【令和元年9月1日】防災の日【5段階の警戒レベル】


引用マーク始め1.png平成30年7月豪雨では、様々な防災情報が発信されているものの、多様かつ難解であるため多くの住民が活用できない状況であった。
これを踏まえ、住民等が情報の意味を直感的に理解できるよう、防災情報を5段階の警戒レベルにより提供し、住民等の避難行動等を支援する。

【出典;避難勧告等に関するガイドラインの改定~警戒レベルの運用等について~平成31年3月、内閣府(防災担当)資料より抜粋引用させて頂きました。】
 なお、映像資料は内閣府作成のコチラのリンク先をクリックくださいませ。
 大変分かり易い解説映像となっています。
        ↓

上記引用資料のとおり、昨年発生した平成30年7月豪雨を教訓にして関係ガイドラインが改定されて「警戒レベル」が本年度(2019年/令和元年)の出水期(広島県では5月29日)から運用されることとなりました。
これは、さまざまな気象情報・防災情報を、5段階のレベルに整理して、とるべき行動の対応を明確にしたものとの事です。
警戒レベル03.jpg
【画像出典;中国新聞デジタル(2019/8/15)より引用させて頂きました。】

気象庁によりますと、「大雨警報や洪水警報」は警戒レベル3に相当し、地元の自治体から発令される避難準備などの情報に留意し、高齢者など避難に時間がかかる方は自主避難の判断をする段階です。

『みんなで減災』推進大使からのメッセージ_2019年6月_晴山紋音さん  
【動画出典;広島県「みんなで減災」はじめの一歩チャンネルより、共有機能埋め込みコードによりリンクさせて頂きました。】
(2019.04)tokyo story (9).jpg


スリムちゃんブログでは、防災特集記事のカテゴリを設置しております。


長期保存が可能で、簡単に良質なタンパク質を摂取できる「缶詰」をストックして、災害時に備えていきましょう!

万一の災害時のために準備しておきたい「非常用品リスト」を特集しております。

災害時の情報収集や日頃の備えのためのリンク集です。

気象庁サイトの「危険度分布」をリンクしています。
「土砂災害、浸水害、洪水、雨の様子」の各地域の「危険度分布」を、調べることが出来ます。

きよこさんによるイラストACからのイラスト.jpg
きよこさんによるイラストACからのイラスト


今後も最新の防災お役立ち情報を読者の皆さんと共有化できますよう、記事作成してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

この記事へのコメント