品でたんぱく質量が12.2gであり、目標値の20gに8gも不足していました。
かなり悩みましたが、結局サラダチキン以外に「高たんぱく低脂質」の商品も見当たらず、消去法によるチョイスとなりました。

実食タぁ~イム!!!

お待たせいたしました、今回の昼食トリオを頂いてみましょう。

●「金しゃり焼きさけハラミ(おにぎり)」
コンビニ昼食5 (12).jpg
袋を開けた瞬間、海苔の香りが懐かしい食欲を思い起こします。
「何で海苔の香りで懐かしい食欲そそるんだよ?」とお思いの読者さんもいらっしゃるかもしれません。
実は私、ここ数年「海苔巻きおにぎり」をほとんど食べていなかったのです。
厳しい糖質制限をしていた頃は、白米どころか穀物自体食べていませんでしたし、糖質制限から足を洗った後も、「海苔が巻いてない、もち麦または雑穀米入りおにぎり」がメインだったのです。


コンビニ昼食5 (13).jpg
スリム鳴造「ん~!!!う、美味い!(感涙)」

うす塩味のたっぷり焼さけハラミが、一粒一粒宝石のように輝く金しゃりとマッチして絶品の美味さです。
海苔もパリパリではなく「しっとり」なので、もう、米+鮭+海苔がデリシャス・トライアングルと化しております。
●「大豆ミートのチリビーンズ」
コンビニ昼食5 (7).jpg
3種のお豆がしっかりゴロゴロ入っていて、酸味&旨味&辛味が程よくミックスされたチリトマトソースと相性もバッチリ。
美味しく頂きましたが、じゃ、またリピートしたいほど夢中になって食べたかと言うと、そこまでではなかったです。
●「サラダチキンスティックバジル」
コンビニ昼食5 (9).jpg
サラダチキンと言うよりも、「チキンソーセージ」とでもいいましょうか、スティック状なので液だれに注意しながらも食べやすい商品です。
バジルの風味が効いていますし通常のサラダチキンの半分量ですので、飽きも来ないであっという間に食べられる美味しさです・・・が、あれっ????


コンビニ昼食5 (8).jpg
な、ナ、na、NA、名、奈、な、何と!!!
元々糖質がほとんどゼロである「お肉」の商品で、何と何とワザワザ「糖質0.4g」と低糖質のドヤ文字が踊り、そしてその横には「例の」山田悟医師主宰の「ロカボ野郎」がドヤ顔で表示されていました(大苦笑&困惑笑)
「見てみて!ローソンのサラダチキン食べたら、糖質制限できるよ!」と、言わんばかりに(大嘲笑)
この「大マヌケな商品アピール」には、少々では動じない私スリムちゃんも、もう呆れと諦めを通り過ぎて放置の心境に至りました。

しかし・・・・・う~ん・・・
訴求シール貼るなら、この商品は肉なので「たんぱく質量12.7g」と消費者に提示すべきでしょう。
「普通のサラダチキンより半分の60gですが、たんぱく質量は12.7gですよ」・・・と。
サラダチキンなら、内容量が120gでも60gでも何gでも糖質は「ほぼゼロ」でしょうにw
なぜ、ローソンは「もともと糖質がゼロに近い肉商品で、なぜ、わざわざロカボ(低糖質)を訴える」のか?
確かに、「何が何でも糖質が少ない事がヘルシーなんだ」と、勘違い/論外/見当違い/お門違い/場違い/大間違い/な消費者が未だ一定数いることは間違いないでしょう。
でも、「肉商品」に「低糖質」を訴えるという「大マヌケなアピール」をしてしまっても何ら恥と感じない事自体が、周回遅れで「低糖質」や「ロカボ」に頼らざるを得ないローソンというコンビニに対して、目が肥えつつある令和の消費者が今後どう評価していくのであろうか。
だって、だって、だって、「肉はほぼ糖質ゼロ」なのは当たり前なのだから・・・・・・・
パンのように炭水化物メイン商品であれば「ブランパン」みたいにロカボシール貼って低糖質をアピールするのは分かります。
アーモンド&くるみ&ヘーゼルナッツを「ロカボナッツ」として低糖質をアピールするのも消費者にとってお役に立つでしょう。
しかし、どうして、なぜ、なぜ、なぜ、「サラダチキンにロカボシール貼る」のか、本当に訳わかりません。
そもそも糖質ほぼゼロが分かっているサラダチキンに、わざわざ「ロカボ商標シール」貼ることで幾らかのロイヤリティー料が商品価格に上乗せされているとしたら、消費者にとって不利益でございましょう。
Lawson本部の中の人は、本当に何とも感じられないのでしょうか・・・不思議であります。

結局、ローソンって「炭水化物が人類を滅ぼしたり早死にすると喚く老害ブサイク医師達がけん引してきた古臭い時代遅れで、食物繊維や腸内細菌の役割を完全スルーした平成糖質制限ストーリー路線」を、令和に入って3年も経過した今も、未だ引きずっているのがヘルシー志向の消費者に対する戦略なのか、とのスリム鳴造の感想です。
さぁて!
今回のコンビニ商品での昼食、ローソンの・・・・
「おにぎり+チリビーンズ+サラダチキン」の満足度の点数は・・・・・
ゴゴゴゴゴ.jpg

まあ普通っス
★★★
星3つです。
コンビニ昼食の採点は、以下のとおりとします。

★★★★★ 超満足!
★★★★  かなり満足
★★★   まあ普通っス
★★    う、ぬぅ・・・
★     失敗しました  


3品合計の栄養成分は、「たんぱく質24.9g、脂質6.8g、糖質47.6g、食物繊維6.4g」でした。
たんぱく質20g以上確保できましたが、食物繊維は目標の10gには至りませんでした。
価格は3品合計で564円でした。
(おにぎり198円、チリビーンズ228円、サラダチキン138円)
今回は、「さけハラミおにぎり」の美味しさに夢中になりましたが、その他総菜やサラダチキンがまあまあという感じでした。
価格が比較的抑えられた点は良かったですが、カロリーが363㎉と少なかったせいもあるのでしょう、腹持ちが良くなかった点がマイナスと言えましょう。



次回の「コンビニ昼食」は、どこのコンビニのどんな商品が登場するのであろうか???
お頼染みに。。。で、ございます。か?



コンビニ商品で昼食を

       ↑
(5)焼さけハラミおにぎり+チリビーンズ+サラダチキン
        ↓

この記事へのコメント