ふらり外食【2019】食いまくり③「蓬莱、天津丼」

「人類は糖質は食っちゃアカンのや!怒!田んぼなんか要らんのや!」
(田んぼのない南国の離島へ消えたロックンローラー元ドクター、糖質制限の創始者;釜池先生)
「人類最強の糖質制限だ!ドヤっ!炭水化物の食い過ぎで早死にするな!」
(益々巨大化する糖質制限市場の頂点に立つビジネスドクター、糖質制限の第一人者;江部先生)
「炭水化物は嗜好品だ。キリッ!肉は体力の限界近くまで食ってOK!」
(糖質制限推進派最大のスターひな壇お笑いタレントドクター、糖質制限の推進者;夏井先生)
         ↑
3年前(2016年)の夏。
糖尿病発症宣告を受けて、上記「3大糖質制限センセ」のご教示に従い、狂気とも言える厳しい糖質制限の食生活をおくっていた俺・・・
当時は、もはやスローガンと言っていい、いわゆる「糖質制限推進派センセ」たちのご講演動画や著作ホンの影響を強く受けていた・・・・
「3大糖質制限センセ」と実際に名を出している先生方は、俺にとって「ありがとう」と感謝する反面「アホかアンタら」と、愛憎入り混じった複雑な気持ちである。

ただし当時は・・・・
「俺は江部先生がおっしゃる”糖尿人”となったんだ。夏井先生が言ってたように炭水化物は嗜好品なので食わなくても良いんだ」
「釜池先生みたいな糖質ゼロは無理だが、ご飯など糖質がたくさん入った定食や外食は、もう一生涯食えないんだ」
との悲壮な決意を持っていた。


それから体重20kg減量し血糖値や血液検査の結果が安定してからは、厳しい糖質制限をやめて「食物繊維ビタミンミネラル」を効率よく摂取するために、炭水化物(糖質+食物繊維)を味方とする食生活に変えたのである。

た・だ・し。。。で、ある。

もちろん、今でも糖質の重ね食い(ご飯とラーメンなど)や、糖質のみのメニューは一切チョイスしない。
特に血糖値をストレートに上げる「甘いドリンク類」の摂取は要注意だ。
それを徹底的に自分の脳・腸・カラダに叩き込めたのは、良かれ悪しかれ、糖質制限推進派センセたちの凄まじい「糖質憎し」の煽りのエネルギーのおかげでもある。

いずれにしても、ボディメイク系の方や若い人たちが持っている「多くの糖質を筋肉に取り込む能力」がない50代の代謝の衰えた俺が「糖質を爆食い」すると、あ    っという間にリバウンドし、再び糖尿病進行の地獄の入口に立つ事は目に見えている。。。。

だが・・・・・・

ついに決意した・・・・
夢にまでは見ないが、ずっと気になっていたアイツとの再会を・・・・
アイツを、あのお方をもう一度口内で抱きしめたい・・・・・

ゴゴゴゴゴ.jpg

蓬莱の天津丼ンンン!!!!( ,,`・ω・´)
ふらり外食3 (3).jpg
ふらり外食3 (2).jpg

ふらり外食3 (5).jpg
・・・と言う訳で、今回は広島サンモール内、「蓬莱」の天津丼を頂きましたぁああ!!

[ここに地図が表示されます]
「蓬莱サンモール店」
広島市中区紙屋町2丁目2−2−18 サン モール地下1階
広島電鉄本通電停/アストラムライン本通駅、すぐ

ふらり外食3 (3).jpg
大どんぶりにぎっしり詰め込まれた白米にふわふわトロトロのぶ厚い卵・・・・
更に丼から溢れんばかりの、ではなくて、実際に少し溢れているパワフルな「餡」が乗っかかる・・・
画像を見ての「おいおい、餡が多過ぎるだろw」とのご心配?は要らないようだ。
餡の海の下ではそれをガッチリ受け止める「たっぷり卵」と「大量のメシ」の層が待ち受けているからだ!

ふらり外食3 (4).jpg
まずは、ふぅふぅ~とアツアツの餡をレンゲですくうように口に運ぶ。
一般の天津飯つまりかに玉は、ややもすれば餡の味の酸味が強くて尖がったような味だが、ここ蓬莱の天津丼は一味も二味も違います。
塩加減と甘さと酸っぱさの三味がバランス良く取れており、それが「優しさ伴う至福の旨味」となっており、何度もリピりたくなるオリジナルな餡なのです。
ふわトロの卵も厚みがあって餡との相性もバッチリで、もう泣かせるわ~。
餡・卵・ご飯・・・・正に三「味」一体、三方良し、どうレポして良いか分かりませんが、とにかく「こいつはココでしか食えない」
大ボリュームの一杯は700円。少し量の少ない「小」は650円です。
ふらり外食3 (6).jpg
この店は20代の頃から行っているので、かれこれ30年以上になります。
ただし、3年前の糖尿病発症後は来てなかったので、今回は3年以上ぶりの「再会」となりました。
いや~、久しぶりの「天津丼」を堪能しましたが、一品としては如何に言っても流石にかなりの高カロリー、かなりの高糖質メニューでもありましょう。
それゆえに、この日は仕事の途中のランチでしたが、食後はずっと歩いて移動しました。
トータルで6㎞くらい歩いたからでしょうか、夜の体重測定では昨日と変わらずでホッとしました。

「おいおい!炭水化物や糖質は人類を滅ぼすんやぞ!」
・・・・と、糖質制限推進派センセ方から激しいお叱りを受けそうなメニューですが・・・・
         ↓
ふらり外食3 (1).jpg
ランチタイムとしては遅い午後2時前時点で、店内はまだ満席、さらに2人ほど並んでいます。
なので、正午から1時台にかけてのランチタイムは行列で空席待ちなので、かなり待つようになるようです。

昭和、平成、そ・し・て、令和・・・・・・
時代は移り変われど、今日も多くのサラリーマンや買い物客が次から次へ行列を伴って来店する大人気店、蓬莱そして名物「天津丼」

平成時代に糖質や炭水化物やご飯を徹底的に「悪」に仕立てたセンセ方は、令和に入っても人類を滅ぼすのに益々手こずっているようです(ワラ)

この記事へのコメント