ふらり外食【2021】食いまくり ④甘辛旨辛チーズタッカルビでかっ飛ぶび!

どどぉ~ん!!!

チーズタッカルビ

降臨!!!
ふらり外食2021④  (1).jpg
タッカルビと言えば、鶏肉と野菜を使った韓国の焼肉料理です。
そう、今宵「スリムちゃんブログ」が来店したるは・・・・

ゴゴゴゴゴ.jpg

韓国家庭料理「ととり」
ふらり外食2021④  (6).jpg
ふらり外食2021④  (8).jpg

広島市東区牛田早稲田1丁目8−1
(牛田旭バス停、徒歩1分)
ジュージュー沸々・・・・・
鉄鍋が煮えてきたで。
これから何かが起こりそうじゃわいャ!!!
ふらり外食2021④  (2).jpg
ん~!!!
甘辛ピリ辛の極上垂涎のタレに、トロ~リのチーズが鶏肉野菜に絡み愛&馴染み愛で美味いこと、この上ないっス!!

ブイーン!ブイーン!(喉ごし音)

ビールが音速に近い猛スピードで進んでまいります。。。が、しかし・・・・
しばしビールは降車して乗り換えです。
次のお供の酒は・・・この御仁だ!!!
ぷっ はぁ~。
う、美味いっ!!!
マッコリ
ふらり外食2021④  (4).jpg


マッコリ(막걸리)とは、朝鮮の大衆向け醸造酒の1つ。
日本のどぶろくに相当する。
仮名表記では、マッカリ、マッコルリとも書く。
マッコリは米を主原料とするアルコール発酵飲料で朝鮮半島の伝統酒の一種。
アルコール度数は6-8%程度で、同じく米を主原料とするが段仕込みと割水を経る日本酒、にごり酒の半分程である。
麹により糖化された米の強い甘味(甘味料の甘味の場合もあり)があり、またタンパク質やビタミン類に富む。
乳酸醗酵により雑菌の繁殖が抑えられる点は日本酒と同じであるが、一般にマッコリでは乳酸菌飲料のような微かな酸味と炭酸発泡の味がより顕著である。
醗酵を止めていないものも多く、醗酵の進み過ぎたマッコリは酸味と炭酸が強烈になる。
生マッコリは劣化が早いので長期保存が不可能である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』マッコリ より、抜粋引用させていただきました。】



さ・ら・に。。。。。で、ある。

ゴゴゴゴゴ.jpg


キムパッ
ふらり外食2021④  (3).jpg

キムパプ(김밥)は、海苔で米飯を巻いて作る日本由来の韓国料理である。
元々はノリマキと呼ばれていた。
キムは「海苔」、パプは「ご飯」の意。
酢飯ではなく米飯と生魚以外の多種類の具材を用いて、ごま油で味付けするのが特徴である。
キムパ、キンパと呼ばれる事もある。

【出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 キムパプ より、抜粋引用させていただきました。】


ふらり外食2021④  (5).jpg

ん~、夢中になって食べましたが、酔っぱらていたので中の具材は詳しくチェックせず。
画像を見てみると多種類の具材で巻いてあるので、栄養もたっぷり入っているようですね。
日本の酢飯巻き寿司も美味いですが、韓国海苔で巻いたこちらのキムパッも美味すぎて2個3個とどんどん口内に吸い込まれていきます。
やはり、米などの穀物を使ったメニューは、日本でも韓国でもアジアでも、いいえ、世界中の人類にとって大切な食べものでございましょう。

ややもすれば・・・・
   ↓
「ご飯は角砂糖17個分だから食べたら危険だ!」
とか、
「炭水化物が人類を滅ぼすんだ、早死にするんだ!」
とか、
「主食を食べたら病気になります!!」
とか、
ヒンヒンメソメソと泣き喚いてネチネチウジウジと主張している日本の糖質制限推進派センセ方の、哀れで愚かな主張は、世界中のどこへ行っても受け入れられる事はないでしょう。

日本でも韓国でも、その他すべての国において米や麦などの穀物は人類の味方でございます。

お   っと、ドッコイ&ドスコイ&サアコイ!
韓国濁り酒「マッコイ」もぐいぐい呑んでおります。

甘辛&ピリ辛&旨辛のチーズタッカルビに、たんぱく質ビタミン乳酸菌タップリ&ズッシリはいったマッコリに酔いしれて、さらに具沢山の韓国巻き寿司を舌鼓!!!

大満足のディナーとなりました!!!

ご馳走さま。。。。で、ござる。


ふらり外食【2021】食いまくり

     ↑
④甘辛旨辛チーズタッカルビでかっ飛ぶび!
     ↓

この記事へのコメント