検索小僧ちゃんねる(2020年版)④リンゴちゃん80歳おめでとう!

「野郎ども、俺に続け!」

ジョン・レノンを先頭にリンゴ、ポール、ジョージ・・・・
横断歩道を渡り始める、レノン以下ビートルズの面々。ABBEYROAD50th_900w.jpeg


レノン「みんな俺のもとへ集まれ、今すぐに!Come Togetherだ!!!」
The Beatles - Come Together
The Beatles公式チャンネルより


レコーディングスタジオ前の横断歩道を歩くメンバーの姿がジャケットとなったビートルズのアルバム「アビーロード」は、51年前(1969年)に発売された名盤中の名盤です。
1beatles5.jpg
ジョンを先頭に、リンゴ、ポール、ジョージの順に歩いていますが、3番目を歩くポールだけ裸足で一人だけ右足を前に出しているので「ポール死亡、替え玉説」というガセネタが広がったことでも有名でしたね。

た・だ・し。。。で、ある。

あれれ?
今年(2020年)のアビーロードは様子が少しヘンだぞ?
1beatles3.jpg
新型コロナウイルスの感染予防につながる「互いの距離を1、2メートル程度あける」
この行動を、ビートルズ『アビイ・ロード(Abbey Road)』のアルバム・カヴァーを用いて表現した画像が話題に。
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロなどアーティストを自身のSNSで紹介しています。

twitterニュースより

さ・ら・に。。。で、ある。

1beatles2.jpg
新型コロナ対策をまとめた情報サイト「PANDAID」は、保つべき約2メートルの間隔を独自のイラストで紹介。
運営するデザイン事務所NOSIGNER(横浜市)によると、認知度が高く意外性がある題材を採用した。

新型コロナウイルス感染防止のため人との間に取るべき距離を、アルバム「アビイ・ロード」で横断歩道を渡るビートルズと表現するイラスト。
(NOSIGNER提供)
上記イラストでは、赤色で表現された2番目と3番目を歩くリンゴとポールの2人の4歩分を約2mとして、空間を空けるべきとしているようです。
つまり、コロナ禍において保つべきソーシャルディスタンスとして、一度に1列で横断歩道を渡ることのできるビートルズメンバーは、先頭のジョンと最後尾のジョージの2名のみとなりますね。
ジョンとジョージという「死人2人組(2020年7月9日現在)」がコロナに立ち向かうという、なんともシュールなイラストとも言えますwww

さて、ビートルズの「この世組(2020年7月9日現在)」の元メンバー、ポールとリンゴ。
7月7日にリンゴが80歳となりました!

Ringo Starr celebrates his 80th birthday

リンゴちゃん!
80歳おめでとうございます!

Ringo Starr - What's My Name

昨年発表された、ご機嫌なロックンロールナンバーです。
ビートルズというより、どちらかと言えば70年代のストーンズっぽいサウンドに聞こえます。



Ringo Starr - You're Sixteen You're Beautiful (And You're Mine)

ほっこり&とぼけた優しい声のリンゴが歌うカントリーナンバーは、副交感神経優位になるリラックスミュージックと言えましょう。
そう言えば、この動画の出てくる女優さんがスターウォーズの「レイア姫」を演じたキャリー・フィッシャーにそっくりなのでググってみたら、やはりご本人でした。
あと、リンゴの今の奥さんは、「007私を愛したスパイ」のボンドガール、バーバラ・バックでしたね。
007the spy who loved me.jpg


どうでもいいことですが、私は「007私を愛したスパイ」のテーマ曲、カーリー・サイモンの「Nobody does it better」が大好きで、カラオケでたまに歌います。
Carly Simon - Nobody Does It Better - The Spy Who Loved Me
Carly Simon公式チャンネル


80歳を「健康年齢」で迎えた「泣く子も笑う元ビートルズのドラマー」リンゴちゃん。
そんなリンゴの健康長寿の秘訣は何でしょうか??

80歳になるリンゴ・スター「気分は24歳」

リンゴは『Rolling Stone』誌のインタビューで、心身ともに若々しい、その秘訣についてこう語った。
「僕はベジタリアンだ。何とでもブロッコリーを食べる。それに毎朝、ブルーベリーだ。自分にいいと感じることをしているだけだよ」
「ジムがあって、週3日から6日そこにいる」
精神面では、やはり音楽活動を続けていることが大きく影響しているそうだ。
「僕はまだここでは24歳だ。今でも自分が愛することをやってる。まだ音楽業界にいるんだ」
とは言え、実際80歳になることには複雑な想いも抱いているようだ。
「80になるなんて想像を絶するよ。“なに!”って感じだ。難しい。70歳は容易かったが、これは違う」と話した。
リンゴは、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し「みんなに家で安全に過ごして欲しい」と、例年のごとくどこかに集まるのではなく、バーチャル・イベントを開催し、友人やファンと80歳の誕生日を祝う。

【出典;BARKS ニュースより抜粋して引用させていただきました。】


上記引用のリンゴご本人の健康の秘訣をまとめますと
      
「ベジタリアンでブロッコリーを常食している」
「週3~6回はジムで運動」
「仕事は現役」
    ↑
何と、元ビートルズのリンゴは、ポールと同じくベジタリアンだったのですね。
とりわけポールは、動物性食品を一切食べないで、たんぱく質は「豆、ナッツ、全粒粉」などの植物性食品のみで3時間近いパワフルなステージをこなしています。
そして、既に亡くなったジョンとジョージも、前者は日本人の奥さんの影響を受けた「玄米中心のベジタリアン」、後者はインドの影響を受けた「菜食中心の食事」だったようです。
もちろん、彼らの健康長寿の原因がすべて彼らの食生活に寄るものでもないでしょう。
ジョージも、そしてポールの元奥さんリンダも、ベジタリアンでしたが50代で亡くなっています。

た・だ・し。。。で、ある。

80歳を迎えてなお現役で活躍したり、そして100歳健康長寿の人で「炭水化物は食わない、肉や脂は幾らでも食いまくる糖質制限実践者」の存在なんか見たことも聞いたことがないという、これだけは押さえておきたい真実&事実でありましょう。

巨大化した糖質制限「ダイエット」市場において、医師部門においては実質的ナンバー2であられるであろう糖質制限推進派の某医師は、TV生放送で「人間としては2:6:2のうち上位2割に属し、20年、8年と糖質制限を人体実験として続けている俺たち糖質制限推進派の医師が健康なんだから、糖質制限ダイエットは有効だ」とおっしゃられました。
一方で、日本で高名な糖質制限推進派センセ方よりも恐らく10歳ちかく年上のロックンローラーたち(リンゴ、ポール、ミック)は、肉や脂まみれの糖質制限なんか一切行っていないようです。

つ・ま・り。。。は、だ。

間違っても「炭水化物が人類を滅ぶすし、早死にする」「糖質制限は驚異のダイエット法だ。」という糖質制限推進派センセ方の煽りやご教示に従っていては、カッコいいロックンロール爺さんにはなれないということですな(大爆笑!!)

リンゴは、栄養価の高いブロッコリーを常食しているとか、かなり食生活にも気を使っていらっしゃるようですね。
一方の77歳にしてステージ狭しとパフォーマンスしまくるローリング・ストーンズのミック・ジャガーも「アボカドと全粒粉穀物」をメインとした食生活をおくっているようです。



そしてリンゴは世界中のファンに向けて、新型コロナウイルス感染に気を付けるようにメッセージを発しています。
リンゴ・スターのtwitterにUPされていた、アビーロードの画像です。
1beatles6.jpg
ジョージ「どうした?」
ジョン「マスクを忘れた」

既にこの世にいないジョージとジョンという、コロナ騒ぎとは無縁の「死人2人組」がマスク忘れの会話をすることが面白いですね。
日本の風習であれば、ジョンとジョージの墓前にマスクを備えたいところですが、そう言えば彼ら2人とも墓がなかったはずです。
(ジョンはニューヨークのセントラルパーク内のストロベリーフィールズ公園が実質的なお墓みたいなものか、ただしご遺骨がどこにあるかはご遺族のみしかしらない。そしてジョージは、確かインドのガンジス川に散骨されたと聞きました)


リンゴよ!
マスクは心配いらないぞ。
ジョンとジョージのマスクは、コチラで準備しておりますぞ!
     ↓



1日も早くソーシャルディスタンスから解放されて、世界中の人々がシャルウイダンスを楽しめる日々が来ますように・・・・・
1beatles7.jpg


インターネット創成期からの2ちゃんねらーにして、狂気&狂喜の検索好きマニアの私「スリム鳴造」

このシリーズは、その時その時に関心を持った話題などを検索して自分用として取り上げる、引き籠り内向き陰キャな特集です。


検索小僧ちゃんねる(2020年版)

     ↑ 
④リンゴちゃん80歳おめでとう!    
     ↓

この記事へのコメント