★釜夏物語(ボクの糖質制限狂時代)★第2話★「クソデブ」 

「えぇ~っと・・・・・石では、ないですね・・・」

・・・2016年7月中旬。

ここは真夜中の総合病院、救急診療。
若い医師の診療の見立てだ。
医師はマウスを片手に、緊急患者の「血液検査の結果票らしき紙」と、「映し出された腹部エコーのモニター」を交互に見ている・・・

点滴を受けながら診療台に寝かされた、痛みと戦いぐったりした緊急患者の男が、診療結果を聞いている

・・・・・その、お・と・この名は!


「メタボ豚造(´(00)`)」・・・身長174cm、体重85㎏、当時53歳。の、私。

この日私は、就寝前のキリキリした下腹部の激痛が収まらず、その症状から、直近11年の間に2回発症していた「尿路結石」であろうと自己判断し、強い痛みのため自分では運転が出来ないので自家用車の後部座席に横たわったまま、妻の運転で夜間緊急診療の病院に現われたのであった。


イラストレーターもねこさん.jpg


若い医師 「えぇ~っと・・・・・石では、ないですね・・・」

メタボ豚造「ええっ?先生・・・っ。い、石ではないとすると、うっ、じゃ一体あの激痛は、何の病気・・」


点滴が効いて痛みはほぼ収まりつつあったものの、告げられた診療結果は、これまで発症していた尿路結石ではないというものであった。

つまり、他にもっと重大な、健康や今後の人生に決定的な疾患なのか・・・

一瞬で恐怖と不安に陥っていた・・・・・


メタボ豚造「い、石ではないとすると、うっ、じゃ一体あの激痛は、何の病気なん・・」


「・・・ですか?」

と、豚造が言うより先に・・・医師が答えた。


若い医師 「・・・う~ん。何でしょうか。普段行きつけの病院で、一度詳しく診てもらったら如何でしょうか?」

メタボ豚造「あ、あの・・・センセ・・痛みの、げ、原い・・ん・・は一体・・」

若い医師「それでは私は、これで!」(ピシャリ!)

メタボ豚造「・・・・(´(00)`)・・・」 
imacvery さん.jpg

ここは次から次へと緊急患者が運ばれてくる夜間救急診療。

容態の悪化した重篤な患者も多いはずだ。

高齢者や小さな子供のような体力の劣る患者であれば、一刻を争う、緊急医療の戦場なのだ・・・。

高齢者でもなく緊急疾患でもない、クソデブとは言え、痛み止めの点滴を打ったら回復した、壮健な50代の男(メタボ豚造)にいつまでも関わっている暇など、ないのだ。

残り少なくなった点滴液に繋がれた私(メタボ豚造)を残し、若い医師は、次の患者への対応のためか、踵を返してすばやく立ち去っていった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・


実は「謎の腹部激痛事件」から遡ること、約10日前・・・・


「え?嘘じゃろ!!??」


スーパー銭湯で、体重計に乗った私が思わず心の中で発した驚きの声である。


「87kg」


人生最重量を記録していた!


身に着けているものは眼鏡のみ。

パンツさえはいていない、入浴中は敢えて水分を取らなかった。

サウナには2回入った・・・・

にもかかわらず・・・で、ある。

もう一度、カラダを念入りに拭いた。

そして、焼け太りにデブ・・もとい、焼け石に水であろうが、眼鏡も外した!

・・・が、しかし!


「87kg」



体重計に乗ったブタ.jpg

 そして、その後すぐに「深夜突然の激痛を伴う腹痛により夜間緊急診療行き」という厳しい現実を突きつけられる事となったことは、既にご承知であろう。


これらの事態に恐怖を感じ同時にすっかり意気消沈した私は食欲が減り、今から振り返ると結果的に大幅に食事量を減らす「カロリー制限」を既に行っていた。

さすがにマズいと危機感を持ち、身体に良くないと当時でも分かっていた「甘いもの」、つまり、菓子パンや加糖コーヒーなどの間食をやめた。

そのようなカロリー制限(食事摂取量を大幅に減らした)を行っていた状態で、8月4日の糖尿病診断を迎えることとなったのである。


スーパー銭湯の体重計で計測した2016年7月上旬の体重が87㎏。
そして、病院で「糖尿病です」と言われた数日後の「糖質制限開始時」の2016年8月上旬の体重が約83㎏なので、1か月間で「糖質制限を知る前の、カロリー制限」で既に約3~4㎏ほど減量していたことになる。

この当時は全く意識していなかったが、糖尿病発症前のこの「減量経験」が、糖質制限を理解したり受け入れたりして、狂気&狭気の如く全集中して取り組むモチベーションの土台になっていたのかもしれない。


続く・・・・・

【参照引用記事】





「炭水化物が人類を滅ぼす。糖質制限は驚異のダイエット法だ」などの主張は、正直言って人類史上最低最悪レベルのアタマの悪い戯言である。
しかし、当特集記事で語りたい問題の本質はそこではない。
糖質制限のメリット・デメリット以前に、「とことん糖質や炭水化物を悪者に仕立てた凄まじい煽りのエネルギー」は「多くの人々の人生を変えた」という話である。
つまり、人生を変えたり生活習慣を見直すためには、「極論」や「偏り」や「思い込み」が必要な人が多いのではないか?
釜池先生や夏井先生の著作やご発言に衝撃や影響を受けて、「糖質制限」というフレーズを通じて、オノレの人生を、健康を、見直して立て直していく起爆剤となった人も無数にいるのだ。

その中の一人に、間違いなく私も存在する。

当特集「★釜夏物語(ボクの糖質制限狂時代)★」は、賛成反対かかわらず”糖質制限”を通じて・・・・

「人生や健康について、一度立ち止まって考えなおすきっかけを作ってくれた」
「賛成反対含めて色々な広い考えを持つ事ができた、イマジネーションを掻き立てられた」

という意味での、糖質制限第一人者の釜池先生そして推進者の夏井先生について愛を込めて記事を書き進めていく物語です。
Shaka sign 1.jpg

釜夏物語(ボクの糖質制限狂時代)

   ↑
★第2話★「クソデブ」  
   

この記事へのコメント