★スリムちゃん遠征珍道中【第3話】😜アッカンベー😝の巻

映画「座頭市(1989)」でショボい親分役で素晴らしい演技を魅せてくれたロッケンローラー内田裕也さん。
ワル役としては座頭市の居合に斬られて絶命すればサイコーにカッコいいのですが、映画では敵対するヤクザの子分に捕まって、対決や勝負することもなくザコ共にめった刺しにされて憤死するという情けない役柄でした。
ただし、裕也さんは役柄は素直にオファーを受けたようですが、役名の「赤平衛(あかべえ)」が気に入らななったようです。
内田裕也「勝さん。赤平衛という役名、勘弁してくれよ」
勝新太郎「ばかやろう!お前はストーンズが好きなんだろう?あのベロだよ、アッカンベーだ。」
(2019.04)tokyo story  (44).jpg
・・・という訳で、「ロッケンロール伝道師」として恐らく人生最後の仕事であったであろう「ベロマークのストーンズ展」の宣伝動画にご出演された内田裕也さん。を、見た我らがブログ主「スリム鳴造」

4月の土曜日のある日・・・・「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」行ってきました!
(2019.04)tokyo story  (21).jpg
開催会場TOC五反田メッセ (東京都品川区西五反田6-6-19)

以下は、公式サイトのご案内と私が撮影した画像です。

公式サイト「2019年春、ついに日本上陸!アジア唯一の開催!史上最強のロックバンドとして50年以上にわたり世界的人気を誇るTHE ROLLING STONESが、バンド史上初の大規模な企画展を開催!」
(2019.04)tokyo story  (31).jpg
スリム鳴造「満開の桜をバックにしたメンバーの看板です、まるで日本に来ているみたいですねw」

公式サイト「2016年4月ロンドンを皮切りに、ニューヨーク・シカゴ・ラスベガス・ナッシュビル・シドニーと世界各地で大旋風を巻き起こしているExhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展の、アジア唯一の巡回地となる東京での待望の開催が決定しました。」
(2019.04)tokyo story  (29).jpg
スリム鳴造「会場入り口の様子です。」

(2019.04)tokyo story  (55).jpg
スリム鳴造「入場料は窓口で3,500円と知りました。けっこう高いなあと思いましたが、会場内の展示物はすべて撮影もOK、SNSでの拡散歓迎といった趣旨の掲示がありました。」

公式サイト「世界で最も影響力のあるロックバンドが自らプロデュースするこの企画展は、バンドメンバーが狭いアパートで共に暮らした部屋を完全再現した初期の時代から、世界のエンターテインメントをリードする存在になるまでの壮大な物語を追体験していただける貴重な機会となるものです。」
(2019.04)tokyo story  (35).jpg
スリム鳴造「デビュー前にメンバーが共同生活をしていた部屋の再現らしいっス」

公式サイト「合計500点を超える圧巻のストーンズ・アイテムが一堂に会し、半世紀に渡る貴重な衣装の数々や、190点以上のオリジナル・アートワーク、バンドメンバーが実際に使用した楽器など、豊富なコレクションをご覧いただけます。」
(2019.04)tokyo story  (52).jpg
スリム鳴造「キースやミックが実際に着用していたステージ衣装との事っス」

(2019.04)tokyo story  (51).jpg
スリム鳴造「現代アート画家アンディ・ウォーホル作のミック・ジャガー」

公式サイト「また、体験型ミキシングコーナーや、貴重な映像が流れるプロジェクションルーム、そしてクライマックスに待ち受ける迫力の3Dコンサートなど、臨場感あふれる展示は必見です。」
(2019.04)tokyo story  (39).jpg

(2019.04)tokyo story  (41).jpg
スリム鳴造「画像のミキシングコーナーは、8つのアルバムから1曲づつドラム/ベース/ギター/ボーカルなど、それぞれのボリュームを調整してヘッドフォンで聞くことができます。これは面白かったですね。」


公式サイト「ストーンズ・ファンでなくとも存分に楽しめる本展は、デザイン・ファッション・音楽など、ジャンルを超えて、様々なカルチャーに影響を与え続ける彼らのエキサイティングな魅力に迫ります。」
(2019.04)tokyo story  (37).jpg
スリム鳴造「レコーディング・スタジオを再現したコーナー」

(2019.04)tokyo story  (48).jpg
(2019.04)tokyo story  (45).jpg
スリム鳴造「巨大なステージセットのミニチュアです。」


【Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展】ミック・ジャガーからのメッセージ  

ミック・ジャガー(75歳)は、今月4月上旬に心臓の弁の手術を受けていますが、現在順調に回復しているとの事で一安心です。
このストーンズ展の会場にもミックに向けたお見舞いと励ましのメッセージを記入するブースが設けられておりました。
私も何か書こうかと考えましたが、土曜日だったこともあり会場には多くの入場客がつめかけており、各展示物コーナーだけでなく励ましブースにも行列ができていたので、心の中で応援することにして会場を後にしました。

ミックよ!Keep on Rollin'!!
The Rolling Stones - It's Only Rock 'N' Roll (But I Like It) - OFFICIAL PROMO 

さて、結果的には盛り沢山の内容だったストーンズ展に満足したら、腹が減ってきました。
会場の最寄り駅の五反田からJR山手線外回りに乗車し、代々木で中央総武線(各停)に乗り換えて、次なる目的地「水道橋」へ向かいます。
首都圏JRの路線図.png

水道橋と言えば、ストーンズ公演ですっかりおなじみの東京ドームがあります。
東京ドームと言えば野球、プロレス・・・・・すなわち、それは・・・・・

「筋肉」で、ありましょう。

という訳で、スリム&ヘルシーが口上の我がブログが訪れたのは!!!!

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ


筋肉食堂01.JPG

その名もズバリ過ぎるでしょ!
筋肉食堂ぉおおおっつ!!!!

次回は、腹ペコペコなスリムちゃんが満を持して
スリム&ヘルシーなメニューを食いまくります!!!

【2019春】遠征珍道中【東京編】シリーズは
コチラだ!!!!!
  広島の珍味・名産を帯同して東京駅に降り立った「スリム鳴造」の珍道中が始まる。
  追悼、内田裕也さん。ロッケンロール伝道者の生前最後のイベント告知とは?
【第3話】😜アッカンベー😝の巻
  「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」の会場レポートです。
  サービスドリンクがいきなりプロテインという「筋肉食堂」グルメレポです。
  サイドメニューまで、たんぱく質満載という「筋肉食堂」の看板に偽りなしっス。
  前回に続いて「筋肉食堂」のムキムキグルメのレポート。「メインメニュー編」です。
  陰気な糖質制限ダイエットはさようなら。令和女子は「マッスルダイエット」だ!! 
  井の頭公園内の湧き水「お茶の水」を見て、炭水化物の重要性に改めて気付くブログ主。
  穀物や手作りのおかずをしっかり出してくれる、スリム&ヘルシーなお店はコチラだ!
  ん?スリムちゃんが、新幹線でゆっくりまったり味わう車内販売スイーツとは?!

この記事へのコメント