メタボ豚造(体重85kg)にお奨めしたいホン5冊【その③】


前回までのあらすじ・・・・・・・・・・

2016年8月。
「糖尿病宣告」を受けた「メタボ豚造(53歳、体重85kg、身長は174cm、BMI28.1、肥満度1)」は、これまでの自堕落な食生活を含めた人生を猛省し健康を取り戻したいとの思いで情報を集めることにし、巨大掲示板2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の「身体・健康板」で糖尿病関連のスレを猛烈な勢いでチェックし、「糖質制限」というキーワードが頻繁に出てくる事に気が付いて「糖質制限」のホンを、すみやかに大量に買うためリュックを背負って大型書店に降臨した。
彼はそこで、2年後の近未来からやって来た自分自身だと名乗る「スリム鳴造(55歳、体重64㎏、BMI21.1、普通体形)」と出会う。
スリム氏は、ホンを買うためにメタボ氏が大事に手に握りしめていた「糖質制限を勧める人々のリスト」すなわち「新井圭輔/荒木裕/今西康次/江部康二/釜池豊秋/亀川寛大/中村巧/夏井睦/西脇俊二/水野雅登/宗田哲男/山田悟/渡辺信幸」と書かれていたメモ用紙を、いきなり「ビリビリビリ~」と粉々に破ってしまう。
スリム氏いわく、今破り捨てたリストに書いてある著者のホンはほとんど購入しているから見たければ貸してあげると。カネがもったいないから買うな、と。
そして「ホンはこの5冊だけ読んでおけば良い」と、「5冊」のリストを提示してきた。


2016年8月。
2年後の近未来からやって来たスリム鳴造(55歳)が、糖尿病宣告を受けた直後のメタボ豚造(53歳)に、お奨めした5冊は以下のとおりであった。(著者あいうえお順)

1、宇多川久美子「薬が病気をつくる」
2、江部康二「糖質オフ!健康法」
3、笠原友子「糖尿病は栄養をとれば健康に戻る」
4、藤田絋一郎「体がよみがえる長寿食」
5、柳澤英子「夫もやせるおかず作りおき」

何が何でも「糖質制限」を信用しそれを実行しようとし、それ以外の情報を受け付けようとしない"かつての自分=メタボ豚造"に対して、スリム鳴造は「頭ン中に糖質制限の事しかない今の豚造クンは、5冊全部いっぺんに読んでも理解できないだろうから、最初はこの2冊だけ読んどけ」とチョイスしたのは、江部康二「糖質オフ!健康法」と宇多川久美子「薬が病気をつくる」の2冊であった。
その理由は??

「アナザーストーリー、架空(夢)」の第3話は2016年9月。
8月の糖尿病宣告から約1か月後、メタボ豚造がスリム鳴造と再会した時の様子を覗いてみましょう。
bmi.jpg


スリム鳴造「よお」
メタボ豚造「おう」
スリム鳴造「9月15日の健康診断結果はどおだった?」
メタボ豚造「おおう!良くぞ聞いてくれた!8月4日の糖尿病発症時の体重約84㎏が73.6㎏に。血糖値も正常値までは戻ってないがかなり下がったし肝機能数値がすべて正常値になったぞ」
スリム鳴造「それは良かったな」
メタボ豚造「やっぱり糖質制限の効果は凄いわ!これからも頑張るぞ!」
スリム鳴造「トウシツセイゲンの効果・・・か。果たしてそれだけかな?ふふふ。ま、今はそれで良いだろうw」
メタボ豚造「ん?糖質制限に何か問題でも?そう言えばアンタ、オススメの5冊のうち2冊しか貸してくれなかったよな?なぜ?詳しい理由を聞こうじゃないか?」
スリム鳴造「お、良いだろう。まず1冊目の江部センセのホンだが今のキミは糖質制限の事だけを知りたがっているからこのホンが一番手っ取り早いと思ったからだよ」
メタボ豚造「うん。確かに江部先生のこのホンはどんな食品に糖質が多いかとか、糖質制限を初めて学ぶにあたっては分かりやすかったな」
スリム鳴造「そうだよ。江部センセは良かれ悪しかれ今の"糖質制限業界"の第一人者だ。まずはこの人の考えやホンを知っておけば、良くも悪くも役に立つのは間違いない。それにこのホンは税別550円だからな、安いから良い。それがオススメした1番の理由だ。」
メタボ豚造「何だい?第一人者を捕まえて"悪くも"って?この先生に共鳴してるからススメてくれたんだよな?よおし、江部先生の他のホンも買う事にするよ!」
スリム鳴造「止めとけ、タイトルが違うだけでどの本を読んでも基本的には中身は同じだ。ひたすら糖質制限の効果とやらが書き連ねているだけだ。カネをどぶに捨てるようなもんだぞ。それに江部センセのホンは3冊くらい買ってるし、まだ捨てずに持ってるから勝手に読めよw」
最初の2冊.jpg
メタボ豚造「何か醒めたヤツだな。2年後の俺って糖質制限のおかげで健康になったんだよな?そうだと答えてくれよ?俺はそう思ってるぞ。ま、その話はまた追々聞いてみるとして、2冊目の宇多川久美子先生のホンをススメてくれた理由は分かったよ」
スリム鳴造「うん。」
メタボ豚造「本当に薬が効くなら病気自体がいずれ治せるはずなのに、薬は一生のお付き合いだなんて医者から言われて確かにおかしなことだよな」
スリム鳴造「そうだよ!宇多川先生は元薬剤師でたいへんな薬好きだったらしい。でもそんな彼女が今は薬なしで健康的な生活を過ごしておられる。キミは糖尿病と向き合うにあたって自分自身が勉強して"糖質制限"が最初のきっかけになっている。医者や健康本センセに頼ろうとするんじゃなくて、自分自身が治そうとするそのマインドを強力に後押ししてくれる・・・その著者こそが俺らにとっては女神様の宇多川久美子先生だよ(笑)」
メタボ豚造「女神さま・・・かw確かにネット動画で拝見した宇多川先生は元気いっぱいで見ていて楽しかったなw」
スリム鳴造「そうだよ。その楽しいという気持ちが健康には重要なんだ。そこが江部とか夏井とかいった巨大市場の糖質制限ムラの頂点に君臨する老け顔ジジイの冴えないネット動画とは大きく異なる点だな!」
メタボ豚造「おい!江部先生の長い動画は見当たらなかったが夏井先生の動画は役に立ったぞ!それに見た目やルックスは内容とは関係ないだろうが!」
スリム鳴造「あはははは!確かに夏井センセが地上波TVでひな壇芸人を味方につけた美人医師にボッコボコにされたりして、笑わせてくれたエンターテイメントとしては確かに役に立ったな。」
メタボ豚造「おい!いくら2年後の俺がお前だとしても、それ以上糖質制限を推進する先生方を愚弄することは許さんぞ!スリムだか何だか知らんが、お前だって糖質制限推進派の先生のおかげでヘルシーになれたんだろうが!」
スリム鳴造「バカやろう!キミはもう忘れたのか?俺たちは、賛成反対・罵詈雑言・異論反論の喧々諤々の場である巨大掲示板の無数無名の人々からの情報を宝として、病気と闘う事にしたはずだ。それが原点だぞ!糖質制限派のセンセ?そんな連中のおかげなんて事は全くないぞ、2年後から来た俺が言うんだから間違いないよ」
メタボ豚造「うっ・・・。それはそうだけど・・・。なぜ?なぜ、そんなに糖質制限をDisるんだよ?」
スリム鳴造「いいや。"摂り過ぎた過剰の糖質を少なくする"という事は、とても重要な事だ。そういう意味で俺はDisるどころが糖質制限は大変重要であると思っているし、たぶんこれからも一生続けると思う。」
メタボ豚造「はぁ?過剰糖質削減=糖質制限?そんな事は分かっているが・・・」
スリム鳴造「いいや。糖尿病発症直後から糖質制限を実施して体重が激減して血液検査の数値も改善されつつある今のキミはまだ分かっていないよ(苦笑)」
メタボ豚造「どーゆー事だ?糖質を減らす事が糖質制限だろ。そんな事ぁ分かっとるワイヤ。アンタの言ってることこそが益々訳が分からんが・・・・」
スリム鳴造「じゃ、教えてあげよう。簡単に言うと"糖質を味方とするか敵とするか"・・の違いだよ。」
メタボ豚造「糖質が味方?おいおい!糖質は、だな。血糖値を上げる唯一の栄養素で生活習慣病になったり肥満になる主因であり、そして・・・」
スリム鳴造「(・∀・)ニヤニヤ・・・やれやれ。今のキミは糖質憎しで仕方ないか。人生初めてのダイエットに成功したんだからな。ハハハハハハ!」
メタボ豚造「クソ!何か腹立つヤツだな。」
スリム鳴造「無理もない。お医者さん達でさえ、自分のダイエットと血糖コントロールが成功したことに興奮や感動してしまい"糖質制限"に夢中になってすっかり信奉してそこで思考も医療方針も停止している人が多いからな。その医者たちは糖質制限ホンを売りまくった先輩医師を師匠と呼んでる人が多いよ。糖尿病学会や製薬会社は古くて巨大な既得権力なんだと批判しておきながら、オノレらも"巨大な糖質制限利権ムラ"の縦割り社会に属していることには無頓着なアホな連中だよ。せっかくそのお医者さんを信頼しようとしても、患者にとっては関係ない糖質制限ムラの序列を持ち込んでいることを発信していたら、そりゃあ、一部の糖質制限ファンからは支持を得られるが、その他99%の地域患者からは支持されないし、決して自分自身が責任を持った主治医になり得ないと宣言しているようなもんだ。若くて患者思いの医師は1日も早く糖質制限ムラを脱出し、老け顔の糖質制限ビジネスマンである先輩医師を師匠呼ばわりすることをやめて、自身の治療を確立してもらいたいものだよ」
メタボ豚造「・・・ずいぶん歪んだ考えだなアンタは。いくらスリムでも2年後はアンタみたいになりたくないな。」
スリム鳴造「あははは!ま、いわゆる"糖質制限"の限界というかデメリットについては今に分かるよ。そうそう、先月破り捨てた糖質制限推進派のリストだけど、各著書の感想を教えてあげようか?ホンをワザワザ買わずに済むからな」

・・・・・と、言うわけで次回は、スリム鳴造が破り捨てたメモ用紙、すなわちホンを買うためにメタボ氏が大事に手に握りしめていた「糖質制限を勧める人々のリスト(新井圭輔/荒木裕/今西康次/江部康二/釜池豊秋/亀川寛大/中村巧/夏井睦/西脇俊二/水野雅登/宗田哲男/山田悟/渡辺信幸)」の著作ホンについて、スリム氏がメタボ氏に感想を語ります。
次回もお楽しみにっ!

この記事へのコメント