【ご愛読御礼】ブログ開設2周年!②炭水化物を取り戻しつつある日々

ブログ開設2周年記念。
2years!!!.png

今回は第2弾。
●炭水化物を取り戻しつつある日々●

困ったわね(作者くりまんさん).jpg
痩せているのに糖尿病リスクが増えているという女性。
老化ではなく低栄養によって衰弱しているというご高齢者。

この2つの記事が同時期にリリースされたことに興味を持った私「スリム鳴造」が、自身が抱える「糖尿病リスク」に対する対策も「糖質制限」が一定の効果があるのは自ら学習済だが、それよりも大切な「栄養確保」について、ブログ記事を書きながら自ら学び、ややもすれば「糖質制限」の呪縛に縛られていた私が、「3大栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物)」だけにフォーカスするのではなく、ビタミン・ミネラルを含めた「5大栄養素」の重要性に改めて気が付いた記念すべきシリーズです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連載を振り返って(2019年3月22日投稿文の再掲)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
体調不良やうつ病などの病気は、すべてが鉄やたんぱく質やビタミンミネラル不足が原因だ、その不足しがちなビタミンミネラルはサプリでと誘導する「メガビタミン摂取論者」の言う事を鵜呑みにされないで、基本的には「必要なたんぱく質は色んな食材からしっかり摂取して、不足しがちなビタミンミネラルは食品から摂取」の実践をおすすめします。

もちろん、本当に重篤な方や急性症状の改善が必要な方などは、対症療法的に医師のご指導の元、ビタミン剤やサプリの一時的服用も有りだとは思えます。

た・だ・し。。。。。で、あります。

私にとって「病気の原因をすべて栄養素の過不足のせいにしている医師やその信奉者たち」すなわち「極端な糖質制限やメガビタミンを推進している医師やグループ」に対しては、怪しい連中としか思えないのです。
この考えは我ながら、とても健全だと捉えております。
「この食いものがカラダに良い悪い、このサプリが効く」とかのFBグループやSNS等の「眉間にしわ寄せて食べ物の良い悪いを議論したり、反対意見を排除する集団」なんて、冷静に考えてみたら、この世で最も面白くなくつまらない集まりでありましょう、と、スリムちゃんは考えます。
ま、それ以前に健康な方がワザワザ極端な糖質制限をする必要はない(注)しメガビタミン剤なんか飲む必要はないと、スリム鳴造は強く強く思っています。

(注;食物繊維ビタミンミネラルを取り除いた白米・小麦粉等の精製糖質を食べ過ぎの方は、糖質制限というよりも、過剰摂取の糖質を減らしたり精製前の穀物を混ぜたりする工夫をされたら良いと思います。)

なお、ヤセた女性の糖尿病リスクについては、発症原因を「カロリーの消費力不足」としている笠原友子先生のホンをお読みになられると参照になるものと思います。

KIMG2956.jpg

そして、高齢者の栄養不足による衰弱については、以下
の記事内動画「メタボ・ロコモの研究から見えてきた最新の健康長寿食 」の感想もご参照ください。

(連載期間2018.7.1~8.17;全5回)
海辺のあひるさん.jpg
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」
・・・・・そんな付け焼刃のことわざは尿路結石の激痛には通用しなかった。
厄年の42歳の時に尿路結石を初発症し、その激痛にすっかり消沈消耗したブログ主。
食事に気をつけたり、運動習慣も身につけていたのにその後再発してしまい、なおかつ、どんどん体重が増え続けてしまった。
さらに、参加した市民マラソンで必死になりすぎて他の参加者に不愉快な思いをさせて「いやぁアアア!何この人ぉおお!!」と女性ランナーに怒鳴りつけられた、ダメ男のストーリー。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連載を振り返って(2020年3月21日;スリム鳴造、記)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
42歳時に尿路結石発症。
その後、運動習慣があったにもかかわらず体重が70kg代前半から85㎏超えに。
53歳時に糖尿病発症。
その後「カロリー&糖質制限+栄養UP」で20kg減量し、何とか健康状態を保っています。
ただしで、ある。
このまま、ずっと健康状態がキープできるとも思っていません。

当特集の記事執筆当時は、「尿路結石を発症した肥満の原因は脂質ではなく糖質の摂り過ぎ」と結論付けていますが、今は考えが違います。

もちろん、記事執筆当時と同じく「糖質に片寄った食事」も肥満の一因であるとの思いは今も変わりませんが、それに加えて「動物性脂質の摂り過ぎ」すなわち「精製糖質と脂質が合成された超加工食品」に片寄った食事が現代人の肥満の主因ではないかと思っています。
また、栄養素や摂取内容だけが健康を作るというものでもないでしょう。

ココロの有り様や睡眠時間、たまには羽目を外して遊ぶ・・そんなメンタルな要素もヘルシーに影響を与えているものだと思います。
健康や病気については「この方法が良いんだ!他はダメ」という排除の論理を持たずに、常に謙虚に学んでいきたいものだ・・・と、今後も自分自身に問いかけたいと思います。


【食卓バトル】絶海の孤島vs安芸の宮島

(連載期間2018.7.9~8.30;全5回)
08-2青ヶ島焼酎.jpg
スリム家の食卓スタジアムで開催された「ヘルシーレシピ食いまくり&旨い酒飲みまくり大会」
・・・5大栄養素を大量に摂取しながらの凄まじいまでのカロリー&アルコールのバトルの応酬ッつアア!!!
翌日、久しぶりの二日酔いで普段の「糖質制限の昼食」をカラダが全く受け付けないスリム鳴造を救ったのは、糖質制限ムラの頂点に君臨する老けて冴えない大先生達や、それに付随するお医者どもから「人類を滅ぼす」「食べたらダメだ」とまでに敵視されている「糖質の塊りのアノ食材」だった!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連載を振り返って(スリム鳴造談)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
食って喰って、飲んで呑んで、そしてまた食べて飲んで・・・と、正に「食いまくりがテーマ」の拙ブログに相応しい楽しくハッピーな内容で、私が書いた中ではかなりお気に入りの記事です。
そして、胃腸が疲弊して二日酔いとなった自分が欲したのは「炭水化物」であったとの体験を通じ、ほぼ同時期に発生した「西日本豪雨」による被災者さんたちの食事や、先人から引き継がれた自然との折り合いへの感謝の気持ちの芽生えを通じ、「炭水化物の人類にとっての大切な役割」に今更ながら気が付いていくことになります。

次回は、糖質制限マインドの呪縛から解放されていくことなった時期に書いた記事をご紹介させていただきます。

この記事へのコメント