【2019.2.7】日替わり寿司大定食!旨いっアア【今月は食事全公開?】

2月7日(木)食事を全公開

朝食
0207-1.jpg
●生わかめと溶き卵を加えた即席みそ汁(あさげ)
●アボカドとチーズ(マヨネーズ和え)

昼食
0207-2.jpg
●日替わり寿司大定食(小鉢、赤だし付き)

今日は、取引先の人と寿司屋でのランチとなりました。
[ここに地図が表示されます]
寿し若(すしわか)http://sushiwaka-ck.com/
広島市西区井口明神3-8-16
(広島電鉄宮島線、井口駅徒歩5分)


久しぶりに美味しい握り寿司に食らいつきました!
やっぱり美味いぜ!

た・だ・し。。。で、ある。

このスリム鳴造、本当に「飯もん」が好きだからな・・・・
一旦、「糖質量意識のリミッター」を外してしまったら、寿司やカレー、鰻、焼き肉や刺身との「コラボ白米」を、幾らでも食うでしょう。。。
そうなったら、また「メタボ豚造」へカンバックし「不健康」になってしまいます。
そうなってしまったら、かえって余計「好きなモン食えなくなってしまう」でしょう。
でも、それでも、ところが、しかし、たまには今日みたいに美味しい寿司を食いたいですよね。

そ・れ・ゆ・え・に。。。。。で、あります。

寿司10貫食って食後血糖値が上がっても高止まりすることなく、効率的なエネルギー変換(糖代謝)できるようなカラダにしておきたいものです。
要は「たんぱく質脂質やビタミンミネラルなど栄養をしっかり摂取」しながらも、「適度な糖質は摂取」することが大切だと思います。
そして食生活以外では「適度な運動」もさることながら、「リラックス」「十分な休養や睡眠確保」で副交感神経系を優位にすることも心掛けたいものです。
引用マーク始め1.png免疫学者の安保徹先生は働き過ぎが糖尿病発症の原因だと語っておられました。これは実に根が深い、重い課題ですね。
「免疫学者・安保徹氏が語る『病気が治る免疫相談室』 
(ご注意;今回ご紹介する動画は、ご自身の著作本プロモーション動画で語る安保先生です。視聴できるYoutube動画のURLが講演者(著作権者)=出版社の所有権利と一致する公式サイトで、共有機能である埋め込みコード使用可能でしたので、直接リンクさせて頂きました。)
引用マーク終わり.png

糖質摂取量を極端に制限するとインスリン分泌が減って血糖値が下がるのは当然ですし、その反面、諸刃の剣と言えば大げさかもしれませんが、「ほんの少しの糖質摂取やストレス」などで血糖値が上がり易い体質になるのではないでしょうか?
確かに、かつての私のような「クソデブ型2型糖尿病」が「一時期のみ集中して実施する対症療法」としては、糖質制限食事法も効果はあるものと存じます(私の体験)

た・だ・し。。。で、ある。

真に糖尿病を克服するためには、摂取し過ぎはもちろんNGだが「糖質もある程度食べなければならない」というのが、現時点での私「スリム鳴造」の考えであります。
なぜそう思うかと言えば、上のほうで書いたとおり、糖質を食べないとインスリン分泌が減るので血糖値が下がる反面、耐糖能(エネルギー効率)が悪くなるので、その他の要素、交感神経昂進(興奮や緊張)や睡眠不足などでも血糖値が上がり易いカラダになるのではないかと考えるようになったからです。

釜池豊秋先生のように「田んぼ(糖質)のない世界で山羊を自分で殺めて食らい、糖質ゼロで暮らす」と決意した人や、「インスリンは猛毒なので糖質は極力摂るな」との新井圭輔先生のお考えを全面的に支持する人を除き、それ以外の99.999999%の一般人は、糖質制限を生涯続けるメリットは少ないと思われます。
ましてや、「炭水化物の摂り過ぎで早死にしてはいけません」とか「炭水化物が人類を滅ぼす」とかのホンを書かれた、見た目が老け顔で猫背で超カッコ悪いセンセを盲信しても、人生苦しくなるばかりだと、スリムちゃんは考えています。
これら見た目も老け顔で超カッコ悪いセンセたちのホンを盲信して「糖質摂取が唯一血糖値を上げる原因なんだ」と擦り込まれて思い込んでしまうと、ストレスや睡眠不足など、「糖質摂取以外の血糖値を上げる要因」に思いが至らない荒んだ人生となってしまう恐れもあります。

長期的な糖質制限の実践により、リバウンドしたり糖尿病や肝機能が悪化したり動脈硬化が進んでしまった人の体験談も、ネットや個人ブログやtwitterで最近は見かけることが増えてきました。

2019年2月現在の私は、肥満の方は健康にヤセるまでの一時的な「対症療法」として糖質制限を実践し、体重コントロールした後は、ゆるかやな糖質制限を意識しつつも「糖質を味方」とした食生活を続けることが健康長寿の道ではないか・・・と、考えております。 


夕食
0207-4.jpg
●ホタテとブロッコリーとシメジのバター醤油炒め
●青ネギがたっぷり入ったふんわり卵焼き
0207-5.jpg
●アボカドとチーズのレモスコ・マヨネーズ和え

KIMG2640.jpg
帆立は青森県産とのこと。シメジやブロッコリーが賞味期限切れなので、このメニューで調理しました。

KIMG2639.jpg
バターは、スリム家御用達の「よつ葉バター」をふんだんに使いました。

KIMG2641.jpg
バターが食材に馴染み、ブロッコリーの水分が飛んだらしょう油を振りかけます。

KIMG2642.jpg
仕上げに、広島県産「青唐辛子」である「レモスコ」を使います。
ピリッとした辛みとレモンの鮮やかな酸っぱさがブレンドされた香辛料ですね。

「青ネギ卵焼き」は、明日賞味期限の玉子が何と5個も残っていましたので、取り急ぎ3個使って調理しました。
今日の夕食と明日の朝食用に、卵焼きは半分に切りました。

晩酌・・・焼酎水割り3杯
【スリム鳴造、本日の体重・・・64.2kg】

体重は昨日と変わらずでした。

この記事へのコメント