ヘルシー広島お好み焼き!試作【第2号】①準備編

糖質の塊である小麦粉(生地と麺)がメインの
広島風お好み焼きを、できるだけ糖質を減らして
ヘルシー【なおかつ】美味に調理したいシリーズ。

今回は【第2号機】の実況っス!!
お好み焼き2号、01-01.jpg


・・・その前に・・・・
 「肉や脂は太る!」 「野菜不足は不健康!」
  「バランスの良い食事を摂りましょう」

 ↑ こんな事を信じていたから太って病気になった私
つーか、今でも信じている人が多いと思いますね。
日本では「バランスの良い食事」とは、糖質を含む
炭水化物60%、タンパク質15%、脂質25%との事。

なおかつ糖質を含む炭水化物は「主食」と呼ばれて
毎食欠かさずに、摂取しています・・・が???


私の体験、私の意見においては、この「バランスの良い食事」では
筋肉・内臓など人体のいろいろな部分を作るのに欠かせない栄養素
である「タンパク質」が不足と考えており、
代謝機能が衰えた運動不足気味の21世紀の中高年にとっては
これこそ「メタボなのに栄養失調気味」になる一因と思われます。


  あらま!テキトーな事書かないでね!
  単なる食べ過ぎで栄養過多が肥満の原因なんざましょ?!


・・・・と、メタボ時代の私も、そう思っていました。

しかし「メタボなのに栄養失調気味」とは、
正にかつての私の血液検査のデータそのものなのです。

私の身長は174㎝ですが・・・・

2016.7月メタボ時代(体重85㎏、アルブミン3.8)
2018.3月スリム時代(体重64㎏、アルブミン4.5)

アルブミンとは栄養状態を示す指標で、
正常値が4.0~5.0とされています。

メタボ時代はアルブミン3.8なので、正常値を下回っており、
栄養不足でしたね。

食事摂取総量・・・・メタボ時代>>>>>>スリム時代

なので、体重が20㎏も違うのは当然として、

栄養状態・・・・・スリム時代>>>>>>メタボ時代

↑メタボ君は「大食いで栄養不足」
スリムちゃんは「少食で栄養OK」

我々はこれに注目しなければなりません!!!!


  はいはい。栄養についてのご高説は十分承りました。
  それでお好み焼きの実況はどうなったんだよ!


とのお叱りを受けそうな状況で、次回   

この記事へのコメント