【レシピ】★スリムちゃん味噌玉★【スーパー常備発酵メンバー】

★スリムちゃん味噌玉★

今回は、お気軽な自家製「味噌玉」のレシピを手前味噌ながらご紹介させていただきます。
味噌が付くこともなく簡単シンプルなレシピなので、何方様も此方様もトライ&クック&イートしてみてください。


【使用する材料】
(16玉、使用分です。)

・かつおだし 10g
・味噌    200g
(2020年7月)味噌玉 (2).jpg

●「かつおだし」について●
ワカメスープで有名な理研ビタミン社の「素材力(そざいりょく)だし」をチョイス。
化学調味料と食塩は無添加で、味噌や野菜など素材の風味を引き立ててくれます。
小分けスティック包装なので、便利で風味も落ちにくく使い勝手も良いですよ。
(2020年7月)味噌玉 (4).jpg


●「みそ」について●
段が高くなりますが、添加物が入っていない「本物のみそ」をチョイス。
今回購入したみそは、江戸時代創業の長野県は信州味噌株式会社の「山吹味噌」です。
原材料は「大豆(遺伝子組換えでない)、米(国内産)、食塩」のみ。
(2020年7月)味噌玉 (3).jpg


【作り方】

1.味噌200g(16食分)を計ります。
(2020年7月)味噌玉 (5).jpg



2.かつおだし10g(画像のスティックは1本5g×2本分)を味噌に混ぜ込みます。(2020年7月)味噌玉 (6).jpg

【ポイント】スプーンの補助でヘラ を使うと作業し易いです。
だしがまんべんなく混ざり、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
(2020年7月)味噌玉 (1).jpg



3.保存用の入れ物を計りに乗せて、ゼロにリセットしてスタンバイ。
(2020年7月)味噌玉 (8).jpg
なお今回使用した入れ物は、離乳食用の小分けトレイです。
「離乳食 冷凍小分けトレイ 50ml ピジョン」などでググってみてチョ。
ま、入れ物は今回使用した容器に拘ることはないので、読者の皆さんの使い勝手の良いものでトライ&クックしてみてチョーだい、で、あります。


4.1ブロック50gづつ、混ぜ合わせた「味噌だし」を入れていきます。
(2020年7月)味噌玉 (9).jpg


5.1ブロック入れる毎に計量器をゼロにリセットします。
(2020年7月)味噌玉 (10).jpg


6.次のブロックにまた50g分「味噌だし」を入れます。
(2020年7月)味噌玉 (11).jpg


7.こうして、4ブロック全部に「味噌だし」を入れたら表面を平らにならします。
(2020年7月)味噌玉 (12).jpg


8.各ブロック毎、4等分に切り目を入れていきます。
(2020年7月)味噌玉 (13).jpg


9.これで1食分12~13gの「味噌玉」が出来上がりました。
合計16食分でございましょう。
(2020年7月)味噌玉 (14).jpg


10.入れ物に付属のフタをして「冷凍」保存します。
なお、みそは冷凍しても凍ることなく程良い固さになって、1食分づつ簡単に取り分けられます。
(ネット情報では保存期間は、「冷凍」で1ヶ月程度、「冷蔵」で1週間程度と書いてありました。)
(2020年7月)味噌玉 (15).jpg



【味噌玉とは?】
最近、発酵食品が注目されていますが、みそも栄養豊富で健康にもよい発酵食品として、そのよさが見直されてきました。
みそに、だしの素(もと)となる削り節や薬味などを混ぜて、使いやすく小分けにした「みそ玉」は、ちょっとしたブームになっています。
みそ玉は一種の万能合わせ調味料。
自家製のインスタント食品のようなものです。
ポンと1コお椀(わん)に入れて、お湯を注げばみそ汁になるし、煮ものに使えば味がピシッと決まる。
食材に塗って焼けば、こんがりと香ばしい香りに。
バターや牛乳とも相性抜群なので、和風料理だけでなく、洋風料理にも活躍します。
また、保存がきくので少しねかせれば、コクが出てマイルドな味となり、さらにおいしくなります。

【出典;NHKテキストView「みそ玉ってどんなもの?」より抜粋して引用させていただきました。】




【調理例】スリムちゃん味噌玉で作った「野菜みそ汁」

冷凍保存して、いつでも手軽に使える「味噌玉」ですが、今回は作り立ての味噌玉で、簡単野菜みそ汁を召し上がれ!

作り方は極めてシンプル。
1食分の「味噌玉」をお椀に入れておきます・・・・
(2020年7月)味噌玉 (16).jpg


キャベツや小松菜などサッと火が通りやすい野菜をそのまま軽く茹でます。
(2020年7月)味噌玉 (17).jpg


野菜を煮たスープで味噌を溶いて、野菜を入れるだけで出来上がりです。
(2020年7月)味噌玉 (18).jpg
(2020年7月)味噌玉 (20).jpg
エキスたっぷりの野菜スープと合わせると、味噌の乳酸菌と野菜のビタミンミネラルの「栄養コラボ」のスーパーみそ汁にパワーアップする、簡単に作り置きできる「味噌玉」
拙ブログでもアクセス数の多い「中山きんに君の神セブン野菜スープ」と合わせても、イイ感じになりますよ。

【関連記事】
中山きんに君先生の動画をテキストに、実際に私スリムちゃんが作ってみたレシピ編です。
リンク先の記事には、きんに君先生ご自身が調理実況されているYoutube動画も貼ってありますので、ぜひ参照にしてみてください。

●発酵食品●が活躍する記事のご案内

スリムちゃん♪まとめランド「ぬか漬けシリーズ」に、ぬか漬けなど発酵食品シリーズ記事がリストアップされております。

ぜひ読んでみてチョ!!

腸内細菌の皆さんが元気になるように、しっかり大腸に「大ご馳走」を届ける・・・
それが毎日のスリム&ヘルシーの秘訣でございましょう(byスリム鳴造)

この記事へのコメント