【コロナ】複合災害に備えて【風水害・猛暑・地震】④このご時世の台風対策

今、この記事を書いている2020年9月5日午前1時現在。
急速に発達した「台風10号」が、日本の南の海上を北寄りに進んでいます。
台風は今後さらに発達し、6日、沖縄地方と奄美地方に近づき、その後、7日にかけて、九州に接近、または上陸するおそれがあるそうです。
2020年9月4日台風10号、予想進路図、NHKWEB.jpg
【画像出典;NHKウエブより転載させていただきました】

これまで経験したことがない暴風大雨のおそれがあると報道されている「台風10号」・・・
ましてや、新型コロナウイルス感染症対策に配慮した避難行動も求められるこのご時世ですので、台風が近づいて暴風雨で身動きができなくなる前に、備えを進めておくことが重要です。

・・・と言いつつも、台風だ、コロナだ、密避けだ・・・いざとなるとこんがらがってどのように行動したら良いのか混乱しそうです。

今回は、国の関係官庁のサイトを参照にしながら、台風や大雨に対する備えと避難行動について、簡単ではございますが、少しまとめてみました。


1.非常用持ち出し品の点検
大雨や台風に備えて-16.png
【画像出典;気象庁提供】

災害備えリスト(首相官邸).jpg
【画像出典;首相官邸HP 災害の備えチェックリスト を転載させていただきました。】

避難の際に持ち出す物を用意しておくなど、今のうちにできる備えを。

台風コロッケ.jpg

【画像;2ちゃんねる名物「台風コロッケ」のAA】


2.ハザードマップの確認

ハザードマップポータルサイト.jpg

台風の進路にあたる地域の方は、自宅周辺のリスクを調べたり避難場所や避難を始めるタイミングを検討するために、ハザードマップを活用しましょう。


3.感染症対策を取り入れた避難場所の選択

避難場所の選択.jpg
【画像出典;NNNウエザーニュースHP「新型コロナと大雨災害 避難先の選択肢は」より転載させていただきました。】


4.防災気象情報の確認

大雨や台風に備えて-21.png
【画像出典;気象庁提供】

下記のリンク先などで、今後の台風情報に注意して、暴風や高波や土砂災害に警戒し、家の内外の安全対策、持ち出し品備蓄品のチェック、家族との連絡方法を含めた避難行動計画など、早めに暴風雨への対策を行っていきましょう。

災害用伝言ダイヤル
◾局番なしの「171」に電話をかけると伝言を録音でき、自分の電話番号を知っている家族などが、伝言を再生できます。
※一般加入電話や公衆電話、一部のIP電話からご利用できます。
※携帯電話・PHSからもご利用できます。



災害用伝言板
◾携帯電話やPHSからインターネットサービスを使用して文字情報を登録し、自分の電話番号を知っている家族などが、情報を閲覧できます。





台風の経路予想図や地域ごとの暴風域に入る確率など、最新の台風情報が確認できます。

雨雲の動き、今後の雨、危険度分布など、大雨に関する現況や予測などを動画で確認することができます。
最新の台風状況について、様々な地域に住む5ちゃんねらー達がリアルタイムで書き込んでいます。
板の中では総合、地域別など複数の台風関連スレッドがあります。
1990年代後半の2ちゃんねる創設当時からのネットヲタクの私スリムちゃんは、実は5ちゃんねるの台風情報を、1番頼りにしております。

台風AAセット2.jpg


コロナ禍での本年度の災害シーズン期間中、最新の防災お役立ち情報を読者の皆さんと共有化できますよう、記事作成してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。


【コロナ】複合災害に備えて【風水害・猛暑・地震】

   ↑
④このご時世の台風対策
   ↓

この記事へのコメント