ローソンのブランパン。種類豊富です!

      エビのフライ
     エビのから揚げ
     エビのココナッツ風味・ペッパー風味
     エビのスープ
     エビのシチュー
     エビサラダ
     エビ入りポテト
     エビバーガー
     エビサンドイッチ・・・

    「良いか?何度も言うけどエビは海のフルーツなんだぜ!」

兵役で貯めた資金を元手に、除隊後はエビ漁に投資し稼ぐことを夢見ていたババという兵士。彼はベトナム戦争のメコンデルタ激戦区で銃弾を受けて親友フォレスト・ガンプの腕の中で息を引き取った・・・・・(涙)
               ↑
    ~1994年公開のアメリカ映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』より~


うぬぬっ!
何が何でも徹底的に人生を賭けて「エビ」にこだわっていた兵士「ババ」
そのババの亡き後、彼の遺志を引き継ぎ夢を果たしたフォレスト・ガンプ。
今思い出しても泣けてくる、ナイスな映画でしたね。

一方で、何が何でも顧客の健康志向に懸命に応えようとするコンビニが
日本にありました。その熱意は映画の登場人物に決して負けてはいません。

『ローソン/ブラン(パン)シリーズ』(2018年3月、ローソンHPで確認)
       ↓
   ブランパン
   ブランパン(チーズ入り)
   ブランのチーズ蒸しケーキ
   ブランのスイートチョコロール
   ブランのあんぱん
   ブランのドーナツ
   ブランの焼きドーナツ
   ブランのバタースティック
   ブランの焼きカレーパン
   ブラン入り食パン・・・・・・・・

お、おう!どうでしょう!これでもかこれでもかとブランパン!寝ても起きても煮ても焼いてもブランパン。ブランパンだらけですね(笑)・・・・既に様々なタイプのブランパンが登場しているようです!

ま、実際それだけよく売れているという事でしょうね。

私はこのブランパンとは2年前の夏に出会いましたが、当時はこのブランパンを置いていない店舗もあったような気がします。陳列されている仕入れの数や種類は違うのでしょうけど、今はほとんどのローソン店舗に置かれているものと思われます。

先日、「ブランの焼きカレーパン」をチョイスしましたぜ。
ブランカレーパン.jpg
はぅぁあっ!どうですか?この美味そうなカレーパンの色艶ぁあ!このフォルムを見ただけてヨダレが出て、思わず手が出てしまいました。・・・と、衝動に任せて買ったものの肝心のお味はどーなんよ?

はーい!実は余り期待していなかったけれど、良い意味で裏切られました。プレーンタイプのブランパン(中に具が入ってないロールパンみたいな感じ)は、それ単体で食すると独特の香りやザラザラした食感あり、正直いまいちなのですが、「ブランの焼きカレーパン」は、「よし。俺(カレー)が何とかしてやろう」と、言ったか言わなかったか知らないが、とにかく中身のカレーがスパイシーで美味い!これはブランパンです!・・・と言われても気がつかないくらいの満足感です。

しかも、しかもですよ。「ブランの焼きカレーパン」は1個当たり糖質15.8g。
ブランカレーパン(栄養成分表).jpg
食パンだと、バターもカレーも何もついてなくても糖質は1枚(6枚切り)で26.6g。一方で「ブランの焼きカレーパン」ってヤツは、パンチの効いたカレールウも楽しめて、”菓子類”に分類されるパンとしては、糖質が低めの憎いヤツなのです!(*´Д`)ハァハァ(ちなみに、ブランじゃない一般的なカレーパン1個あたりの糖質は約38g)

・・・・・と若干、興奮気味に語りましたが、ここでパン1個当たりの糖質に再び注目。プレーンタイプのブランパンは1個2gで、袋入り2個を食っても合計の糖質4g。一方で、ブランの焼きカレーは、一般のパンよりはかなり低いけれど糖質約16g。ブラン(ふすま)のパンでも中の具材の種類や味付けで、かなり糖質量は上がるんですね。そうは言ってもプレーンタイプのブランパンは、それ単体で食するには今いちだし・・・

「あいや待たれい!そこの元メタボ親父!糖質が低くて美味しいブランパンがココにいるぜ!」

ん?あんた誰?・・・とローソンのブランパンコーナーの陳列棚を見るとそこには!!!

ゴ  ゴ   ゴ   ゴ  ゴ

「ブランパン2個入~チーズ~糖質2g(1個)」!!!???

    ゴ  ゴ   ゴ   ゴ   ゴ

そう。あいつ(プレーンタイプのブランパン)が、リニューアルしてパワーアップして
満を持して登場したのである!! 

この記事へのコメント