★ぬか床ラプソディ★②家庭用ぬか床はお手軽です♪

日本の伝統的な調味料は、発酵食品ばかりです。
和食の健康効果は、発酵菌を日常的に体に取り入れられることが大きいのでしょう。
ぬか漬けも日本の伝統的な発酵食品です。
ただ、スーパーで売られているものには、「ぬか漬け風調味野菜」が多いことに気をつけてください
自宅ぬか床つくれば添加物をいっさい含まない、本物のぬか漬けを毎日食べられます。

~かんき出版「A型のための病気にならない食事のルール」より抜粋引用~
著者: 日下部淑美、 藤田紘一郎 

・・・という訳で、我がスリム家では昨年(2017年)の夏に、手軽に始められる東海漬物の「熟ぬか床」タッパー付きのキットで我が家のぬか床が産声を上げました。
この「熟ぬか床」を使ったぬか漬の作り方は、東海漬物さんのHPに紹介されていますので、ご参照ください。


スリム家では、野菜の味わいが深まったりお酒が忙しくなる「ぬか漬け」にすっかりハマってしまい、たちまち付属のタッパーが手狭になったのですぐに大きめのタッパーに引っ越しして、1年半経過した今に至ります。
真冬以外は基本冷蔵庫の野菜入れが定位置で大事に育てております。
ほぼ毎日何らかの野菜を漬け込んでいるので、たま~にぬか漬けをお休みした日は何だか食卓が寂しい気さえします。
もうすっかり家族の一員です。そして気づけば野菜(しかもビタミン力UP)をたっぷり摂取する生活に変わりました。
断酒日はご飯のお供として納豆昆布と醤油であっさりと、お酒の日はオツマミ感覚で和え物やサラダ風にアレンジして飽きずに楽しんでいます。

野菜をぬか漬にすると、ビタミンB1含有量が約10倍に増える

ぬか床の「ぬか」にはビタミンB群が多く含まれています。
野菜をぬか漬にすると、「ぬか」の栄養分が吸収され、ビタミン含有量が増えます。

※文部科学省 食品成分データベース
※ビタミンB1含有量は、漬け時間により異なります。

~以上、東海漬物HP「ぬか漬けの魅力」より抜粋引用させて頂きました。~


おおう!ビタミンB1含有量を10倍に増やすという「ぬか漬け」。。
ビタミンB1は糖質を効率よくエネルギー変換してくれるので、糖質が脂肪として蓄積するのを防ぐ効果があるんですよね。
腸内細菌専門家の藤田絋一郎先生がおっしゃる「善玉菌である乳酸菌のぬか漬けは痩せ菌となる」というご解説は、ビタミンB1豊富な食品であることと一致しますね。
「糖質爆食い時代;メタボ豚造(85㎏)」から「厳しい糖質制限;スリム成掛(ダイエット中)」を経て、「糖質適量摂取;スリム鳴造(64㎏)」の食生活を過ごしている今の私にとって「ぬか漬け」は、ヘルシー生活を続けリバウンドを防いでくれる、頼もしい仲間と言えましょう。


KIMG2120.jpg
画像は、先日の夕餉(ゆうげ)の様子です。
「ウインナーと焼き野菜」「小いわしの天ぷら」そして「ぬか漬け」
どのメニューもほぼほぼ焼酎の友と化しております。
なお、この日のぬか漬け(白い皿)は、「山芋、きゅうり、ナス」のメンバーです。
ぬか漬けを食卓に登場させることで、野菜の食べ方もサラダや焼き野菜、また鍋に入れたりとバリエーションが増えることで、楽しく美味しく食事ができるようです。

日頃のお世話の様子やレシピもご紹介してまいりますので、これからも「可愛いぬか床babe」の記事をお楽しみにっアア!!!

前へ 1 2    次へ

この記事へのコメント