★番組感想★【食の起源「ご飯」】①ご飯は健康長寿の敵か?味方か?

普段はTVを全くと言っていいほど観ない「インターネット検索オヤジジイ」の私「スリム鳴造」
と、言いながら一方で、多くの「ヘルシー系TV番組」を録画しているのですが、そのほとんどが1回見ただけか、あるいは全く視聴していませんでした。
さて、今年(2020年)の大型連休ゴールデンウイークは、新型コロナウイルス感染拡大防止の「外出自粛」の要請で、「ステイホーム・ウイーク」となりました。

このステイホーム期間に、もう一度見てみたい、あるいは全く未視聴の「ヘルシー系番組」を何本か視聴しましたので、今回はそのうちの1つを【番組感想】の特集記事とさせていただきます。

その番組とは・・・・・・

gogogogo横.jpg
食の起源「ご飯」
食の起源TOKIO.jpg
この番組は、NHKスペシャル「全5回放送「食の起源」シリーズ」の第1回目として、2019年11月24日に放映された番組です。

シリーズ「食の起源」(全5回)は、あなたと食との知られざる関係を、壮大な進化の視点から解き明かす、かつてない大型番組だ。
食にこだわりをもつTOKIOをナビゲーターに迎え、ワクワクする食の冒険を繰り広げる。

第1集のテーマは、ニッポンの主食「ご飯」。
日本人のソウルフードでありながら、糖質が多いご飯は「肥満の元凶」とされ、“ご飯抜きダイエット”もはやっている。

ところが最近、「糖質を減らし過ぎると寿命が縮む」という衝撃のデータも!

ご飯は健康長寿の敵なのか、味方なのか?

人類と糖質の関係を起源までさかのぼると、ご飯には日本人の遺伝子や腸内細菌を変えてしまう、すごいパワーが秘められていることがわかってきた。
あなたのご飯を見る目が、きっと変わる! 

【出典;NHKスペシャル; 「食の起源、第1集、ご飯(健康長寿の敵か?味方か❓)」特設サイトより抜粋引用させていただきました】

当番組は、「自給自足OK?」のワイルドな現業アイドル「TOKIO」のメムバーがナビゲーターです。
司会は、以前ブラタモリでタモリさんのアシスタントをしていた近江友里恵アナウンサー。
解説は、何と拙ブログで何度も引用させていただいている「メタボリック・ドミノ概念図」の発案者、伊藤裕先生です。
伊藤先生は、血糖値を下げる働きのある「インクレチン」分泌を促す短鎖脂肪酸を排出する腸内細菌や食物繊維の重要性も語られています。

メタボリック・ドミノ.jpg
【メタボリック・ドミノ】

画像は、「日本内科学会誌100号第1号・平成23年1月10日」の伊藤裕先生ご自身の論文から引用転載させていただきました。
【筆者注意】検索したところ、メタボリック・ドミノの画像は無数のお医者さんがネットで使われているようです。
ただし、他の医師のサイトで使用されている「ドミノ図」は各々の診療のためでしょうか、解釈や文言を追記し改変しているものが多いです。
特に歯医者さん達のサイトでは、最初のドミノを「虫歯・歯周病」と勝手にネーミングして画像掲載しているのが多く見かけました。
それだけこの「ドミノ図」が、分かりやすく工夫されている素晴らしい図表であると言えるでしょう。

当ブログでは、提唱者ご自身である伊藤先生のオリジナル「ドミノ図」を、そのまま引用させていただきました。

さ・ら・に。。。。で、ある。
番組内で「腸内細菌の専門家」として登場された「福田真嗣」先生の名を見た時、私は「ええ?」とビックリしました。
・・と、言いますのも、番組放映当日(2019年11月24日)、この番組を見る前に本屋に行って立ち読みして気に入ったホンがありまして、福田真嗣先生はその本の「代表著者;編者」だったのです。

「もっとよくわかる!腸内細菌叢」というタイトルの本だったのですが、医学専門書のせいか値段が税別で4,000円と高額だったので、買うの諦めて、タイトルと出版社、編者名が入った「検索シート」だけをプリントアウトしました。
次の機会にひょっとしたら買うかも、いや、4千円は高いなあ・・と、思いながら帰路についたのでした。

メタボリック・ドミノ発案者の伊藤先生。
私が買おうとした腸内細菌の著者福田先生。

そ・し・て。。。。。。。で、ある。

ダッシュ村やダッシュ島で、食材や料理、そして自生している食物に詳しいTOKIOのメソバーたち。
これらの人たちがお贈りする「糖質やご飯の最新知見の番組」が面白くないわけがありません。

食の起源① (8).jpg

おやおや・・・(苦笑)
サブタイトルの「健康長寿の敵か?味方?」のフレーズは、穏やかではありませんね。
そう、もちろん、こんな煽りっぽい副題をTV局が付けたのは、「一般国民に広く浸透した糖質制限ダイエット」と「ご飯や炭水化物は健康に良くないらしい。」という根強い&根深い「社会的ブーム」が背景になっていることが明らかだからでありましょう。

しかし。。。。。。。。で、ある。
そもそも、何でこんなに「ご飯」が悪者にされてしまったのか?


KIMG2336.jpg
何と言ってもお医者さんたちが口角泡を飛ばす勢いで、炭水化物について「人類を滅ぼす」「早死にする」「日本人だからこそ食べるな」と、著書で、講演で、TVで、ブログで、徹底的に「悪の権化」としてお診立てしておられるので、医者や権威に弱い日本人は、その医師たちのご教示を盲信的に信用してしまったという要素もあるのでしょう。


平成時代は、事もあろうか医師たちが「これ食って良い、これはNGだ」とか人類にとってどれも欠かせない栄養素について吠えまくり、日本国民を煽りまくった異常な時代でありました。

しかし、令和に入ってからは、「食物繊維を豊富に含む」炭水化物さえ悪者に仕立て上げられた「古い平成時代のダイエット法」のブームは、ようやく終わりを告げつつあります。
          ↓
          
令和元年10月にBS日テレで放映された「糖質制限ダイエットは正しいのか?」の番組の感想記事です。
「糖質制限ダイエット」とは、ボディメイク系でもない、イケメンでもない、ただ単に「何が何でも炭水化物を悪者にしている爺さん医師」たちの商売であることに、多くの一般日本人がようやく目が覚めて気がついたであろう歴史的意義のある番組であったと、スリムちゃんは位置づけます。
ご飯.jpg

そもそも「糖質制限」というのは・・・・

①病気治療(肥満改善など)としての「食事療法」
②プロ競技者がパフォーマンス向上のため行う「トレーニング法」

↑以上2つの実践目的であれば、対症療法そして期間付きであれば有効ではなかろうか、とスリムちゃんはブログで何度も訴えてまいりました。

た・だ・し。。。。で、ある。

食事療法でもないトレーニング法でもない、渾身願望が病的に強い「健康な人がダイエットとして実践する糖質制限」には、スリムちゃんは反対でございます。

健康な方が「ワザワザ炭水化物やご飯を食べず、肉や脂を体力の限界近くまで食って良し」とする糖質制限ダイエットを長期間続けた場合の危険性が、続々と発表されたり語られております。

「治療」と「ダイエット」は違うのです。
「治療とダイエットをごちゃ混ぜ」にして発信できる職業は医師だけです。
健康な人をも巻き込んで体調悪化した人が増えた事が社会現象となってしまったので、「ダイエットとセットで糖質制限を推進した医師ども」は、本当に性質が悪い連中だと思います。

どうか、どうか、健康な人は、片寄った食事やダイエットをした挙句に体調悪化や病気になられないように、スリムちゃんブログではこれからも底辺とはいえ注意喚起を促してまいります。

ご飯.jpg

令和新時代に入ってからは、この番組のように国営放送局も取り上げて、平成の古臭い「糖質が悪者にされた時代」は既に「しくじり時代」として過去の遺物となって、「糖質は食物繊維と共にしっかり食べよう」という、人類として当たり前の風潮や世論が形成されつつあるのは嬉しい限りです。

でも、これらのテーマは何も新しい考えでもなく、既に昭和時代から「加工工業食品の摂り過ぎに注意、食物繊維の有効性」は語られていたのですが、ま、それは別の機会に記事にしましょう。

いずれにしても当番組、NHKスペシャル「食の起源第1集ご飯」を視聴して、益々「穀物などの食物繊維ビタミンミネラル豊富な糖質はしっかり摂取すべきだ」との思いを強くしました。
そう、私にとっては大変興味深い大ご馳走の面白い番組でした
それもそのはず、この番組は拙ブログが令和になって特集してきた「炭水化物」「食物繊維」「健康長寿」と、テーマが被りまくりです。
食の起源① (3).jpg

た・だ・し。。。。。で、ある。

この番組では「ご飯嫌いの世論」を急激に変えようとしている意図が全面に出過ぎているというか、少々先走り気味というか、「ご飯」をひとくくりにして「糖質と食物繊維の違い」をしっかり説明していない点や、やたら「ご飯がとにかく優れている」と「我田引水」しているという、強引な脚本や演出や編集が気になるところではあります。

そ・れ・で・も。。。。で、ございます。

「ご飯や炭水化物が人類の敵」などと、とんでもなく頭の悪い暴論を喚き散らした冴えないアホ医者どもに影響されての糖質制限ダイエットブーム自体が、明らかに「人類にとって、とりわけ日本人にとって」すぐに改めるべき緊急異常事態と言えると思いますので、現実に気が付いて目を覚ます一助と位置付ければ、この番組の放送意義もわかると言うものでしょう。

糖質制限推進派センセ方は、ご多分に漏れずこの番組にも「反論します反論します」と噛みついて、アラを探して重箱の隅を突きながら泣き喚くのでありましょうが、まずは自分たちが医師でありながら「善か悪かの二者一択で、とことん炭水化物を悪者に仕立てた極悪人、フードファディズムに陥った愚か者」であることを自覚すべきでありましょう。



【番組感想】食の起源「ご飯」

①ご飯は健康長寿の敵か?味方か❓
     ↓

この記事へのコメント