【駅ビル建替】広島駅周辺食いまくり日記【004】アボカド生ハムバーガー

2020年4月26日・・・・・
新型コロナウイルスにかかる緊急事態宣言が発令されております。
国や自治体からは、生活の維持に必要な場合を除き昼夜を問わずみだりに自宅等から外出しないなど、感染予防のため不要不急の外出を控えるよう要請されております。

・・・と言うわけで、私”スリムちゃん”も、ほぼほぼ家や1人事務所でのステイホーム&テレワークの日々でございますが、つらつら考えるに、元々、以前から引き籠り気味の生活&仕事が基本ですので、幸いなことに大きなストレスも抱えずに過ごすことができてはおります。

た・だ・し。。。。。で、ある。

本日は、生活の維持すなわち「食糧日常品の買い出し」のために、やむを得ず出かけることにしました。
広島駅周辺食いまくり日記4 (1).jpg


緊急事態宣言下においては、3密(換気の悪い密閉空間、人が密集している場所、近距離での会話)を避けるための不要不急の外出の自粛が求められておりますが、と、同時に、ひとりひとりの体調管理つまり十分な睡眠や栄養確保や運動不足の解消すなわち「免疫力を保つ」ことこそが、最も重要でありましょう。

それゆえに、本日の日常食料品の買い出しにおいては、最近の運動不足解消を兼ねて散歩がてら、やや遠くのスーパーなどに買い出しに出かけることにしました。
天候はやや曇りがちではありましたが、人もクルマも少ないせいか、街特有の「どよーん」とした音響も少なく、空気も澄んでいる清々しい感じがしました。
2020年1月末以降、世界を吹き荒れるコロナ禍は、経済活動の停止を通じて、温室効果ガス排出の一時的な減少をもたらしています。
NASAの大気汚染監視衛星は、中国・武漢周辺で2020年1月23日に都市封鎖(ロックダウン)が開始された前後を比較し、自動車や工場からの排出ガス等に起因し、環境汚染の原因である二酸化窒素 (NO2) が大幅に減少したことを捉えました 。
世界中から環境汚染の改善が伝えられており、ベネチアでは観光客の減少により運河がきれいになり、世界最悪レベルの大気汚染に悩むインド都市部ではヒマラヤ山脈が数十年ぶりに眺望できるようになったと報道されています。

【出典;国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター (JIRCAS )HPより抜粋引用させていただきました。】               

【画像出典;BBC日本語版ニュース「大気汚染や温室効果ガスが激減 新型ウイルス拡大で人の移動など減り」より抜粋引用させていただきました。】

広島駅周辺食いまくり日記4 (2).jpg
画像は、中央右寄りの流れが京橋川、左側の流れが猿猴川という広島駅南口付近の様子です。
干満差の大きい広島市内を流れる6本の太田川水系ですが、画像を撮影した時点ではやや干潮気味でございました。
上記引用の世界的なパンデミックの影響による人類の経済活動停滞で大気汚染が改善された記事を読んだせいもあるのでしょう、川の水が今までよりもキレイに澄んでいるように見えました。


広島駅周辺食いまくり日記4 (5).jpg
令和2年3月31日に完全閉店した広島駅ビル。
これから解体工事へと入っていくのでしょう。

「スーパーに買い出しに行くのに、何で広島駅周辺の食いまくりの記事なんだよ?」と、思われる読者さまも少なからずいらっしゃるかと存じますが、「南北自由通路」開通後の現在の広島駅は、「散歩道」としても魅力ある空間になっているので、3密を避けながらブログ記事ネタも兼ねての散歩コースの通り道なのでありやんす。
広島駅周辺食いまくり日記4 (4).jpg
広島駅南口広場の通称「おっぱい噴水」も、今のところは稼働していますが、駅ビル解体工事が始まると、撤去される予定との事です。

広島駅周辺食いまくり日記4 (3).jpg
広島駅ビルよりも先に営業終了した「広島東郵便局」は既に解体工事が進み、「建築計画のお知らせ」が提示されておりました。
広島駅周辺食いまくり日記4 (13).jpg
【画像出典;日本郵政HP「広島駅南口における開発計画について」より引用させていただきました。】

広島駅南口の西に隣接する広島東郵便局跡地は、日本郵便が19階建ビル“広島駅南口計画(仮称)”として 2022年秋にオープン予定とのことです。

広島駅周辺食いまくり日記4 (6).jpg
【広電広島駅】

広島駅周辺食いまくり日記4 (7).jpg
【JR広島駅、中央改札】

外出自粛のため、公共交通利用者も激減しているため、市内電車乗り場もJR改札もほとんど人がいません。
外国人や観光客に至ってはほぼゼロなので、居るのは私のような散歩がてら食糧日常品を買い出しに来ている人くらいなのでありましょう。

広島駅周辺食いまくり日記4 (8).jpg
【JR広島駅北口(新幹線口)】

新幹線口も、ご覧の通り人もクルマもガラガラです。

小一時間も散歩しておりますと流石に小腹が減ってきましたが、当然、駅構内や周辺の飲食店もほぼすべて閉店しております。

広島駅周辺食いまくり日記4 (9).jpg
ホテルやオフィス、TV局、バスターミナルがある広島駅北口再開発地区「エキキターレ」も、閑散としております。
しかし、益々お腹がすいてきました・・・・・・・・
そんなときに、営業しているありがたいお店が!
それは・・・・・・
gogogogo横.jpg
フレッシュネス・カフェ!!!!!!!
広島駅周辺食いまくり日記4 (10).jpg
もちろん、店内は新型コロナウイルス対策の手洗い消毒や人と人の距離をあけるために作られた席のソーシャルディスタンスも実施されておりました。

そして、我らがスリムちゃんブログスタッフが、アイスコーヒーとともにチョイスしたるメニューは
ゴゴゴゴゴ.jpg

広島駅周辺食いまくり日記4 (11).jpg
『アボカド生ハムバーガー』(低糖質バンズ)

森のバターともいわれる栄養豊富なアボカドをフューチャーしたハンバーガーです。
バンズは低糖質パンをチョイスしました。
広島駅周辺食いまくり日記4 (14).jpg

広島駅周辺食いまくり日記4 (12).jpg
アボカド、生ハム、それぞれの食材が個性を強調することもなく、オリジナルソースとクリームでさわやかに優しい味付けとして「一体化」して美味しく頂けたハンバーガーでありました。
特にアボカドは、風味も味も個性が強いので、ハンバーガーやパスタでは、ややもすれば他の食材を圧倒して美味さのバランスが崩れ、野暮ったい味になりがちですが、このハンバーガーは、逆にアボカドの存在を小さくしているかの如く、一体感ある味付けがなされていて、食後感も重くなくさわやかです。
各食材がチームファーストで挑む、ハーモニーメニュー・・・・・
他のメニューに例えるなら、様々な食材の多層構造でありながら一体となった「一つの味」としての美味さが楽しめる「広島焼」といったところでありましょうか・・・・・
低糖質だというバンズも、ふすま臭くなかったので、未精製小麦粉の割合を高めた全粒粉パンなのでありましょう。

このお店はスリムちゃんのお気に入りの店となりました。

遅いランチを済ませてスーパーで買い物して帰宅。
万歩計は約11,500歩となっていましたので、3密を避けての生活物資購入を兼ねた体力確保の1日としては、うまくいったと思います。

さて、次回食いまくる時には、緊急事態宣言が解除されて、街も飲食店も元気を取り戻していればいいのですが・・・・・・・


【駅ビル建替】広島駅周辺食いまくり日記

        
【004】アボカド生ハムバーガー
      ↓

この記事へのコメント