【2018年師走】寒さと風邪をぶっ飛ばせ!!【例えばこんなコンビニ食品】

いやぁ~毎日寒くなってきました~。冬到来ですね。

これから日々冷え込みが厳しくなり空気も乾燥します。風邪の季節もやってきましたね。
風邪を引かないように、日々「十分な栄養と睡眠」をとって、全身の免疫力を高めていきたいですね。
十分な栄養とは5大栄養素すなわち「タンパク質、脂質、炭水化物(糖質+食物繊維)、ビタミン、ミネラル(鉄、カルシウム、亜鉛など)を、バランスよくとることが、やっぱり基本ですね。

そうそう。今日、12月13日は「ビタミンの日」です。


明治43年(1910年)、鈴木梅太郎博士が、米ぬかの中に脚気(かっけ)を予防する成分があることを発見しました。博士は、これを「オリザニン」(当初は「アベリ酸」と命名していました。)と名付け、12月13日の東京化学会例会で発表したのです。

 オリザニンは後に、ポーランド人科学者のC.フンク氏が発見した「ビタミン(B1)」と同じ物質であることが判明しました。国際学会への発表はフンク氏のほうが早かったため、現在では「ビタミン」という名称が普及しています。

 博士の功績を広く知らせて、ビタミンの知識の普及に貢献する情報発信活動を行っていくことを目指し、平成12年(2000年)、ビタミンの日制定委員会(2009年解散)が12月13日をビタミンの日としました。

~総務省 統計局HPより抜粋引用させて頂きました。 https://www.stat.go.jp/naruhodo/c3d1213.html

野菜や果物に多く含まれるビタミンには免疫力を高める作用があります。
● ビタミンA、B2:鼻やのどの粘膜を強化する働きがある
● ビタミンC:体の免疫システムに欠かせない
● ビタミンB1:体のエネルギー産生をサポート
●ビタミンE:血管を拡張し血行を促進する

冬野菜の中では、ビタミンCやカリウム、カルシウム、カロテンや食物繊維などを多く含んでいる、鍋物の定番野郎「白菜」。
ジアスターゼなどの消化酵素やビタミンCが豊富に含まれている、おでんのトップスター「大根」(大根は皮や葉にも多くの栄養が含まれているため、丸ごと調理もおススメです。)
ビタミンAやB2、EのほかビタミンCが非常に豊富で、カリウムやカルシウムなどのミネラルも豊富に含んでいる、栄養野菜の王様「ブロッコリー」
これら野菜をたっぷり摂り入れたヘルシーレシピを食いまくって、風邪をぶっ飛ばしていきましょう。
(なお、野菜のミネラルは「漬物」とすることで更に効率よく栄養が摂取できるようです。乳酸菌も加わり腸内フローラも活性化される「漬物」を我が家で作っちゃおう!→★ぬか床ラプソディ★①発酵食品を我が家で作ろう!


風邪予防を特に意識したわけではありませんが、先日昼食にこんなコンビニ食品をチョイスしました。
                 ↓
KIMG2201.jpg
ピリ辛もつ煮込み and ぷりぷり海老のタルタルサラダサンド


KIMG2206.jpg
KIMG2203.jpg
ピリ辛もつ煮込みは、ビタミンB1やミネラル豊富な「豚もつ」やゆで玉子などのたんぱく質がしっかり摂取できる、みそ仕立てのメニュー。ピリ辛や生姜が食欲を増進し、カラダを暖めてくれました。


KIMG2207.jpg
KIMG2205.jpg
ビタミン豊富なブロッコリーがフューチャーされたサンドイッチです。いやぁ~さすがセブンイレブン、「ブロッコリー」「ぷりぷり(海老)」「タルタル」と、消費者の栄養意識と食欲喚起を激しく揺さぶる
キーワードで新商品を投入してきました。まんまと買ってしまった消費者我らが「スリムちゃん」

でも、この組み合わせ「モツ煮込み+ブロッコリー海老サンド」は、大変美味しくてお腹いっぱいにもなって大満足のコンビニ食ランチとなりましたっ!

と・こ・ろ・が。。。だ。

豚もつ煮込み+サンドイッチの2つで合計約670円!

高過ぎじゃワイネ。コンビニや外食での「栄養UP食品」は財布に厳し過ぎますね。トホホ・・。
(栄養UPとは、大ざっぱに言えば、たんぱく質比率の高い食品です。)
ま、でも、かつてのメタボ時代(体重80㎏超)は、おやつを余計に買っていました。今はおやつはあまり買わず、トータルの食事量も確実に減っていますので、風邪を引いたり病気になるリスクが減るのなら、多少高くても栄養比率が高い食品をチョイスして食った方がいいかも、ね。

この記事へのコメント