ヘルシー長寿研究会(1.スリム家の長寿祝い)【2019敬老の日】

新聞によりますと「敬老の日」を前に、厚生労働省は13日、全国100歳以上の高齢者は71,238人となり、初めて7万人を突破したと発表したとの事です。
2019長寿研究 (12).jpg
【画像出典;中国新聞、令和元年9月14日より引用させていただきました。】

引用マーク始め1.png【敬老の日】とは・・・
国民の祝日の一つ。
9月 15日であったが,2003年から9月の第3月曜日に変更された。
敬老の日は,多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し,その長寿を祝う趣旨で 1966年に定められた。
市町村,また家庭,親族の間でも老人を慰め長寿を祝う催しが行なわれている。
【出典;コトバンク「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 」より引用いたしました。】 引用マーク終わり.png


スリム家におきましても、家族親族80代、90代の皆さん数名をお招きし、誠にささやかではございますが、「敬老の日;長寿感謝の食いまくり祭」の宴を開かせていただきました。
2019長寿研究 (1).jpg



●サラダ(サニーレタス、プチトマト、とうもうろし、自家製ドレッシング)
2019長寿研究 (2).jpg
最初はやはり新鮮な野菜でビタミンミネラル食物繊維をしっかり摂取できる「サラダ」から召し上がって頂きたいところではありますが・・・


●お煮しめ(里芋、ごぼう、人参、こんにゃく、インゲン豆)
2019長寿研究 (3).jpg
長寿の縁起物で亀に見立てるという「椎茸」を入れ忘れましたが、末永く繁栄長寿の願いを込めた根菜類を煮込んだ「お煮しめ」です。

●ぬか漬け(大根、きゅうり)
2019長寿研究 (5).jpg
ヘルシー長寿者が好んで食べていると言われているる発酵食品「ぬか漬け」
新鮮なお野菜をぬか漬けにすることで、脳の糖質代謝を活性化する「ビタミンB1」や脳のアミノ酸代謝に必要な「ビタミンB6」が、何倍にも大幅にアップする効能があるとの事です。
また「ぬか漬け」は、善玉菌の代表である「乳酸菌」の宝庫であります。
お味についても微生物の働きで旨味がアップしますし、栄養価も高く、なおかつ、保存性も高いという優秀な伝統食なので、こちらもしっかり召し上がっていただいて、家族親族のご長寿者の皆さまには、さらに100歳超えを目指していただきたい所存です。


●カレイの唐揚げ
2019長寿研究 (4).jpg
色んな記事を読んでみますと「百寿者(100歳を超えた健康な方)」の食事は、腹8分で、米・野菜・納豆・魚・肉そしてお菓子など、何でも好きな食べ物を召し上がっておられる方が多いようです。
「カレイのから揚げ」で、たんぱく質脂質もガッツリ摂取だ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

スリム鳴造「それでは、皆さんの長寿を祝って乾杯!」
(・・・乾杯と言っても全員「お茶け」でありますw)

と・こ・ろ・が。。。。。だ!

そして、ここでちょっとした事件が発生してしまいます!!

スリム鳴造「血糖値が急に上がったらいけないから、最初は野菜サラダから食べてね」
90代男性親族「うん、うん。。。。もぐもぐ、ペロリ」
スリム鳴造「ええっーーー??????」

90代親族が「もぐもぐ、ペロリ」っと、最初に口にしたのは!!!!!
gogogogo横.jpg
2019長寿研究 (7).jpg
創業明治35年、吾左衛門鮓(ござえもんずし)
極上「穴子」ぉおおおおおっつつアアア!!!

吾左衛門鮓.jpg
2019長寿研究 (6).jpg

スリム鳴造「最初に糖質がたくさん入った寿司を食べたら、け、血糖値が急上ショウす!!・・・」
90代男性親族「無視・・ぱくり、もちゃもちゃ・・・(穴子に続いて蟹寿司を咀嚼する音)」

2019長寿研究 (8).jpg
「蟹」ぃいいいつっつアアア!!!

2019長寿研究 (11).jpg
燻し「鯖」ぁあああつっつアアア!!!

スリム鳴造「・・・・・・・・・・・」
回りの人たち「まー、好きな順番で食べさせてあげんさい。お爺さんは米が大好きなんよ」

この事件は、もちろんスリム鳴造が分が悪いし、浅はかで野暮であったでしょう。
「血糖値の急上昇を防ぐためには野菜を最初に食べて米は最後だ」という、色んな「健康本」に書いてあることを、親族高齢者の健康に気をつかったためとはいえ、楽しい長寿の席で自分よりはるかに長生きしている人に向かって「野菜から先に食え」と、無意識に自然とドヤ顔で語るとは・・・・・w

「炭水化物や米は人類に不要や!滅ぼすんだ!早死にする」と、煽りまくって徹底的に「炭水化物やご飯」を悪者に仕立て上げてきた「糖質制限推進派センセ達」の影響下からは、既に脱出しているはずの私「スリム鳴造」ですが、そこは「未熟者の健康ヲタク」の一面が顔を出して、ふとしたきっかけで「一時期狂気&凶気の如くのめり込んだ糖質制限狂時代の思考パターン」が表面化することもあるようですwww

「人類は糖質は食っちゃアカンのや!怒!田んぼなんか要らんのや!」
「人類最強の糖質制限だ!ドヤっ!炭水化物の食い過ぎで早死にするな!」
「炭水化物は人類を滅ぼすんだ!キリッ!肉は体力の限界近くまで食ってOK!」
         ↑
・・・・と、このように親の仇のように炭水化物や米などの穀物を憎む「糖質制限推進派センセ方」ですが、冷静に落ち着いて考えてみますと、私の回りの親族や知人の皆さんは「米をバンバン食っている」のに元気で90歳超えの方が何人もいるし、また、色んな本やネット情報に接してみても、長寿者、とりわけ100歳を超えて健康な生活を過ごす「百寿者」は、米やイモ類などの「糖質や炭水化物」を好んでがっつり召し上がっている方たちばかりのようです。
長寿祝いのイラスト文字.jpg
還暦(61歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、米寿(88歳)、卒寿(90歳)、白寿(99歳)、百寿(100歳)、茶寿(108歳)、皇寿(111歳)、大還暦(120歳)


「わしは米やイモなんぞ食っておらんぞ。炭水化物を食えば早死にするし人類を滅ぼすからのお、フォフォフォ」
               ↑
こんな発言したり食生活を過ごしている百寿者の人は日本ではひとりもいないのでは?(大爆笑)
いたら教えてもらいたいですね。

今回の特集シリーズ「ヘルシー長寿研究会、2019年編」においては、私が蔵書している本や、幅広くネットで情報収集した「長寿者の食事や生活習慣」について取り上げてまいりたいと思っています。

ヘルシー長寿者の皆さんは、一体どんな食生活をお過ごしなのか?

次回をお楽しみに!

この記事へのコメント