メタボ豚造(体重85kg)にお奨めしたいホン5冊【その⑨】

2018年3月。

スリム成掛(ナリカケ)55歳「!(^^)!」
スリム鳴造(ナルゾ)55歳「どうした?ご機嫌だなw」
成掛(ナリカケ)「えへへ。まあ、これを見てくださいな!」
        ↓
2018年体重随時血糖HbA1C
3月64㎏925.3
*空腹時血糖値の基準範囲は「70-110」、HbA1C(ヘモグロビンエーワンシー)の基準範囲は「4.6-6.2」

鳴造(ナルゾ)「おお!」
成掛(ナリカケ)「そうなんだよ。ついに血糖値が安定して正常化したんだ!」

良好な血糖コントロール値の覚え方について、岩岡秀明先生(船橋市立医療センター 代謝内科 部長)は、「血液検査で使われるHbA1cの値は、7%が正常値の境目。37度を『7度』と言う場合の『体温と同じ』と覚えておくと便利です」と解説されています。6%なら「平熱」、8%や9%になれば「高熱」と同じで治療が必要との判断の目安になるとのことです。また、空腹時血糖値の正常範囲(70-110)は「セブンイレブン」が覚えやすいとの事です。
■■糖尿病で重要な10カ条■■■(岩岡秀明先生;作成)
①重要な合併症は「しめじ」と「えのき」
 し・・・神経障害
 め・・・網膜症
 じ・・・腎症

 え・・・えそ
 の・・・脳梗塞
 き・・・狭心症・急性心筋梗塞

②重要な検査は「ABC」
 A・・・HbA1c(ヘモグロビンA1c)
 B・・・Blood Pressure(血圧)
 C・・・Cholesterol(コレステロール)

③HbA1cの目標値は「平熱」
 HbA1cは6.9%以下が目標値です。平熱も6.9℃以下です。

④間食で要注意なものは「あがつく3つ」
 甘いもの・脂っこいもの・アルコール

⑤空腹時血糖値の正常値は「セブン・イレブン」
 70~110mg/dlが正常値です。

⑥生活面で重要な5つは「ABCDE」
 A・・・Alcohol (アルコールは少量に)
 B・・・Body Weight (体重は適正に)
 C・・・Cigarette Smoking(禁煙)
 D・・・Diet(適量をバランスよく)
 E・・・Exercise(適度な運動)

⑦低血糖の症状は「はひふへほ」
 は・・・腹が減り
 ひ・・・冷や汗
 ふ・・・ふるえ
 へ・・・へんな行動
 ほ・・・放置は昏睡

⑧がん・認知症・感染症・うつ・歯周病も、糖尿病の合併症
⑨早期診断でも、普段のコントロールでも「食後血糖値」のほうがより重要
 正常値は食後2時間で140mg/dl未満です。

⑩糖尿病は、「検査と勉強の病気」
 定期的な通院加療を継続して、元気で長生きしましょう。

~以上、朝日新聞デジタル『糖尿病発症前から怖い合併症「えのき」って何?(忍び寄る糖尿病1)』から抜粋引用させて頂きました。https://www.asahi.com/articles/SDI201611142354.html
body-mass-index-woman.jpg
鳴造(ナルゾ)「糖尿病発症宣告が2016年8月。血糖値が正常化したのが3ヶ月後。そして1年半後の2018年3月もずっと安定して良い状態なのか。いやはや"我ながらキミ"は、大したものだw」
成掛(ナリカケ)「俺らにとっての"糖質制限"は、糖質を敵視するんじゃなくて味方にすること。」
鳴造(ナルゾ)「そうだよな。そして摂り過ぎはアカンが、糖質を適度に摂取して効率的にエネルギーに取り込めるカラダ作りをすること」
成掛(ナリカケ)「ははは。初めて意見が一致したな。あ、それから血糖値が安定したことに加えて、最近嬉しい事があったんだ」
鳴造(ナルゾ)「ん?何なに?」
成掛(ナリカケ)「信頼できるお医者さんと知り合えたんだ!(^^)!糖質制限や栄養について患者さんに応じた診療をしてくださる先生だよ!」
鳴造(ナルゾ)「"糖質制限"のみにバイアスがかかっていた成掛クンが、糖質制限というキーワードだけでお医者さん探しして大丈夫なのか?」
成掛(ナリカケ)「もう俺は"糖質制限コレクター"じゃないから安心してくれw。。自分で勉強したり自主的に探したんだから。」
鳴造(ナルゾ)「そうだよな。オイラ達は特定のセンセを盲信したりグループに加入したりしない自由人だからな。自分自身が情報をチョイスする無名無数の便所の落書き"2ちゃんねる"が故郷だw」
成掛(ナリカケ)「そうだよ。このたび知り合った先生は、頑として糖質制限を擁護する老け顔爺さんセンセ達とは違って、若くてハンサムで柔軟性もあって優しく診療見立てしてくれる先生だからね」
鳴造(ナルゾ)「やれやれ、顔で信用したのかよw・・・ま、それは冗談半分にしても、柔軟性があり優しく明確に説明してくださる診療こそ、患者にとっては自分で考えるクセも付くし、それが安心して受診できる事に繋がるし、病気から脱出するための最重要な要素だよな。糖質制限であれ何であれ、メリットデメリットあるんだから。それに比べたら肉・卵・チーズ食え・・なんていう極端なフードファディズムに陥ったMEC食なんかクソの中のクソだよなw」




成掛(ナリカケ)「ははは!クソクソ言うなよ。うんち💩に失礼だぞ。俺ら2人が大ファンである、ウンコや腸内細菌に詳しい藤田絋一郎先生に怒られるぞw。。」
鳴造(ナルゾ)「ハハハ。ま、でも、MEC食とか断糖食とか押し付け系については、オイラ達2人は糖尿病発症直後の初期の頃から既にクソだと見切っていたから良かったよな・・・」
成掛(ナリカケ)「ところで、鳴造さん。ひとつ頼みがあるんだが・・・」
鳴造(ナルゾ)「ん?何だい?」
成掛(ナリカケ)「うん。実は俺、ブログを始めようと思って準備してるんだが・・・」
鳴造(ナルゾ)「!!!」
成掛(ナリカケ)「自分の回りの人、特に同年代で糖尿病の薬やインスリン治療を受けている人が多くてね。それで"糖質制限"の話をしたんだけど、聞いてくれる人は皆無だよ。」
鳴造(ナルゾ)「食べ物や生活や医療は、みんな各々考えや擦り込まれた習慣があるから、他人の話は聞きたがらないよ、そんなものだよ。尿路結石だってそうだ。自分が痛みを経験して初めて聞く耳を持つ。」
成掛(ナリカケ)「痛み!・・・そうなんだよ。糖尿病は最初は何も痛くない。合併症の怖さを知ろうとしないで生活習慣とりわけ食生活を変えずに薬やインスリン治療を続けてしまう。で、ますます薬が増えていく。そして、ついに・・・・腎症網膜症神経障害の合併症だ・・・」
鳴造(ナルゾ)「それで成掛クンは"他にも選択肢や治療法があることを知ってほしい”との思いで、糖尿病治療を受けている知人友人等のデブの人に糖質制限の話をしたんだよな。よく分かるよ」
成掛(ナリカケ)「そのとおり。糖質制限も色んな方法があるし極端な事は勧める気もなかった。ただ、こういう方法もあると伝えたいだけだったんだ。だが誰も聞いてくれない。もう"デブ"は知らんよ。」
鳴造(ナルゾ)「だけど、自分の思いはアウトプットしたい。自分も2ちゃんねる等で無数多数の人の意見をインプットして勉強したから、瘠せることもできたし薬を飲まずに今のところは健康体になった。それで不特定多数が見てくれる媒体ブログで、発信して見ず知らずの人に見てほしい。。そうだろ?」
成掛(ナリカケ)「そだねw」
鳴造(ナルゾ)「で、ブログを始めるキミがオイラにお願いって何?」
成掛(ナリカケ)「ブロク主のHN。。。"スリム鳴造"と名乗っても良いかな?主に同年代50~60代の人らと共にスリム&ヘルシーになるぞ!・・との思いを込めて。」
鳴造(ナルゾ)「もちろんOKだよ。てか光栄だよ、ブログ主としてオイラのHN使ってくれるなんてw」
成掛(ナリカケ)「ブログ名は”目指せスリムちゃん!ヘルシーレシピ食いまくり"に決めたんだ!」
鳴造(ナルゾ)「うん!前向きな気持ちが出てて良いんじゃない?何かを"制限"するのではなく、"食いまくり"っていうのが気に入ったぞ!」
成掛(ナリカケ)「へへ。タイトルはイケそうかな、ありがとう。」

鳴造(ナルゾ)「よぉぅしゃあ!!それならば・・で、ある。スリムちゃんおススメ5冊の内、4冊目。ブログを始めるキミに燃料投下剤として応援&お贈りするホンはコレだぁあああッ!!!」



ゴ ゴ  ゴ  ゴ   ゴ   ゴ

藤田絋一郎ぉオオオ!!!「体がよみがえる長寿食」
藤田絋一郎「長寿食」.jpg
ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

KIMG2277.jpg
「体が若くなる食」「心が晴れる食」「頭が冴える食」が一目瞭然!
(~裏表紙のキャッチフレーズより抜粋~)

KIMG2279.jpgKIMG2278.jpg
イラストや写真の「図解」のホンで、たいへん読みやすいです。

成掛(ナリカケ)「著者の藤田先生については、ご講演の動画を何本も見ているよ。お腹にサナダムシを飼われていたり、ウンチ💩や、ばい菌の大事さを語られたり非常にユニークな先生だよなwww」
鳴造(ナルゾ)「この先生は80歳というご高齢なんか何のその。ひとつの考えに立ち止まらず、良いと思ったことはどんどん実行して読者に伝えている。自らの失敗談語るのも屁のカッパだ。」
成掛(ナリカケ)「著作ホンも物凄い数だ。その一方、乳酸菌/土壌菌/シリカ水/他、アチコチの健康関連の企業の広告塔のような事もされていて怪しい感じも漂わせている。だが、その怪しさはジメジメした暗い要素は感じられず、逆になぜか信頼できる先生だと思うんだよなw」
鳴造(ナルゾ)「それは先生ご自身、あちこちで講演されてて、明るく前向きなお人柄をオイラ達が知ってるからだろうな。断糖派のように偉そうな上からの押し付けもない。糖質セイゲニストとかセンセや信者同士で褒め合う気持ちの悪いジメジメしたカルト性もない。ましてや最低最悪のMEC食一派のような狂信&狭心なフード・ファディズムもない。藤田先生は自由であっけらかんとされているイメージだなw」
成掛(ナリカケ)「でもよ、この先生は不起訴になったものの薬事法違反で書類送検された事があったり、"おにぎりは常在菌たっぷりの素手で握ろう”と発言して、不衛生&無責任にも程があると世間から総反発食らったり、トンデモ医師の要素があるのは確かだよなw」
鳴造(ナルゾ)「そんな事あんな事も含めて、この藤田先生はオープンだから面白いんだよな。極めつけは、健康管理の仕事をしていたクセに先生自ら糖尿病になってしまった事もケロッと書かれてて、なおかつ自分も医者なのに"医者にかかって更に糖尿病を酷くされた"とシレーッと平気で書かれてるwww。」
成掛(ナリカケ)「はははは!そうだよ。俺がブログ始めたきっかけのひとつが藤田先生の糖尿病体験の記事読んだからだよ。お医者や学者でも糖尿病になる人が多いし間違いも失敗もある。藤田先生は自分の病気を酷くされた標準医療に対して怒りの声をあげる事もなく、あっけらかんとシレーッとケロッと書かれている。ユーモアや心に余裕のある先生だね。医者や学者も間違いもあって軌道修正するんだから、素人患者の俺が思いを綴ったブログを書くのに、何を恐れることがあろうか・・と。ぶうわはははっは!!」

体調も気分も健康診断の結果も好調な2018年3月時点のスリム成掛氏。
頼りになるお医者さんとも知り合い、そして「ブログ開始を後押ししてくれた藤田絋一郎先生のコラム」も読んで、自らの思いや体験をアウトプットするためにブログスタートを決意したようだ。
ブログ開設のお祝いとして、スリム鳴造から藤田絋一郎先生の著作ホンをプレゼントされた成掛氏。
これは鳴造氏からおススメされた5冊のうち4冊目であった。

次回はいよいよ感動の最終回です。
メタボ豚造からスリム成掛へと変化し、そしてスリム鳴造と名乗ってブログを開始した50代オヤジ・・・・
一体どのような結末が待っているのであろうか?

この記事へのコメント