ヘルシー広島焼7号【1】久しぶりに焼いてみました

いつもスリムちゃんブログをご愛読いただき、厚く御礼申し上げまする!
さて、記事毎のご訪問数やアクセス数が確認できるブログ管理画面を見ておりますと、何と過去の「ヘルシー広島焼」の記事が、今でも毎日多くの皆さんにご覧頂いており驚きと共に、たいへん嬉しゅうございます。
ありがとうございます。

【これまでの「ヘルシー広島焼」シリーズ】
「広島風お好み焼き」ではなく、「広島焼」と呼ぶ理由はコチラ

広島お好み焼き001.JPG
「生地&中華麺」という精製された小麦粉の「糖質重ね食い」である広島焼を、少しでも糖質オフにして「栄養価の高いヘルシーなお好み焼き」を目指して始まった当シリーズです。
生地に「大豆粉、粉チーズ、グルテンパウダー」のトリオ食材を使うことにしました。


2号20.jpg
生地の材料選びから焼き上がりまでの調理実況、またブログ主「スリム鳴造」が「ヘルシー」な広島焼に拘る逸話などが赤裸々に語られる、計20回の入魂シリーズです。


ヘルシー広島焼3号28.jpg
繋ぎの役割を果たすグルテンパウダーをメンバーから外し「大豆粉+とろけるチーズ」のツインキャストで生地を作り、なおかつ麺の低糖質化にいよいよ挑戦し「糖質ゼロ麺(おからパウダーやこんにゃく粉で構成された麺)」を使って焼き上げたのですが、そのお味は・・・・_| ̄|O

ヘルシー広島焼4号
8-14 (10).jpg
4号は生地は2号と同じですが、市販の「低糖質中華麺」を使って焼いてみました。
一般の中華麺と比べて糖質50%オフくらいでしょうか。
味は可もなく不可もなし。
特筆すべき点がないため特集にはしませんでした。

ご覧のとおり、麺が針金のごとくあちらこちらに跳ねてしまって、クラゲの足みたいな見た目で、オネストに申し上げて美味そうには見えませんね。
さて、実際のお味は?

KIMG2154.jpg
満を持してヘルシー広島焼6号のメインスターが完成しました!
いよいよ「低糖質うどん入り」の実食です!


 小麦粉と中華麺という、「糖質重ね食い」「糖質の往復ビンタ」の広島焼はヘルシーじゃないんだ!
 よっしゃあ「低糖質」で「高たんぱく質&高脂質」なヘルシー広島焼きをどんどん焼いていくぞ!

・・・などとドヤって、これまで色々なパターンでお好み焼を焼いてきましたが、最近はそんな私自身の「ヘルシー定義」が変わってきました。
可及的速やかに減量しなければならなかった「糖尿病発症当時」つまり糖質制限に集中していた頃は、やはり糖質制限推進派センセ達の講演Youtubeやホンの影響を受けて、「とにかく糖質摂取量を減らそう」とか「肉や脂は多めに食えば健康になれる」とのマインドで「糖質を敵対視」していました。
確かにデブ時代の私は糖質(それだけでなく、栄養価の少ない加工工業食品も食い過ぎ)を食べ過ぎだったので、その摂取量を減らすと、たいへん効果があって体重がみるみる減っていきました。
相変わらず糖質の摂り過ぎには注意していますが、今の私は、食生活については「糖質を味方にした炭水化物摂取」を心掛けるように変えています。

具体的には
●「高たんぱく質・高脂質&低糖質(敵)」から「中たんぱく質・低脂質&低糖質(味方)」へ
●たんぱく質を「獣肉メイン」から「魚・豆類」へシフトしたメニューを増やす
●特に「脂質」は①減らすことを意識、②動物性から植物性へ
●腸内環境向上のため、「もち麦や雑穀入りご飯」を基本的には毎日食べること

ですので、以前は「とにかく糖質を少なくすればヘルシーなんだ」との考えで焼いてきた「ヘルシー広島焼」でしたが、最近は「低糖質だけに考えが固定された食生活は、健康が長続きしない」との考えに変わっているので、広島焼シリーズも停滞しております。
さらに、今年(2019年)春の健康診断オプション検査において「動脈硬化の疑いあり」との数値が出てからは、特に「動物性たんぱく質や脂を減らすこと」や「未精製複合炭水化物の摂取を増やす事」を意識していますのでなお更です。
それらを踏まえて「広島焼」に反映させるとしたら、例えば生地は大豆粉をメインとしながらも「食物繊維ビタミンミネラル豊富な全粒粉小麦粉」を使ってみるとか、検討してみたいと思います。
要は生地は具材を多く重ねていくので、薄くても丈夫である必要があります。
やはりグルテンのパワーである小麦粉の力は大きいですね、代替で山芋・オクラを使おうかと思ったりもしますが、お味がどうなるのか・・・・
そして中華麺も「食物繊維多めで糖質オフ」にできないものか・・・でも美味くなければ意味がないですしね・・・・・

・・・・などと、これからのヘルシー広島焼のコンセプトや方向性を、そんな風あんな風コンナ風に考えていますとお腹が減ってきました。

じゅ~っ!!!
KIMG4526.jpg
突然ですが、ヘルシー広島焼「7号」・・・・・
調理開始しました!
既に、生地にかつお節(お好み焼き屋さんでは魚粉を使っています)キャベツ/もやし/ネギ・天かす・とろろ昆布など順調に重ねています。
なお、今回の生地は「生大豆粉+粉チーズ」です。
広島焼生地備考
2号生大豆粉、粉チーズ、グルテンパウダー普通の中華麺【レシピ編】
3号生大豆粉、とろけるチーズ糖質0g麺試食タイム
5号焙煎大豆粉、粉チーズ、グルテンパウダー低糖質パスタクラゲ発生?
6号生大豆粉、粉チーズ、グルテンパウダー低糖質うどんけちゃっぷ忍者

今回の「7号」は、何か新しい試みがあるわけではなく、何となく久しぶりに焼いてみました。
生地はこれまでのヘルシー広島焼同様、あくまで「大豆粉」がメインでございます。
ただし今回は、できるだけシンプルな食材に拘ったため、生地の強度を保ちしっかり繋ぐ役割の「小麦粉やグルテンパウダー」を使用しておりません。

繋ぎ小麦粉を使用しないのでそのまま焼けば、具材を乗せた生地をひっくり返すときに生地が破れたり穴が開いたり、または破れを回避するために時間をかけて焼いたら酷く焦げたりする恐れがありますので、今回は、まずはホットプレートを暖める前の冷たい状態のときに、生地をホットプレートに流し入れ、そして少しづつ温度を上げながら、具材を重ねていきました。
この方法でうまくいくのかどうか分かりませんが、いきなり高温度の場合は水分がすぐに蒸発し、そのため小麦粉系を使わない生地の場合、ひっくり返す時に破れやすくなるのではないかと思ったからです。

KIMG4529.jpg
豚三枚肉をセット致しました。
生地をひっくり返す準備が整いました。

せ・え・の!!!

この記事へのコメント