【ジョンレノン命日】clean up time【12月8日】

1.ジョンの名を叫ぶ、ヨーコじゃない日本人

「お、おぉ~う!ジョン!」
エコーをたっぷりかけて哀感を込めて男の名を呼ぶオトコ・・・・・

「おぅジョン!ポンポン おうジョン!ポンポン」
今度は木魚のような音がするものを叩きながら、お経のように唱えるオトコ・・・・

1979年、今からちょうど40年前の夏・・・・・

「オー!ジョ~ン!これから俺はジョンレノンに会いに行きます!」

・・と、オールナイトニッポンというラジオ番組でリスナー達に喚き散らしていた男がいた。
ジョンレノンの名を叫んでいたのは、サザンオールスターズの桑田佳祐である。

この当時のジョンレノンは、アメリカ永住権を巡る裁判に勝利し、オノ・ヨーコ夫人とともに1975年に生まれた息子ショーンと主にニューヨークで暮らしているが、音楽活動はストップしており隠居生活を続けているとの情報は、当時高校2年の私も知っていました。

世間やマスコミに全く姿を見せないジョンの動向については、当時の音楽雑誌も掴めていないようでしたが、インターネットもtwitterもない時代、最新リアルタイム情報の発信については、「ラジオ」がその役割を担っていたような気がします。

その翌年の1980年12月8日にジョンが亡くなった後、彼が音楽活動から遠ざかっていた隠居生活の様子が次第に明らかになっていきました。
1977年から1979年までの3年間の夏、ジョンは家族と共に軽井沢を中心に日本で過ごしていたのです。
ジョンレノン家族生活2.jpg
【画像;スリム鳴造蔵書「ジョンレノン家族生活」より、軽井沢のレノン一家(1979年)」】


【動画;WATCHY×BSフジ ESPRIT JAPON ジョン・レノンが愛した「軽井沢」より】


2.福山クンの思い出


「ジョンレノンの情報なら桑田のオールナイトニッポンを聞けば良いよ」

・・・・と、当時高校2年の私に教えてくれたのは、同じクラスにいた福山クン(仮名)でした。
ちなみに福山クンのお顔は、ブルース・リーの映画「ドラゴン危機一発」に出てくる悪者ボス役の人にそっくりでした。
悪者ボス役とブルース・リー.jpg
【画像;福山クンと私・・・ではなくて「悪者ボス役の韓英傑とブルース・リー」】


福山クンの音楽趣味はとても変わっていました。
何と「ジョン&ヨーコ」の大ファンだったのです。
福山クンは、ビートルズのレコードを持っていないのにジョンとヨーコの単独ソロあるいは共作レコードは全部持っているという、恐らく当時でも今でも極々少数で限られた希少種のコレクターであったのです。

そんなに親しくもなかった私と福山クンでしたが、ある日、学校の帰りに福山クンのお宅へお邪魔することになりました。
私が買うのを躊躇して持っていないジョン&ヨーコの結婚記念盤「ウエディングアルバム(1969年)」を聞かせてくれることになったのです。
このアルバムは、延々と2人の名を呼び合うだけの曲とか、前衛音楽か何か知らんが雑音の曲だけで構成されているという正に狂気&凶気の1枚であり、普通は買うのを躊躇いますよね。
当時はビートルズ関係のレコードは東芝EMIという会社から発売されていましたが、明らかに「商業価値」がなさそうな「ジョンとヨーコ」の初期のアルバムも、少しは需要があったのか、それとも太っ腹なのか知りませんが、正規版として売り出されていました。

福山クンがレコードに針を落とし「John&Yokoのウエディングアルバム」がスタートしました

Yoko「あうえアウアウウあうえおおおおおお!!!ジョ~~ン!」
John「ヨーコ!ヨーコ!ヨーコぉおおおエエエエ・・・・・・」
福山クン「(^^)・・・・・」
高校2年の私「(^^;)・・・」

楽曲集ならいざ知らず、延々と名前を叫び合うといういわば「マニアック過ぎるジョンとヨーコのアルバム」を、高校生の福山クンはなぜ買ってしまったのか。
当時その理由を聞いたような気もするけど思いだせないのは、福山クンが詳しく答えてくれなかったからなのかもしれません。

【両親のウエディングアルバム発売50周年記念盤を紹介する、息子ショーン・タロウ・オノ・レノンさん】


3.サザン桑田さんは、ジョンに会えたのか?

中軽井沢の鬱蒼とした雑木林のなか、離山房がオープンしたのは1977年5月のことでした。
軽井沢滞在中だったジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻が初めて当店にお見えになったのは、その年の夏の終わりごろ。
コーヒーと静かな環境がお気に召したようで、その後3年間、夏の訪れとともに当店に足しげく通ってくださったのです。
まだ幼かった息子のショーン君を伴った夫妻は、Tシャツに短パン、ゴム草履という気楽な服装で自転車に乗っていらっしゃいました。

【出典;「離山房(りざんぼう)公式サイト」より抜粋させていただきました。】

離山房.jpg

離山房5.jpg
【カフェ;離山房(りざんぼう)】
長野県北佐久郡軽井沢町長倉820-96

離山房3.jpg

離山房FBトップページより.jpg
リラックスしたジョンがよく昼寝をしていたというカフェの奥にある東屋は、今もあるそうです。

離山房2.jpg
3歳の息子ショーン君の背丈を木に印す、我らがジョンレノン先生とカフェの女性オーナーさん。

やがて果てしない大海を旅立っていく
とても待ちきれないよ、キミがそんな歳に成長するまで・・
だけど僕たちは長い道のりを一緒に歩いていこう
とても長い道のりを・・でもしばらくの間は・・・・
キミが他のことで忙しくしている間も人生は進んでいく

【ジョンレノン作品「ビューティフル・ボーイ」より、スリム鳴造意訳】

【動画出典;johnlennon 公式チャンネルより】

離山房6.jpg
ショーン君の背の高さの位置にジョンが打った釘は、今でも残っているとか・・・・・

「オー!ジョ~ン!これから俺はジョンレノンに会いに軽井沢に行ってきます!」

・・と、オールナイトニッポンでリスナー達に高らかに宣言したサザンの桑田氏!
当時の私は、サザンについては1978年デビュー曲の「勝手にシンドバッド」は凄い曲だとビックリ興奮してファンになりましたが、この年1979年の大ヒット曲「いとしのエリー」について「何かジメジメしやがって」と、気に入らないなぁという状況でした。
翌年1980年の「タイニィバブルス」というアルバムを買ったのを最後に、サザンは全く聞いておりません。
(ただし、サザンはあまりに有名で、聞く気がなくても勝手に耳に入ってくる曲は除外できません)

桑田さんがジョンレノンに会ってその報告をラジオでしてくれるという事で、ワクワクドキドキしながらラジオを聞いていましたが・・・・・・
結局、残念ながら桑田さんはジョンに会えなかったのです。
翌年の1980年にジョンは亡くなったので、桑田さんは会っておきたかっただろうなぁと、私まで今でも残念に思います。



4.Cleanup Time

Q.戦後、日本の食生活は欧米化して、身の回りにもメタボリックな人が多くなりました。
ジョンとヨーコさんはマクロビオティックを実践されていたそうですが、「食」とどう向き合うべきかについてお考えをお聞かせいただけたらうれしいです。

A.自分の身体に合った食生活がとても大事だと思います。
マクロビオティックはただ、いちばん健康でバランスのとれた食生活をするということですから、あなたもしてみてください。
一生するなんて頑張らなくても、あまり身体の調子がよくないときに一週間だけ、玄米、味噌汁と野菜をよく噛んで食べてみるとよいと思います。
身体の調子がよくなるのが、よく解るでしょう。・・ヨーコ

【出典;ジョンレノンスーパーライブHP「オノ・ヨーコからのメッセージ」より抜粋させていただきました】

ジョンレノンとヨーコさんは、ジョンが亡くなる直前に数多くのインタビューを受けており、私はそのほとんどの本を持っています。
その中で今読み返して改めて驚くのは、ジョンは亡くなるまでの数年間はとても食生活に気を使っていたということです。
何度も流産していて子どもを諦めかけていたときに、韓国か中国の漢方医に「栄養あるものをバランス良く食べてストレスない生活をとアドバイスを受けて実践したところ、ショーンを授かったんだ、ありがとう、ありがとう」と、ジョンは語っています。
ショーンを出産したときヨーコさんは42歳だったそうです。
また、ジョンとヨーコは、「マクロビオティック」(macrobiotic)という自然食の食事法を実践していたことで知られています。
この食事法は、タンパク質や脂肪を減らし穀類や野菜を中心とした食事であり、日本人であるヨーコがジョンに勧めたものとみられています。
・・・かと言って日常長期間的に実践していたわけではないようで、日本滞在中の写真や情報に接しますと、寿司、日本蕎麦、フランスパン、ケーキなど、糖質の多い炭水化物も楽しく頂いていたようです。

ジョンは死の当日のインタビューでも、息子ショーンの食事内容を気にかける発言をしていました。
「現代社会では油断するとすぐに砂糖、ハンバーガー、砂糖、ハンバーガーとルーティンになってしまう。僕は優秀な主夫じゃないしお手伝いさんもいるので普通の家庭とは違うかもしれないが、ショーンが毎日何を食べているかは、しっかり監督しているんだ」・・と。
これが、あのビートルズ初期若き日の「皮肉屋で、ブラックジョーク好きで、ワイルドなジョン」と同一人物とは思えません。

ヨーコさんとの関係については「なぜ、あんな女を選ぶんだ?」との意見もありますが、結局ジョンは「ビートルズではない、ありのままの自分」を取り戻すためには、ヨーコさんしか選択肢がなかったとも言えるかもしれません。
そう、「軽井沢の人里離れたカフェの東屋で昼寝する幸せな中年男」になるためには・・・・

女王(ヨーコ)は、事務所で経理担当だからお金を数えている。
王様(ジョン)はキッチンでパンを作って蜂蜜を塗っている。
友達もいない代わりに敵もいない今の状態は、完全に自由なんだ。
今こそ始めよう 一緒に始めよう
人生を掃除しよう

【ジョンレノン作「クリーンアップタイム」より、スリム鳴造の意訳」

【動画出典;johnlennon 公式チャンネルより】

ほんじゃあ、皆さん。また次の記事でお会いしましょうぞ!

なお、これまでの「音楽関連記事」はコチラです。
ぜひお楽しみください。
「ヒデキ、ヒデキ・・・そろそろ起きろよ(笑)」
秀樹「あ、あなたは。。。キヌガサさんっ!!!!」
衣笠さんも秀樹さんも、前者はプロ野球球団所属、後者は出身地ということで、両者ともに広島に縁がありますが、他にも、このお二人の共通点として「洋楽好き」がありました!
生まれた時から3年前までは熱狂的なカープファンだった私「スリム鳴造」が、「洋楽好きの衣笠さんと秀樹さん」が天国で楽しくセッションしようとする模様を、渾身の愛を込めて描いた涙なくしては読めない感動の一篇です。

昨年2018年に「発売50周年」を迎えたビートルズの「ホワイト・アルバム」と、ストーンズの「ベガーズ・バンケット」についての記事です。

クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記風映画の感想記です。

ジョンレノンの命日に寄せたエッセーです。

映画「イエスタデイ」の感想記です。
日本全国の封切り公開終了後に「詳細ネタバレ編」にてシリーズ記事化します。

【1969】ビートルズとストーンズの50周年アルバム【2019】(2019.11.29)
50年前の1969年に発表したアルバムの「50周年記念エディション」
ビートルズ「アビイ・ロード」
ストーンズ「レット・イット・ブリード」いずれも、名盤中の名盤アルバムの感想記です。

この記事へのコメント