【ありがとう】役に立ったヘルシー動画【10.最終回★座談会★】

集めに集めた「ヘルシー系動画300本以上」から、「私にとって」役に立った動画をチョイスし、ランキング形式でご紹介するシリーズ。

ベスト10は以下のラインナップとなりましたぁっ!!!


今回「最終回」は、以下3名による「まとめ座談会」です。

●メタボ豚造(53歳)
糖尿病発症後、半年間で20kgの減量に成功した。ただし、連日何時間も「糖質制限推進派センセ」の動画を聴講するのが人生唯一の楽しみとする狂気&凶気に取りつかれた男。
●スリム成掛(55歳)
2型糖尿病を発症している友人知人のデブに糖質制限や栄養確保の話をしても、ほぼ全員から理解を得られない人徳のない男。不特定多数の見知らぬ人に発信するためブログを立ち上げる決心をした。
●スリム鳴造(56歳)ブログを立ち上げて1年経過。今回の「役に立ったヘルシー動画シリーズ」の記事を書いた男。

鳴造「んじゃ、役に立ったヘルシー動画のまとめ座談会をスタートします!」
成掛「10位は”ゆるやかな糖質制限”のMr.ロカボこと山田悟先生か」
豚造「江部先生のスーパー糖質制限は糖質摂取が1日60g以下、釜池先生に至っては"糖質ゼロ"だからな。それゆえに、だ、山田先生の1日130g以内は"ゆるやか”だろ。」
鳴造「さすが、糖質制限推進派センセの動画を毎日毎時間見まくっている豚造クン、糖質量には手厳しいな(苦笑)」
成掛「"ゆるやかな”という言葉自体が、実はずいぶん糖質制限業界にバイアスがかかっていると思うんだよな。」
鳴造「そうだね。世間一般の”糖質過剰の現代人”の基準から見たら、山田先生の1日130g以下でもけっこう”厳しい糖質制限”と言えるからな」
豚造「俺が糖質制限を実践するにあたっては、山田先生のロカボと江部先生のスーパー糖質制限を手本にさせて頂いたんだよな。」
成掛「そうだったね。”ゆるやかな糖質制限”でも、半年間で豚造クンが減量20kgを達成した一助になっている。」
鳴造「肥満の人がすみやかに痩せるために無理なく実践できるのが山田先生の提唱するロカボだと思うね。”糖質制限食”に対する楽しい取り組みについては、下記の動画もぜひご参照にしてみてください」

糖尿病と最新の食事療法…第5回「読売医療サロン」
(ご注意;今回ご紹介する動画は、視聴できるYoutube動画のURLが著作権者の所有権利と一致する公式サイトで、共有機能である埋め込みコード使用可能でしたので、直接リンクさせて頂きました。)

●一般食との食後血糖値を比較したりと、一般の方や企業に「糖質制限食(ロカボ)」を楽しく知ってもらうためのイベントのようです。
動画内で山田悟先生が解説された「美食・健康・ダイエットが合体した低糖質食(ロカボ)」。。。。
100%同意という訳ではありませんが、正に拙ブログ「目指せスリムちゃん。ヘルシーレシピ食いまくり」の口上と一致しております。
山田悟先生には、極端な糖質制限推進に走ることなく「一般国民・一般企業」と「医療業界」を繋ぐ架け橋となって頂き、「糖質制限食事法」も治療のひとつとしてガイドラインに正式に採用されて「大数の法則」のデータとなるよう、今後もご活躍を期待していますし、スリムちゃんブログも日陰ながら応援していきます。
「人類は糖質摂っちゃアカンのや!」とか「炭水化物が人類を滅ぼす。糖尿病学会は詐欺だ」と述べる元整形外科医や現形成外科医が目を吊り上げてヒーロー気取りで煽っても、99.99999%の一般国民の利益になることは皆無なのです。


豚造「それにしても、糖質制限推進派センセ方のランクインが少ないし低いよな。気にいらんな。」
成掛「糖質制限推進センセは10位の山田先生、そして最高位でも8位の新井先生だけだもんな。糖質制限を狂気のごとく実践中の豚造クンが不満なのも分かるよ(苦笑)」
鳴造「ははは。すまん豚造クン。糖尿病発症から既に2年以上経過した今は、糖質制限推進センセの動画はほとんど見てないんだよ。」
豚造「俺のベスト10だったら、人類は糖質ゼロだという釜池先生&炭水化物が人類を滅ぼすの夏井先生、この両先生は絶対上位にランクインするぜ!」
成掛「ふふふ。”我々”3人とも、糖質制限スタート時に凄まじい燃料投下剤となったのが釜池/夏井両先生の”煽り動画”だったからな。豚造クンのご主張もごもっともだ。」
鳴造「煽りが凄まじい釜池先生のご講演動画と糖質制限業界のヒーロー気取りの夏井先生のTVご出演動画についての感想は、別途特集記事にする予定なんで、それで許してチョwww」
KIMG2336.jpg

豚造「でもよ、1位清水先生から2位高稲先生そして同率3位の宇多川先生/藤田先生のベスト3ランキングは、俺も全く同じチョイスだよ。」
成掛「これからブログを開始する僕も同じランキングだよ。5位以下は少し違うけどね。」
鳴造「お、嬉しいね。”我々”3人ともに、病気と向き合うために糖尿病発症直後から”ココロの在りよう”と”自分で治すという決意”を重要視していたことが分かるランキングだよね」
豚造「うう・・・(嗚咽)2年半後の俺である鳴造さんも、清水公一先生の癒し動画を重宝しているなんて嬉しいな。かなり調べまくって決意したとは言え、海のものとも山のものとも分からない糖質制限実践にあたって、清水先生の癒しの実践動画を見て本当に救われたからな。」
成掛「あと、マッスルウォッチング高稲先生の痩せるための食事方法や宇多川先生の薬に頼らない健康法も、糖尿病発症当時からずっと毎日の食生活や生活習慣をしっかり支えてくれているからな」
鳴造「2人とも、そう言ってくれて嬉しいよ。それでは最後に、ランクインした先生の中から何本か読者の皆さまにご紹介して、この特集の締めくくりとさせて頂きます。ご覧頂きましてありがとうございました。」

リセット医療:糖尿病の治療方法(清水公一先生)
活舌も声質も大変心地よく、一言一言ゆっくりと咀嚼して聞き手にお伝えしておられる・・・・
それはまるで、エサを呑み込んだ親鳥が小鳥たちに口移しするかのような愛情とも言えましょう。
そして、動画作品として大きなポイントはヒーリング催眠効果抜群のオルゴール?風のBGM・・・・
お、おおう。嗚呼・・・・・
私にとって「最も役に立って」なおかつ「神動画」であります。
食事・運動そして薬物療法。それぞれの効果そして問題点が分かり易く語られていきます。
「おおう!清水はん。アンタに全面的にワイのカラダ任せるわ」
・・・と思わせるのが目的の動画ではないでしょう、あくまで「自分が治すための治療」の解説動画です。
炭水化物(糖質)の摂取を抑え解毒(空腹)の時間を作る。これを実行した人は糖尿病は治っている。
しかし現実としては、それが分かっていても実行できない人が多い。
そこに糖尿病を治すためのヒントが隠されている、と清水先生は語っておられます。
糖尿病はカラダの病気であると同時に「ココロ」の病気であると捉えて「自分が治す」という決意が大事ですね。


免疫学者・安保徹氏が語る「病気が治る免疫相談室」
お、おおう。嗚呼・・・・・
やはり、この動画を見ると落ち着きますし、癒されていきます。
働き過ぎない、悩み続けない・・・自然治癒力を生かして自分主体の人生を生きる。
その実践こそが糖尿病などの生活習慣病を治す最も大切な源泉といえましょう。
しかし「働き過ぎ」とは、実に深いフレーズだとは思いませんか?
なぜ「働きすぎてしまうのか」
食っていけないから?他人と比べて収入が少ないから?良い生活がしたいから?
サボると他人に迷惑をかけるから?あれも欲しいコレも欲しいから?
清水公一先生のご教示動画のように、自分自身のマインドや価値観を「一旦リセット」してみることが、「病気と向き合う」ことの第一歩なのかもしれません。


ダイエット方法を全部教えます!食事パーフェクトガイド! | Muscle Watching
ハイッ!ハイッ!!!マッスルまっする!
「貴方が太っている原因はズバリ”お金がない、時間がない、人間関係が悪い”などのストレスにあります。」・・とストレート気味に語る高稲先生。
これをそのまま受け取り「お金持ちになろう、時間を作ろう、人間関係を変えよう(良い人間になろう)」という生き方をすれば、益々ダイエットは成功しないとスリムちゃんは捉えています。
清水公一先生や安保徹先生が語られていたように「自分が主体となる生活習慣」の大切さを楽しく語られているという、1本1本が作品としても素晴らしいマッスルウォッチング高稲先生の動画です。
「お金がない、時間がない、人間関係が悪い」と「悩んでストレスを抱え込んでもダイエットは成功しない。それならば例えば「金がなくても時間がなくても人生を楽しむ、嫌な人間関係はしない(同調圧力から距離を置く)」というリラックスして解放されたマインドを持って、自分が主人公である人生を生きる。
これこそが清水公一先生の「自分主体のリセット治療」&安保徹先生の「自己治癒力」の実践であり、「ダイエットに成功したも同然だ」と高稲先生が動画内でおっしゃることも理解できるというものです。

【ありがとう】役に立ったヘルシー動画
   【完】

この記事へのコメント