【拝啓、厳寒の候】2年ぶり。アイツとの再会【コンビニ食品、2019年1月】

「あれ?アンタこんな所に居たのか!もう廃番になっていたのかと思っていたが!!」

それは全く唐突な再会であった・・・・


アンタとは?・・・・ソイツの名は・・・・

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ
博多水炊き1.jpg
セブンイレブンンンンっっアア!
博多水炊きッ!!!」

説明しましょう。
2年半前の2016年8月に糖尿病発症宣告を受けた私「メタボ豚造」は、その後「栄養確保&糖質制限&プチ運動&仕事量減らし&睡眠確保&諦め人生&悟り」などで、体重85kgから64kg(身長は174cm)と変化し、「スリム鳴造」として血液検査の結果もほぼ正常化しました。
いわゆる糖尿病寛解(糖病態が安定し、治ったのに近い状態までに健康状態が改善)したのであります。
た・だ・し。。。。。。。。。。で、ある。
一度でも糖尿病宣告を受けた者は、今の日本では決して「完治」とは言えないのです。
そ・れ・ゆ・え・に。。。。。。。で、あります。
日々の「食生活習慣」の自己管理は、生涯を終えるまで常に意識しておかなければならないと思っています。

「えーっ?そんな面倒くさいなら、わしも糖尿病じゃが薬でしっかり血糖コントロールして白米・ラーメンやら何でも好きなモン食うワイヤ」との反応が、私の知り合いデブ2型糖尿病患者たちの代表的意見です。
しかし「何でも好きなモン食うWIRE」の生活習慣でやがて苦しむのは、何より「デブの知り合い自身」でありましょう。

糖尿病が悪化し合併症による人工透析等にまで進行してしまうと、どのみち「もっと面倒くさい事になる」のです。
「わしゃあ好きなモン食うわ」の「好きなモン」も、食えなくなってしまうのです。
そうならないために、私は外食やコンビニでのメニュー選択には、体重や血糖値が正常化して久しい現時点でもかなり気をつけています。
簡単に言えば「栄養がしっかり摂れるメニューのチョイス」すなわち「高タンパク脂質&低糖質」であります。
だけど、ね。そう書いてしまうと鬼の首を取ったかのように、糖質制限推進派すなわち「たんぱく質脂質は幾らでも食っても良い。カロリーは気にするな」とか「肉は体力の限界まで食って良い」とか「MEC(肉・卵・チーズ)を30回噛んで食え」とか「野菜さえ食うな。断糖しろ。」とか「炭水化物が人類を滅ぼす、それが最終回答だ。」とか主張する、頭のオカシイ老け顔ジジイのカッコ悪い医師たちを喜ばせてしまいますねw
私スリムちゃんは糖質制限推進センセとは考えが大きく異なり、糖質を含む炭水化物は文明人類にとって欠かすことのできない栄養素と捉え、糖質の過剰摂取はいけませんが「適量摂取」はすべきとの食生活を実践しています。
と・こ・ろ・が。。。。。。だ!
コンビニ食品等の「中食分野」においては「糖質量が高いメニューが多い」一方で、「ビタミンミネラル食物繊維もしっかり摂取できる高栄養低糖質メニューは極めて少ない」というのが実態でありましょう。
そんな中で、2年前の冬に「高栄養高ビタミンミネラルかつ低糖質」な、極めて珍しい希少性のあるコンビニメニューと出会いました。
それがセブンイレブンの「博多水炊き」だったのです。


セブンイレブン博多水炊き.jpg

【出典;画像はセブンイレブンHPより抜粋引用させていただきました。】

時間的には事務所での仕事が8割以上の私ですが、外回りのときは現場仕事もあり、そのときはコンビニ食品を昼食として頂くことも多いのです。
この「博多水炊き」は、鶏団子や鶏肉・豆腐などたんぱく質がガッツリ入っており、な・お・か・つ野菜類もシッカリ摂取できるコンビニ食としては「超エリートメニュー」と勝手に位置付けて、2年前の冬はこのメニューを必須としてチョイスしておりました。
博多水炊き2.jpg
2年前の厳冬期すなわち2016~2017年のセブンイレブンではどこの店舗でも、この商品がありました。
ところが何ということでしょう、昨年の厳冬期すなわち2017~2018年のセブンイレブンではどこの店舗でも、この商品を見つけることができませんでした。

「やっぱりな・・。一品鍋ごときで500円もしたら買う人は少なくて採算合わないんだろうな。博多水炊きは商品自体、販売中止となったのであろう・・。残念だ・・・」
そして、この「博多水炊き」の事をすっかり忘れていた本年(2019年)の厳冬期は、やはりどこのセブンイレブンでもこの商品を見かけることはありませんでした。

と・こ・ろ・が。。。。。。だ!

何と、この「博多水炊き」。。。このたび2年ぶりにセブンイレブンで見つけました!!!!
店頭で見た時は
「ええ?ええええーーっ!!!!」と、思わず声が出そうになるほど驚きました。
博多水炊き3.jpg

「アンタこんな所に居たのか!」

こんな所とは?
答えは「田舎のセブンイレブン」です。
今年も「街なか」の近所のセブンイレブンではこの商品は一切見かけませんでした。
さて、私は現在、昨年発生した西日本豪雨関連の仕事で月に2~3回ほど中山間地いわゆる田舎の山や河川に入る機会があります。

その仕事の時の昼食は最寄りの「田舎のコンビニ」で買って、駐車場で頂いているのです。
そこで2年ぶりに再会した「博多水炊き」・・・・嬉しかったですね。
店頭で温めて頂き、さっそく車中で頂きました。

「ズズ。。ズズズズズズぅ~ッツ」

優しい鶏ガラスープを啜ると厳冬期の外仕事で冷え切ったカラダの芯まで温まっていくような気がする。
そして何よりこの「博多水炊き」は美味い!
博多水炊き4.jpg
値段は税込み498円と、一品としては高いかもしれない。
し・か・しである。
栄養成分表示をご覧くださいな!!!
この一品で、何と「蛋白質30.1g」!!!!!!
プロテイン並みの高栄養高パフォーマンスではないか!(感激)
炭水化物11.5gの内の糖質含有量は不明だが、半日分採れるという食物繊維豊富な野菜がたっぷり入っているので、完全なる「低糖質メニュー」と言っても良いだろう。
いやぁ~!何度も書いて申し訳ありませんがマジでこの「博多水炊き」との再会は感激しましたぁ!
この商品はこれからは田舎に限らず「街なかのコンビニ」にも置いてくださるのでしょうか?
セブンイレブンさん!置いてたら必ず買いますので、今後も「ヘルシーメニュー」の開発と品揃えの程を、ぜひともお願い申し上げる所存でございまする!

さて、2年前の私は「糖質を敵とし、糖質制限に異常に集中していた時期」でしたので、博多水炊きのサイドメニューとしては、糖質の低い「ゆで卵」「ビッグフランク」などをチョイスしておりました。

たーーだし。。。で、ある。

今は狂気の糖質制限オタクから脱却して「過剰な摂取はしないが糖質は味方として摂取する」とする私です。
そんな私がチョイスしたサイドメニューは?????

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ
やきめしむすび2.jpg
セブンイレブンンンンっっアア!
「やきめしむすびッ!!!」

う、美味い!
おむすびは、私の大好物だ。
しかも、やきめし。
流石セブンイレブン、下手は打ちはしない・・・。
米一粒一粒にしっかりまとわりついた油のうま味がクセになりそうだ。

引用マーク始め1.png白飯とチャーハンなら、どちらを食べたほうがよいでしょうか?正解は、チャーハンです。
ご飯を炒めるのに油を使い、焼き豚や卵などタンパク質の具を入れるチャーハンは、白飯に比べて血糖値上昇にブレーキをかけます。
さらに一緒に肉料理や野菜料理も食べれば、ますます血糖値が上がりにくくなります。
【出典;PRESIDENT Online 2017.9.29 北里研究所病院 糖尿病センター長 山田 悟先生の記事より抜粋引用いたしました。】https://president.jp/articles/-/23044?page=2 引用マーク終わり.png 
やきめしむすび1.jpg
炭水化物36.4g。
おむすびは白米中心なので、ほぼ糖質の数値と考えても良いでしょう。
糖質は筋肉に取り込めない余剰分は中性脂肪となり肥満の原因となります。
しかし、美味いもんは美味い。しかも真冬の外仕事なのでエネルギーも相当消費しているでしょう。
今の私なら、今日の私なら、このチャーハンむすび如きなら、糖分を効率よくエネルギー変換しているでしょう。

博多水炊き「鶏&豆腐」の往復ビンタのたんぱく質摂取でしっかり栄養取って半日分の野菜摂取で糖質を効率良く取り込めるようにして、満を持して「人類の情熱、糖質」のうま味「やきめしむすび」を平らげた我らがスリムちゃん。

昼休憩は終わった。

20代の若いスタッフ達に混じって、リュックを背負って山間の渓流に分け入っていった50代オヤジのスリムちゃん・・
その健脚を支えたのは2年ぶりに再会した「アイツ」と、エネルギー確保の「やきめしむすび」であった・・と言えるかもしれません。

 コンビニでのヘルシーメニューにつきましてはコチラもご参照ください。
         ↓

 「冬バテ」しないためにも、コチラのシリーズで栄養の大切さを確かめてチョ
         ↓

この記事へのコメント