「柳澤英子さん」のレシピ本「その8:まとめ編」

    よっしゃああああ!!!!
   この食事法で治してみようぅぉおおお!!!
   何が「3週間の教育入院です」だ。
   自分で治してみせるぞ!
         ↑
2016年8月4日。空腹時血糖値とヘモグロビンA1cの高数値により糖尿病と診断された、我らがブログ主「スリム鳴造(当時はメタボ豚造)」は、多忙(内心は、病気への恐怖心と病院への不信があった)を理由に、3週間の教育入院(カロリー制限の病院食と投薬治療らしい)を断り、と、言っても、1か月後には再び実施予定の血液検査の結果が改善されていなければ、「投薬と入院」を受け入れざるを得ない状況でありました。

「糖尿病という一生治癒することはなく、投薬生活は当たり前で、そのうちインスリン注射、さらには合併症の恐怖」という知識くらいはありましたので、真夏にもかかわらず、寒気と恐怖におののき冷や汗が止まらなかったと記憶しております。。。
フラフラとした足取りで家に帰り、コンビニで買った昼飯「ざるそば」(病院の栄養士さんのご指導で、「カロリー制限して、脂っこいものを控えるように」と言われたので、ざるそばを買ったのでした)をすする暇も惜しむかのように、糖尿病宣告の恐怖と情けなさで泣きたい気持ちを堪えながら、PCを立ち上げました。

「あいつら、あいつらなら、ビョーキを治す方法を語り合っているはずだ」・・・・・・そのアイツらとは???
PCで真っ先に訪れたのは「2ちゃんねる 健康板」でありました。アイツら・・とは、無名無数の書き込み者(投稿者)の皆さんです。「それぞれの病気体験や治療法がリアルに語られているはずだ!!」

「何とかしなければ本当に入院する羽目になる。しかし、1日中ベッドで横になって病院食を食べて薬飲んで、本当に体調が良くなるのかな?」「それに女性の栄養士さんは、けっこう太っていたぞ!本当に信用して良いのか?」と疑問を持ち、自宅に帰ってからは、ざるそばを啜りながらインターネットの巨大掲示板「2ちゃんねる」の「健康板」のチェックを始めました。日本いや世界最大の不特定多数参加型の掲示板「2ちゃんねる」は真実や嘘が「玉石混淆」の如く語られている場ではありますが、その中の「健康板カテゴリー」は人間共通の身体の語り場で、職業板その他のような、主義主張の相違や利害関係が少ないので、悪意のある投稿が少ないものと判断しています。そこで投稿者の様々な意見や体験を読んでいると「糖質制限」というキーワードが頻繁に見つかりました。

「なるほどなるほど、太る原因はアブラ(脂質)ではなく糖質なのか」
「糖質っていうのは甘いものだけではなく炭水化物から食物繊維を引いた、白米・小麦などの主食の事か!知らんかったわ」
「・・・と、言う事は、今食ってる"ざるそば"も太る原因?何か信じられないよな・・・」
  ズルズルズルぅ~(ソバをすする音)

「肉や脂は食べても太らないのか。いや、むしろしっかり食べて栄養を確保しなければいけないのか!」と勉強して、翌日から暇を見つけては、「糖質制限」というキーワードを第一として本屋巡りをしました。
そうしたら、あるわあるわ・・書店では「糖質制限」をテーマにした書籍が、それはそれはたくさん有りました。それだけ人々の関心が高い事も、恥ずかしながら初めて知りました。その他、「少食を勧めた本」「薬に頼らない健康法」「食事内容と筋トレ」「カロリー制限より摂取食物の内容が大切」「良い腸内細菌を増やそう」など、その後、1年程で50冊くらい買い集めたり、ネットでYoutubeの関連講演を聞きながら事務仕事をするのが日課になっていました。。。
(*買い集めた健康本と見まくった健康関連動画のレビュー、そして、糖尿病宣告を受けてから最初の半年間の食事や運動内容の記録につきましては、後日、別途カテゴリーを設けて、読者の皆様にご案内させていただきます。ぜひお楽しみに!)

さて、糖尿病宣告を受けて僅か1ヶ月後の2016年9月の血液検査。その結果は・・・・
正常値までには戻っていないがヘモグロビンA1c(過去1~3か月間の血糖値の平均)の値が1ヶ月で8.4から6.5(正常値は4.6から6.2、体重も1か月で約8㎏減量していました)に改善していました。肝機能その他の数値は、何と約10年ぶりに正常値に戻っていました。医師・栄養士さんから「他の方の検査結果と間違えたか」と冗談とお褒めを頂きました。薬も入院も不要という診断を頂き、半年後に再検査となりました。

要経過観察とは言え、「投薬も入院もなし」というお医者様からのお見立てを頂戴したとき、私は大声で叫びたいほど、本当に嬉しかったですね。

いやっあっほぉいいっつつ!!!

「ありがとう、ありがとう。「2ちゃんねるの無数無名の投稿者さんたち」
「ありがとう、ホンやネットを通じて既成常識に逆らって勇気を持って真実を教えてくれた著者やお医者さんたち」

作者FineGraphicsさん.jpg

しかし、当然、問題・課題もありました。
買いまくったホンを読み、見まくったネット講演で「糖質制限&栄養キープ」が効果があるとのことを学び、最初の1か月間は「白米・パンは当面厳禁、そして甘いものやお菓子も全面禁止」と「豆腐・納豆・肉・魚・卵・チーズ・ナッツの積極的摂取」を、有無も言わず実行してきましたが、そんな味気ない食事が、これからも続くはずもありません。
正直、毎食の献立に困っていたのが事実で、けっこう深刻な問題になりつつありました。特に、毎食メニューを考えてくれる立場の妻は困っていたようです。それはそうでしょう!それまでは、ご飯やパンや麺類に頼るからこそ、献立も色んなパターンで回せてこれたのに、ある日突然、夫が「明日から糖質制限の食事にする。米やパンはもう食わん」と言ったら、それは日本に暮らす一般主婦(*注意)であれば、誰もが当惑・困惑の極みに陥るものと思われます。
(*注意;日本の一般主婦、つまり女性が食事を準備しなければならないのか・・という訳ではありませんし、そういう思想でもありませんが、我がスリム家内のお話でもあり、良い悪いではなく、現状では家庭料理を準備するのは女性が圧倒的に多いという一般的現象としてお読みくださいませ)
そんなときに、スリム家に救世主のごとく現れたありがたいホンが降臨っつ!!!!
たんぱく質豊富な肉や魚をしっかり摂取できて、なおかつ、糖質も大幅に減らしたメニューが満載の「糖質制限&栄養改善」の日々の実践の道しるべとなった、本当にありがたいホン。それが
           ↓

  やせおかシリーズの基本となる書。主菜をたんぱく質(鶏肉・豚肉・牛肉・豆・魚介・卵)、副菜をミネラルビタミン (野菜が中心)のおかずレシピが満載です。

  ①で作ったレシピで著者とともに、デブだったご主人も健康的に痩せたとの事で、本書では男性も満足できるお肉や麺   (ヘルシー食材でかさまし)をなどで作ったガッツリレシピが満載です。

やせおかレビュー1.jpg



  「小さいお弁当箱よ、さようなら。低カロリーよりも低糖質。しっかり食べてヤセる!」主菜と副菜2つを組み合わせてかさまし炭水化物で楽々メニュー。そして作りおきすることで、お弁当以外の食卓にも召し上がれるレシピ集です。
  上記①~③の「栄養がっつり・糖質控えめ・作りおき」のコンセプトである「やせおかシリーズ」の応用編と言える本書です。火は一切使わず全部電子レンジで作れる「楽ちんレシピ集」です。ワタクシ、スリム鳴造も大いに愛用しています。

やせおかレビュー2.jpg



健康的な食生活を過ごすにあたって、「実用的に最も役に立ったホン」・・それが、小学館から発行された柳澤英子さん著書の「やせるおかず」シリーズであります。当スリムちゃんブログでも7回シリーズで、やせおかシリーズの本を参照したレシピをご紹介してまいりましたので、ご興味ある方は、ぜひご参照くださいませ。

    やせおかシリーズのご案内
     鮭の生姜焼き弁当、肉団子風弁当
    カレーピラフ風 弁当
    かさまし焼きそば弁当
    おむすびもどき弁当
    塩から揚げ 弁当
    松花堂 風 弁当

皆さんのお役に立てる面白いブログを目指します。
検索アップ応援のほど、よろしくお願い申し上げます。
   ↓             ↓

ポチッとスリムちゃん
   ↓  

この記事へのコメント