【レシピ】★ネバトロ薬味だれ★【食物繊維の宝庫】

★ネバトロ薬味だれ★

今回は、水溶性食物繊維豊富な食材を使った、万能&有能な「ネバトロ薬味だれ」のレシピ大公開でございます。
冷奴にかけて良し、また、とろろや納豆とのコンビで腸内細菌さまにしっかりお届けして、私もアナタもヘルシーエブリデイに!


刻んで混ぜ混ぜするだけの、簡単シンプルなレシピなので、あなた様もどなた様もこなた様もトライ&クック&イートしてみてください。


【使用する材料】

・みょうが
・納豆昆布(刻み昆布)
・新生姜
・オクラ
(2020年9月) 薬味たれ (3).JPG

他に青ネギ、青じそなどの香味野菜を入れても、美味しさ&栄養UPできますよん。
お好みで試してみてチョ。


【作り方】

1.オクラの産毛を塩でこすり落とした後、各野菜を水洗いします。
(2020年9月) 薬味たれ (4).JPG



2.ぶんぶんチョッパー登場!!
(2020年9月) 薬味たれ (2).JPG



3.包丁でもOKですが、この容器を使うと簡単にみじん切りできます。
まずは、ざく切りにしたミョウガをぶんぶんチョッパーへ入れます。
(2020年9月) 薬味たれ (5).JPG



4.ぶんブンぶんブンぶんブンぶんブンぶんブン!
ひもを10回程度引っ張ると・・・
(2020年9月) 薬味たれ (6).JPG



5.ほうら、このとおり。
ミョウガが簡単にみじん切りされました。
(2020年9月) 薬味たれ (7).JPG



6.続いて、オクラも・・・・・
(2020年9月) 薬味たれ (8).JPG



7.オクラもみじん切り完了。
(2020年9月) 薬味たれ (9).JPG



8.みじん切りしたミョウガとオクラに納豆昆布を投入し、各具材が一体化するようにかき混ぜます。
(2020年9月) 薬味たれ (10).JPG



9.お水200㏄と白だし大さじ2杯を入れて、更にかき混ぜます。
水を入れることによって、オクラのネバネバが引き出されます!
なお、スリム家では茅乃舎の白だしを使っています。
(2020年9月) 薬味たれ (11).JPG


10.冷蔵庫に入れて、一晩程度寝かしたら完成です!
(保存は、冷蔵で3~4日程度) 



【ぶんぶんチョッパーとは??】




忙しい主婦の味方!!みじん切りがあっという間にできるベジタブルチョッパーです。
使えば使うほど手放せなくなるキッチン雑貨、一家に一台必須のアイテムです♪



【出典;有限会社ケイ・アンド・エーHP「ぶんぶんチョッパー」より抜粋して引用させていただきました。】



【調理例】

■冷奴とネバネバ薬味だれ
酢利夢ちゃん2020① (10).jpg
薬味だれと言えば、やっぱり冷奴だよね、ですよね!!

■十割そばのとろろと薬味だれかけ
0811 (4).jpg


栄養がしっかり摂れて、腸内細菌の皆さまにしっかりご馳走を召し上がって頂いて、僕や私のエネルギーや活力を生み出してくれる食材として、とろろ&オクラの相性は抜群です。
老けない秘訣ネバネバ食材.jpg
【画像出典;TV朝日HP「林修の今でしょ講座;『老けない秘訣ネバネバ食材!とろろ&オクラ&昆布3時間SP』より転載および共有させていただきました。】


新鮮野菜を使った薬味だれ・・・
山形県では、そのものズバリ「だし」という郷土料理があるそうです。
【出典;農林水産省HP「うちの郷土料理」だし 山形県 より共有させていただきました。】


また最近では、オクラなどの「水溶性食物繊維」を、腸内細菌の皆さまにしっかりお届けできる、ヘルシーなコンビニ食品を見かけるようになりました。
下記画像のサラダは、オクラや野菜をだしジュレでよくかき混ぜて、/ねばネバ/ネバネバ/ネバネバ/ネバneba/ネバネバねばねばネバネバした状態で頂きますので、コンビニ食品でもしっかり食物繊維が摂取できます。
コンビニ弁当3(11).jpg

う。


シャキッとした歯ざわりと、やさしいとろみが魅力的なオクラは、水溶性食物繊維が豊富です。
コンビニ弁当3 (12).jpg
水溶性食物繊維には、ダイエット効果や血糖値の上昇を抑え、糖尿病を防ぐ作用があるといわれます。
これは、ネバネバのジェル状になった繊維が食物を包み込み、糖の吸収をおだやかにしてくれるため。
コンビニ弁当3 (13).jpg

【出典;文章画像ともに、スリム鳴造蔵書「NHKガッテン血糖値をラク~に下げる!」より引用転載】


腸内細菌の皆さんが元気になるように、しっかり大腸に「大ご馳走」を届ける・・・
それが毎日のスリム&ヘルシーの秘訣でございましょう(byスリム鳴造) 


「スリムちゃん♪まとめランド」に、●食物繊維●や●発酵食品●など、腸内細菌の皆さんにしっかりご馳走を召し上がって頂くシリーズがございます、ぜひお読みください。


この記事へのコメント