【レシピで応援】がんばろう広島【1.駅舎風ちくわの詰め物】

現在、私はなるべくヘルシー食生活を心掛けながらプチ運動を実践しており、広島市内の川沿いランニングコースで時折走っています。
例年であれば川面からの心地良くて爽やかな風が運ばれてくるはずの10月も中旬に入ろうかというこの季節ですが、本日(10月8日)は夕刻でも気温が季節外れの30度近くあったようで、あちらこちらでリンリンと鳴いている秋の虫の合唱も、感覚的には涼しいと思い込もうとしていますが、身体のほうは少し走っただけですぐに汗だくになりました。
KIMG1960.jpg


今年(2018年)の夏は大阪や北海道の地震や台風など各地で大きな災害が次々と発生しました。
当地広島においても7月の西日本豪雨で多くの方が犠牲になられたり鉄道・道路・物流などのインフラも甚大な被害を被りました。
私も仕事において罹災地域に伺ったり、甚だ微力ではありますが罹災された方の後方お手伝い等に関わりましたが、今回のように数えきれないほどの場所で土石流が発生した広域災害を目の当たりにして、自然の驚異に改めて畏怖を抱きました。
と同時に、復興に向けての人々の助け合いや気遣いといった心暖まる思いを頂きました。
罹災された方々におかれましては、未だ通常の日常生活への原状復帰というには道のりがあるものと思われますが、どうぞご健康にご留意頂き無理をせず、できる事から一歩づつ進めていかれますよう、お見舞い申し上げます。

さて、私がいつも散歩したり走ったりしている「旧太田川」沿いの整備されたランニングコースの途上に、JR線とアストラムライン(広島高速鉄道)が交わる地点があります。
乗り換えに便利な場所でありながら、ここには長い間「駅」がありませんでした。
[ここに地図が表示されます]

KIMG1963.jpg

「ここに駅があったら便利良いのになぁ~。勿体ないなぁ~。」・・・と、かつての私はこの地点を走るたびに残念に思い、そしてここに駅ができることを何年も妄想していました。
時は流れ、その後JRと広島市の協議で待望の駅ができると発表された時は狂喜しましたね。
それから駅ができるまでは報道や新聞・ネットなどで進捗情報を楽しみにしていました。
3年前の春。
この2つの鉄道が交差する地点にJRとアストラムラインの2つの「新白島駅」がついに誕生しました!
開業日には早朝から長い長い列に並んで記念切符も買いました。
記念セレモニーも見届けました。
KIMG1965.jpg

KIMG1908.jpg

本年7月の災害発生直後は、JR線の山陽線・呉線・芸備線が豪雨土石流による鉄道設備や線路・架橋が各所で被害を被り、復旧まで相当の期間を要するとの事でした。
しかし、災害発生から3ヶ月経過した今。一部の線区では未だ未開通ですが、呉や東広島などを結ぶ広島都市圏内の路線は予定より早く復旧が進み開通しております。
関係各位の人々の昼夜を問わないご尽力や英知には、本当に頭の下がる思いであります。

JR新白島駅の平日の夕方の様子。
満員の通勤客を乗せた電車が復旧への確かな力強さを感じさせます。
KIMG1904.jpg

こちらはJR線と交差するアストラムライン新白島駅から発車する電車。
アストラムラインは一部地下区間ですが、ほとんどの区間が高架のため災害に強いです。
KIMG1906.jpg

ところでアストラムラインの新白島駅ですが、開業前の計画の段階で駅舎の公開コンペ(設計者選定競技)があって、私も見に行きました。
確か最終審査か何かで5~6社に絞られた中での選出だったと記憶しています。
国道の真ん中の空間(たぶん24年前のアストラムライン開通時点から、ここに新駅を作るかもという想定があったのでしょう。)という限られた細長いスペースという土地の物理上の制約を、どのように有効に活かすかの駅舎意匠イメージについて、入札各社のデザインはどれも個性的でユニークであり、興味深かったですね。

そして、決定したアストラムライン新白島駅の駅舎がコレだ!!!!

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ
KIMG1903.jpg
イモムシ?穴の開いたちくわ?
KIMG1918.jpg

この駅舎を模して、少し強引だけど我がスリムちゃんブログのレシピがコチラ!
                        ↓
ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ
KIMG1919.jpg
駅舎風ちくわの詰め物ぉおおおお!!!!
白いほうは「エビ・マヨネーズ・青じそ」を、茶色のは「プロセスチーズ・スリム家特製醤油麹」を詰め込んだヘルシーレシピとなっております。
もちろん焼酎の肴にもイケますよ。

鉄道路線とか人と人が交差する場所というのは、前に進んでいくというか何か楽しいエネルギーを頂ける気がします。
モスラの幼虫の胴体みたいな、穴の開いたちくわみたいなユニークなアストラム新白島駅ですが、半地下の駅舎内も丸いガラス穴から差し込む日光が織りなす不思議ではあるが開放的なスペースとなっており、なかなか面白いですよ。
読者の皆さんで当地に来られるチャンスがあれば、私にとって、そして(たぶん)広島の人にとってのパワースポットである、この「新白島駅」も訪れてみてください。
スリムちゃんブログでは不定期ではありますが、当地にゆかりのある施設を模したり食材を使ったりして、「当地復興応援シリーズ」としてアップしていきたい所存でございます。「がんばろう広島!」



この記事へのコメント