【外食】ご飯は宜しいですか?【昼食】

午後1時10分~20分頃。いつも同じ時間帯だな。
この食堂で昼食を頂くのは・・・・

ここは、公営コンベンション施設の敷地内に所在する
セルフサービス式の巨大な食堂である・・・・。
セルフ食堂(Cranberryさん).jpg

外食では「栄養豊富で糖質少なめ」のランチ選びに苦労する。
それゆえに、単品チョイスができるセルフサービス式の食堂は、
コンビニ同様、スリム&ヘルシーな食事を摂りたい人にとっては
ありがたい施設であることは間違いないであろう。

午後1時過ぎ頃がちょうどいい。これより早いと、大混雑しているし
これより遅いと「一品おかず」が売切れか、少なくなっているのだ。

この店ではトレイを持って、自分がチョイスした
献立を載せていく。最初は「一品おかずコーナー」へ進む。
冷蔵ケースに入った「一品おかず」は以下の通り種類豊富だ。
            ↓           
  煮物、納豆、冷奴、卵焼き、コロッケ、トンカツ、
  チキンカツ、ハンバーグ、  から揚げ、魚フライ、
  魚煮付け・塩焼き、各種天ぷら、各種サラダ、その他。
            ↑
種類豊富な「一品おかずコーナー」は、長い距離を進むことになる。
午後1時過ぎでも多くの客で混雑しており、行列も長い。
            
チョイスした「一品おかず」をトレイに載せて、次に進むと、
そこに待ち受けているのは、食堂スタッフさんに直接注文する、
「飯・麺・汁・デザートコーナー」で、以下の通りのラインナップだ。
            ↓
丼もの(かつ丼、中華丼、親子丼、その他オリジナル丼)
各種カレー、ご飯(大・中・小)、
麺類(各種うどん、各種そば、各種ラーメン)
汁もの(味噌汁、あさり汁、豚汁、他)、その他デザート
            ↑
「一品おかず」を選ばなかった人は、このコーナーへ直接進み、
「何とかカレー大盛り」とか「何とかラーメン大盛り」あるいは
「何とか丼とラーメン(または、うどん)」と、注文するのだ。

一品おかずを選ばず、直接「丼・麺コーナー」に行く人は、
若い男性の場合は「丼大盛り」または「丼+麺」を選ぶ人、
ご年配者や女性は「麺のみ」のチョイスが多いようだ。。。

身長174㎝のワタクシ、スリム鳴造(^∀^)は、体重63㎏。
メタボ豚造´(00)`体重85kgは、2年前のワタクシ。

「くくっ。俺もメタボ時代は、"丼+麺”を注文していたなw」

順番待ちの「一品おかずコーナー」から「丼・麺コーナー」を見ると、
「丼大盛り」いや、さらに大量である「丼+麺」を注文している人、
ほとんど男性であるが、やっぱりデブ体形が多い気がする。
若い人はヤセている人もいるが、中年男性はほぼメタボだ・・・

「丼もの」のみ、または「麺もの」のみの食事は、ほとんどが
白米や小麦粉がメインの糖質の塊りであり、具材によって違うけど、
栄養源であるタンパク質が極端に少ない「不健康メニュー」と言っても、
「栄養モリモリでスリムを目指す」このブログなら、許されるだろう。

・・・・さて、「一品おかずコーナー」から「飯・汁コーナー」へ
進んだお客は、テンポ良く食堂スタッフに注文していく。

客の注文を聞くのは、ご飯担当の食堂スタッフさんである。
彼女の注文聞きは、食堂のトップスターの仕事と言っても過言ではない。
多くの客が、ここで直接注文を出し、それを受けて、丼や麺や
汁部門、さらには会計準備へと進む、セルフ食堂システムの司令塔なのだ。
ご飯担当の食堂スタッフさんは、軽快なリズムに乗るように、
しゃもじ捌きも鮮やかに、スムーズかつスピーディーに
「大・中・小」の茶碗に、注文に応じた飯をよそっている。
(「汁」は種類札及び会計時に番号シートが渡されて、
 後でテーブルまで運んできてくださるシステムとなっている。)

「飯・汁コーナー」の次は、客どもはレジ会計へ進むことになる。
午後1時過ぎでピークは過ぎたとは言え、客は多く混雑している・・。
オートメーション工場の流れ作業のように、客と食堂スタッフの
掛け合いとでも言おうか、テンポ良く、よどみなく、滞りなく、
注文から最終会計、と、順調に何ら違和感なく流れている。
客は工業製品、スタッフは工員。レジで完成品となって、
各市場(食堂では各テーブルだが)へと送られていくのだ。

スリム鳴造の前の前の前の客・・・・「ご飯、中。と、みそ汁」
スリム鳴造の前の前の客の女性・・・「ご飯、小とみそ汁で。」
スリム鳴造の前の男性客・・・・・・「ご飯、大ね。あとみそ汁」

と・こ・ろ・が。。。。。。だ!!!

そんな順調な流れを止める出来事がッ!!!!!!
いわゆる「快適な流れ作業」を止めるオトコが、
「飯・汁コーナー」に現われた!!! 
一品おかずを何品かトレイに載せてその男がやって来た! 
その空気が読めないオトコとは・・・・
           ↓
スリム鳴造(^∀^)・・・・「あさり汁、お願いします」
            
一瞬。ほんの1秒程度だろうか、回りの空気が止まった気がする。
多くの客で賑わう音、その他賑やかな音、が、一瞬消えた・・・・
と演出された仮定で、脳内想像してみてくださいw

ご飯担当スタッフ・・・「え?お汁だけですか?ご飯は宜しいんですか?」
スリム鳴造(^∀^)・・・「あ、すみません(なぜか謝罪w)ご飯は・・」
ご飯は、いいです・・・・と俺が言う前に、スタッフが素早く続けた!

ご飯担当スタッフ「大、中、小・・・と、ありますよ。」
大、中、小の空のサンプル茶碗へ目配せしながら、促して頂いたのだが・・・
スリム鳴造(^∀^;)・・・「ご飯は要りません。ありがとうございます。」

この出来事一つにしても、私は考えました。
これだけ大勢の客が利用しているのに、ご飯担当の方がお客側の
注文忘れを気遣い「ご飯は要らないのか」と言ってくださるって事は、
おかずをチョイスしておきながら「ご飯を注文しない客」の数は、
限りなく0%に近いのではあるまいか、と。
だから、客(私)のご飯の注文忘れを心配されたのだろう。
・・・・と、言う事は、今日の昼食時に限ったとしても
数百人の昼食客の中で・・・・「ご飯なしはこの俺だけか!」

いやいやいや、ちょっと待った、それは私の自意識過剰で、
スタッフさんは、ご職務の流れの中で、ご飯の量について
「大、中、小、(の3種類)が、ありますよ」と、
素早くご案内したかっただけなのかもしれない。

まー、どちらなのか結局分かりませんが、外食ランチにおいては、
やはり「ご飯がメインでおかずは副食」というのが現状だし、
「糖質中心の食ビジネスで利益率確保」で、良いのだと思います。

そんな、場を乱すオトコ「スリム鳴造(^∀^)」がチョイスした、
この日の「ヘルシー昼食、食堂編」がコレだっっ!!!
         ↓

ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ

チキンカツ+卵焼き+冷奴+あさり汁
食堂ヘルシーチョイス.jpg

ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ

●チキンカツ(320円)・・・高タンパクで低糖質の鶏肉の定番。キャベツ付。
糖質制限派の高名な先生が、トンカツの「衣」を外して食べているTV番組
見ました。(番組を盛り上げるパフォーマンスの要素があったのかも)
ワタシは全く気にせずカツの「衣」も、当然食うぜ。んまいッ!
●卵焼き(150円)・・・卵もヘルシーレシピには欠かせない栄養食材です。
●冷奴(110円)・・・・ご飯の代わり。大豆も積極的に摂りたいものです。
●あさり汁(200円)・・ビタミン、鉄分豊富なあさりで、体調を整えます。

お腹いっぱいになるし、食後も胃もたれも眠気もなし!
ただしである・・・・合計したら、会計何と780円。
これを高いとみるか安いとみるか。こんなもんか。
卵焼きを減らしたら630円で、まあまあの金額ですね。
同食堂では、ご飯の値段が「小140円、中160円、大180円」なので、
冷奴110円でご飯と置き換える、スリムちゃんのこのチョイスは、
健康的には大正解だと思いませんか、ははははっは!!


OKっ!
「外食ランチ」のヘルシーメニュー組立につきましては、
これからも随時、ご紹介させて頂きたく存じます。
お楽しみにィ~ッっつ!!

キミの励みになるなら、ポチッと押しまくり食いまくろう
   ↓               ↓

これでも押しやがれ(スリムになるためのブロク満載)
   ↓  

この記事へのコメント