【スリム】お役立ちボディメイク系動画2019【②中山きんに君。後半】

うぉおおおおーーっつ!!!

スリムちゃんブログがオススメする、スリム&ヘルシーな「お役立ちボディメイク系動画」シリーズ!
前回に引き続き、登録者数・何と16万人以上という超人気Youtubeチャンネル「中山きんに君」さんの「ザ・きんにくTV【The Muscle TV】」を、ご紹介させて頂きます。

引用マーク始め1.png体重を減らすだけのダイエットを行なっていると、正しいダイエットから外れてしまい、効果を得られなかったり、リバウンドしてしまったりします。
ダイエットを失敗してしまった人の多くはただ食事メニューを減らしたり、極端に食事を抜いたりしてを摂取カロリーを減らす事のみを行なっています。
筋肉を落とさない為にも「たんぱく質」の摂取を意識しましょう。
たんぱく質は1度に1日分を摂ってOKという事はないので、3〜5回に分けて摂りましょう。
『1日に必要なたんぱく質=体重×0.7g〜1.0g』(厚生労働省推奨)なので、必要量のたんぱく質を摂取しながら『摂取カロリー〈消費カロリー』にしていきましょう。
シンプルにこの方法が一番いいと思います。
テレビや雑誌では「あの人が〇〇Kg痩せた」とそのダイエット法が紹介されます。
しかし、人の身体の構造は今も昔も同じですので、実は新しいやり方というのはほぼないと思います。
多くのダイエットに挑戦したが、うまく効果を得られなかった人やリバウンドしてしまった人は、基本に戻ってやってみましょう。
まずは、
1、たんぱく質をしっかり摂取する
2、嗜好品(アルコール、菓子、デザートなど)を減らす
3、余分な脂質を減らす
4、炭水化物を減らす
と無理なく段階的にやってみましょう。
あー、僕もお笑いもダイエットしようかな。
「ダイエット=無駄な体脂肪を落とす」なので、「お笑いダイエット=無駄な笑いを落とす」ですね。
無駄なお笑いとは、やはりスベり笑いですね。
あ、でも僕からスベり笑いを取ったら何も残らないのでやめたほうがいいですよね?
やかましわ!!
スベり笑い以外にも笑いはあるわ!!
例えば、オチの前で噛んでしまったハプニング的な笑とか、、、
結局、ハプニングかい!!(大爆笑 さすがです 尊敬します)
パワーーー!!
以上、なかやまきんに君でした。
(~以上、なかやまきんに君のザ☆きんにくブログ」より「【筋トレ】ダイエット成功の為の食事メニューとは?2018.03.02」の記事 「まとめ」より抜粋引用させて頂きました。~)引用マーク終わり.png
【必見】バルクアップ、ダイエットに絶対おすすめの食事を紹介します。
なかやまきんに君が毎日食べるのはコレです。  
 中山きんに君;公式youtube「ざ・きんにくTV」より

「中山きんに君」さんは、ダイエット成功のポイントとして「筋力を落とさずに摂取量(カロリー)を減らす事」とブログや動画で語っておられます。

つまり具体的には、①たんぱく質(栄養)をしっかり摂取②栄養を確保しつつ余分な脂質や摂取カロリーを減らす③糖質(食物繊維が少ない精製された炭水化物)を減らすこと

この3つのポイントは、実際にこのように実践して20㎏痩せた、私「スリムちゃん」にとって、きんに君さんのアドバイスがビンビン効いてきますね。
「うんうん」と頷きまくりです。
(ただし、糖質制限にバイアスがかかっていたため、脂質摂取には無頓着だった一面もありました。)
かつての肥満時代には私は「どんぶり白米、お代わり」や「広島焼は必ずそばダブル」「ラーメンには炒飯とギョーザ」といった「糖質+糖質、さらに糖質重ね食い」という食事が多かったです。
これでは「血糖値が急上昇し、ビタミンミネラル栄養不足で糖質が筋肉に取り込まれないし、エネルギー効率が極めて悪い、「ダイエットに失敗」どころか「病気へ一直線」という不健康な状態に陥ってしまいます。

スリムちゃんブログ読者の皆さんにおかれましては、私のデブ時代の食生活を反面教師として頂き、スリム&ヘルシーのためにも「①たんぱく質やビタミンミネラルをしっかり摂取」して、「②次に糖質を大量に過剰に摂取しているなら、それを減らしてみる」ことを、「老”爺”心」ながらおススメ申し上げます。
たんぱく質いろいろmilkteaさん.jpg

た・だ・し。。。。で、ある。

このように書くと
「何だよスリムちゃん!たんぱく質をシッカリ摂取して炭水化物を減らそうと言う”きんに君”のお話は、結局、糖質制限推進派センセ方のご主張と同じじゃないのかよ!」
・・・・と、思われた読者さんがいらっしゃるかもしれません。
ま、ま、チョット待ってくださいな。
「中山きんに君さん」は、「ひたすら糖質や炭水化物を悪者」にするような糖質制限推進派センセどものような頭の悪い愚かなことは決して言っておられません。
それどころか逆に「炭水化物ダイエットや糖質制限」については「決してやってはいけません」と以下のように述べられています。
            ↓
引用マーク始め1.pngよく、「ご飯(米)は太るので食べてはいけない。」といったダイエット法をおすすめする人はいますが、これはかなり危険な方法と言えます。
その代わりに肉は何でもたくさん食べても良いなどといった方法をお勧めする人もいますが、これも良くありません。
日本では、お米・うどん・そば・パンなど「炭水化物」中心の食事が多いので、この炭水化物を摂らないでいると1日の摂取カロリーを大幅に減らす事が出来きる為、摂らなければ体重は減りやすくなります。
しかし、お米や小麦粉には食物繊維やビタミン類など多くの栄養素も含まれていますし、腸内細菌の中には炭水化物を餌にしている菌もいますので、全く摂らないダイエットは止めた方がいいと思います。
炭水化物が「ダイエットの敵」のように思われていますが、そうではなく、日本では簡単に量を取りすぎてしまうのでカロリーを摂取しやすく、「量を調整しなければいけない」と言う事です。
決して、炭水化物抜きのダイエットなど行ってはいけません。
(~以上、「なかやまきんに君のザ☆きんにくブログ」より「【筋トレ】ダイエット成功の為の食事メニューとは?2018.03.02」の記事
3.1 ○炭水化物はダイエットの敵? より、抜粋引用させて頂きました。~)
↑つまり、きんに君さんは、本当にクレバーなお方であり、要約すれば以下のようにおっしゃっています。
                ↓
「日本では炭水化物摂り過ぎなので、減らせば体重は減りやすいよ。そんな事、当たり前じゃん」
「でも炭水化物は食物繊維やビタミンも多いし腸内細菌のエサになるからとっても大事だよ」
「決して炭水化物抜きのダイエットは行ってはいけません」

筋肉と話す人のイラスト.png
おおう!v( ̄Д ̄)v イエイ!
さすが「中山きんに君」素晴らしいです!!
上記引用のとおり、中山きんに君さんは糖質制限推進派センセ達の主張である「炭水化物は人類に不要」とか「炭水化物さえ摂らなければ肉や脂質をたっぷり摂取してカロリーは気にしなくて良い」いうご高説を「完膚なきまでに粉砕」して、はっきり/しっかり/くっきり/すっきり/みっちり/きっちりと、何らブレることなく、ただしセリフはスベりNGテイクを出しながらも、筋肉をピクピク言わせながら、健康な方に対しては「炭水化物ダイエット、つまり糖質制限は行っちゃダメだ。」と、骨太に語っておられます。

かつて一時期、狂気&凶気のごとく糖質制限にのめり込んでいたが今は「摂り過ぎはアカンが、糖質を味方にするマインド」と成長した私「スリム鳴造」も、きんに君さんの意見に10000000%以上、超全面的に賛成しています。

糖質制限推進派センセどもが、口角泡を飛ばして糖質を目の敵にして、まるで自分が教祖になって特許を取ったかのように「糖質を制限すれば痩せる。ダイエットにも効果あるんだ。」とセンセーショナルに煽っても、きんに君は「糖質制限ダイエットやっちゃダメだよ」と、「糖質セイゲニスト」とか自称する薄気味の悪い「糖質制限センセや取巻き信者」のドヤ顔布教活動をバッサリ斬って、あっさり退けておられるのが痛快ですね。

(もちろん、糖尿病患者に対する治療の一環としての「糖質制限」は全く別の問題です。特にメタボ2型糖尿病患者が「糖質制限」を行うことは、血糖値を下げたり減量したりする「一時的な対症療法」としては有効だと、実際に経験した私自身は、そう考えています。それだけに「治療」と「ダイエット」がごっちゃまぜになって蔓延している今の日本の「糖質制限ブーム」は、全く困ったものです。)

糖質を制限することのみにフォーカスすると、ややもすると「栄養確保を怠り筋肉量が減ってしまう」ことになったり「糖質不足による糖新生でビタミン不足を招き動脈硬化のリスクが高まる」など、ダイエットどころか大きく健康を害してしまうことにもなるでしょう。

糖やエネルギーを効率よく変えるビタミンミネラルおよび良好な腸内環境のための食物繊維は、「未精製の穀物(炭水化物だよ)」から摂取することこそが一番重要との事である、と、スリムちゃんは考えます。

明るく元気で楽しくヘルシーな中山きんに君さんの動画やブログは、ボディビルダーじゃない一般の方にこそ見て頂きたい「健康やダイエットのお役立ち情報が満載の宝箱やぁ~」と、スリムちゃんは強くオススします!

パワー!・・・ハッ(笑顔)
中山きんに君さんの動画 でした!

この記事へのコメント