ヘルシー広島焼8号③【レシピ編】エノキタケ嵩増し麺

ヘルシー広島焼8号【エノキタケの嵩増し麺】

【使用する材料(2枚分)】

 【生地】
  ・大豆粉      3/4カップ
  ・粉チーズ     1/4カップ
  ・水        180CC(1カップ弱)

 【材料】
  ・キャベツ      1/3玉
  ・もやし       1袋
  ・青ネギ       適量
  ・豚バラ薄切り    4枚
  ・卵         2個
  ・天かす       適量
  ・とろろ昆布     適量
  ・かつお節      適量
  ・やきそば麺     1玉
  ・エノキタケ    1束

【作り方】

1.冷たいままのホットプレートに、グレープシードオイル(またはこめ油)を敷き、大豆粉と粉チーズのみで構成された生地を丸く延ばして、暖めスイッチを入れて「皮」を作っていきます。
ヘルシー広島焼8号 (1).jpg
【ポイント】
普通の広島焼きよりも若干固めの生地で焼いていきます。
冷たいままのホットプレートに、先に生地を置いてからスイッチを入れ表面温度を上げていくこと。
ヘルシー広島焼は小麦粉を使わない大豆粉メインの生地なので、事前に熱した表面に置くと粉チーズが熱で溶けて広がり過ぎ、薄く破れやすいのです。


2.クレープ状の生地の上に具(野菜や肉)を重ね、塩コショウ、ガーリックパウダーで味付けする。
ヘルシー広島焼8号 (6).jpg
【ポイント】
かつお節~キャベツ~もやし~ねぎ~天かす~塩コショウ~ガーリック~とろろ昆布~豚肉の順に重ねていきます。
天辺に繋ぎとして「皮」を振りかけます。


3.2をひっくり返しで生地をフタとして「蒸し焼き」にする
ヘルシー広島焼8号 (8).jpg
【ポイント】
何と言っても、繋ぎ成分の弱い大豆粉の生地ですので、破れないように注意してひっくり返します。
そして、火力の弱い家庭用ホットプレートであるがゆえに、慌てず/騒がず/ゆっくり/まったりと、ジュウジュウと時間をかけて蒸し焼きにしていきます。


4.半分に切ったやきそばとほぐしたエノキタケを炒め、ウスターソースで下味を付ける。
ヘルシー広島焼8号 (9).jpg
ヘルシー広島焼8号 (10).jpg
【ポイント】
やきそばを半分の長さに切ってエノキタケの長さと揃えることにより、双方の食材がバランス良く均等に混ざり易くなります。


5.炒めた麺の上に、2の蒸し焼き(上から生地・具)を乗せちゃう。
ヘルシー広島焼8号 (13).jpg


6.卵を割って鉄板に落とし、黄身を割って軽く広げる
7.卵の上に5の広島焼本体(上から生地・具・麺)を乗せる
ヘルシー広島焼8号 (14).jpg


8.7(上から生地・具・麺・卵)をひっくり返して、お好みソースをふりかけて、青ネギ、青のりを散らして完成です。
ヘルシー広島焼8号 (17).jpg
どお?
美味そうじゃろ?
エノキタケで嵩増しした麵で作った「ヘルシー広島焼8号」は、ベチャベチャしてなくて、かと言ってカリッともしていないが、モチモチ感もありつつシャキシャキ感が楽しめるスカッとサラッとした食感が楽しめる一品となりました。


ヘルシー広島焼8号 (18).jpg
箸で上空10cmにかかげた「やきそば麺」
エノキタケ含有率50%ながら、麺として何ら違和感なし、と言うか、かえってシャキシャキして美味いわ。

モグモグ・・・もちゃもちゃ・・・・シャキシャキ・・・・
ん、んまいっ!!!!

焼きそば麺50%、エノキタケ50%で構成された「やきそば麺」で、生地は大豆粉&粉チーズで作った「8号」
腹いっぱい食べても胃もたれもしないでサラッと頂ける、正に「カラダに良いもん食ってるなぁ~」と感じることでありましょう。
読者の皆さんも、ぜひお試しあれ!!!!!

この記事へのコメント